2018
06.16

医学部受験で求められていること=医学部生活で求められていること

Category: 雑記
さて医学部受験指導が今年はメインとなっているのですが、

先々週、2年前に医学部医学科に入った学生と飲みに行っていました。

いやー2年生になってから医学部のお勉強が大変ですとのことでした。

でも、それでも僕のバイトをやってくれる頑張り屋さんなので、

盛大においしいご飯を食べにいき、

私も勉強させられる話をたくさん聞くことができました。

ここ5年ぐらいで教え子が増えたのもあり、医学部の話を聞く機会も増えました。

本当にみんなよくやっているなぁと感心しているところです。

そんな学生をみていて、指導している身としては、

「医学部にコンスタントにいけた学生ってどんな人なんだろうね?」

って思うことはよくあります。実際に医学部予備校の卒業生も

家庭教師で見ていた学生も一生懸命に頑張っているのですが、

ここ2年ぐらいの学生で留年した学生が、残念ながら数名います。

そこに共通することが、実は英語ができない…

しかもなんとか単語がない状況で乗り切った学生

大量に暗記が限られた時間内に覚えられない学生

実は留年の波にさらわれてしまいました…。

覚えておいてください。医学部に入ったら大量に物事を覚えさせられます。

昨年センスで英語の偏差値77をとっていても、

大学に入ってから行われる医学単語の英単語テストでは

なかなか簡単に合格できないようで、

長年かけて英語やっていたからできるってことが通用しません。

英語をやっている中で、

単語を覚える習慣づけや文法書なんか頻繁に読まない程度に

知識をつけておかないと、思いもよらぬところで留年の危機を迎えます。

高校の進級基準が甘すぎるのも問題ですが、

(東海高校の数学はむちゃくちゃ厳しいし、できないと本当に落第ですからね。

英語もなかなかえぐい定期テストを出しますから、それを最低限乗り越えています。

一方南女は全然ぬるいです。満点は取れなくても無難なスコアが獲れるテストです。)

ほかにも色々医学部に入る前に力をつけておかないとなと思えることは

実はいくつか思いつきます。性格診断テストではないですが、

よかったら参考にしてもらえるといいなと思います。


1.高校時代に部活と勉強の両立ができた!!

医学部に入ると、特に私立に入ると多方面のお勉強を試されるので、

1つのことだけにしか集中できない人は苦労する面があります。

学生時代に勉強だけにのめり込むのは仕方ないですが、

部活に入らなくても自分の好きなことに時間を割ける余裕さがあること、

その分野から人生観が見いだせるかどうかはお医者様になる時には必要。

(オナニーとかAV鑑賞とか酒池肉林系はダメ…メンバー化しちゃうから)


2.計画性があって、適度に怠ける力がある

実はこの力が多くの受験生に欠けていますね。

勉強計画を立てることがもはやできない学生がここ最近多く、

私の計画に関する依頼も増えていることからよくわかります。

私などが計画を立てることで生徒の計画を立てる機会を奪っているのも事実ですが、

それでもそれをこなす力がないとか、できないから少し修正するとか

計画を立てる以前の力がないという状況にまで陥っている学生も正直います。

メディカルラボさんを始め、医学部予備校に通っている学生ほど、

この傾向多く、医学部予備校に通っている学生の中に留年が多かったりします。

(ただ、医学部予備校にはネットワークがあり、それでサポートする部分もある…

是非は別にして、なんとかなることもあるが、それでもダメな人もいます……)

計画は自分で建てる努力をしましょう。そして、それができると、

自分が怠ける時間を自分で作ることができるようになり、

良い学生生活をおくることができます。これも医学部生はもちろんのこと、

大学生には非常に必要な能力です。怠惰という意味でなく、

「力をゆるませる」という意味での「怠ける」ですね。


3.物事を適度に深く考えるときがある

文系の耽美主義は言い過ぎにしても、適度に物思いにふける力、

そして、その思慮があるデータや科学的根拠に当てはめながら出てきたかどうかは

やはり重要で、考えが短絡的な人や気が回らない人は

やはり医学部受験を越えた後は大変だろうなと。

これは実際に入った学生もよく言っており、国立組の倫政を教えた学生から

「哲学的な知識は入れておいてよかったし、医学に応用できる」ということが

感謝されることがあります。


4.意味のないことの丸暗記が得意。

これも必要ですね。医師になる上で、思慮は必要ですが、

患者の命に関わることにおいては迅速な判断がもとめられることがあるので、

思慮深すぎることが仇になることもあります。

だから、単語を覚える際に「なんでこれがこうなるか??」なんて

言語学者的なことを追求しても医学には意味がないことになり、

(もちろんすっと入るのであればそういう知識は必要ですが、優先することではない)

必要な大量知識をストックすることはできないのではと思います。

(それができる天才もいるけどね)


5.効率重視主義で要領がいい!!


これはやはり最初の方で書いたのと同様、色々なことをやらなきゃいけないので、

要領が悪い人は優秀・秀才であっても苦労するかもしれません。

知識の深度をある程度有限化する力がほしいですね。

最近は英語でも語源うんぬんを強調する人が増え、

知識がこれでもかってほどあふれているので学生も困ってしまうかもだが、

要領を得ることもやはり受験期に覚える必要がありますね。


というところがぱっと浮かぶ必要な能力ですかね。

まあもちろん、

「これがすべてないから医者になる資格なんてない」とか言えませんし、

何かが優れていることで欠けているものを補うことは多々あります。

ただ、意識してこういう力をつけて行ったら、きっといい医学部生活を送れるなあと

学生をみていて思います。

医学部受験を乗り越えてちゃんと医学部に入った学生は

大変そうですが、すがすがしく生活している人ばかり。

この先の人生も是非とも謳歌してほしいと思います。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  Trackback:0
2018
06.16

【満員御礼】愛知医科・藤田の夏休み対策特訓

Category: 雑記
先日、募集した藤田愛知推薦対策、無事満員御礼となりました。

各講座、3名ずつとりました。

まあ人数少ないのと時間が合わないのといろいろありますが、

何と言っても推薦が獲れるかどうかっていうのもありますから、

やはり集まりは悪かったかもと少し反省しております。


しかし、今回はどうしても愛知藤田の推薦対策をやりたいという謎の意気込みがあり、

3か月で磨きをかけよう!!

愛知・藤田推薦対策授業!!


を開催しようと思っております。

9月初頭~11月受験前日の土曜日の朝9:30-11:30を企画しております。

一応、夏休みに来ていただいた方は半額で行いますが、

夏の講習を受けていない人を優先にします。

まあ負けませんので、また告知したときには気に留めてみてください。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  Trackback:0
2018
06.15

できる人は自分のまとめ方を持っている!

Category: 雑記
できる人のイメージってどんなのでしょうかね。

「勉強をやっていないのにできる」感じですかね。

「それとも特別な力を秘めている」感じですかね。

もちろんそんな人も多分世の中にはたくさんいます。

右目と左目片方ずつ使って、違った本を2冊同時に読み切っちゃうとか、

謎人間が実際に存在するわけで、

先天的に機能が卓越している人もいるでしょうが、

大半の学生の多くは、人よりもたくさん勉強しています。

勉強量を増やして増やして増やしまくって、

徐々に「ここまででいいや」と有限化したり、

「自分の今持っている知識でこの深度で理解できる」と

割り切って先にガンガン進める姿を見て

傍からあの人は頭がいいというように見えるだけで、

実際はむちゃくちゃ勉強しているorこれまで勉強してきたという、

現在完了、もしくは現在完了進行形の状況が

頭がいい人の世界なのだ、と私は信じて疑いません。

こういうことを言うと、

「じゃあ俺なんてつい最近勉強はじめたからもうダメじゃん…」となるかもですが、

そんなことはありません。

どんなに頭がいい方でも、余計な仕事が回されたり、

精神的にぶれてしまったり、遊ぶことが楽しくなって勉強をしなかったりと

何かの事象が邪魔をしてずーーーっと勉強することはなかなかできない。

できる人は本当にごく少数です。

小学校では神童だったが高校生になったらそうでもない学生は

私もたくさんみてきましたし、実際に自分の同期にもそう言う方はたくさんいます。

でも、実際に「一般的に勉強ができる」とか、「あの人ヤバいよね」的なレベルであれば、

実はちょっと時間をかけて習慣をつくる努力をすれば、誰でもそのレベルにはなれます。

そして、実際にインテリの人がすでにできていて、

今言ったレベルの人間になるためにやった方がいいことが1つあるんですよね。

それが自発的な、自分による、自分のためのまとめ作業です。

世の中には色々な問題集や参考書がたくさんありますが、

やっていて「一瞬」思うことが一つあるのですよ。誰でもそうなんだと思っています。

何か。

「いやー、俺のがまとめ方うまいというか、こうした方が俺は分かり易い!」

これは別にその方法をdisっているのではなくて、

自分の感性や経験から得た見方ってどんな分野にもあって、

このことが問題集や参考書の限界点であり、

ある程度の実力しかつくれないものなんだと思っています。

(だから「参考」書なんでしょうが。)

お気づきになり始めた人もいるかと思いますが、

参考書や問題集だけやっていては自分なんて見えてこないし、

そこで得た知識は自分の血や肉になんてならないのですよね。

教科書が作りだした社会的な「ノリ」はどこか強制的で窮屈に感じる。

特に中学校の授業なんてその極みで、学校の先生が文部省認定のテキストで

社会的なノリを学生に強いるわけで

(それが正しければまだいいのだが、理不尽なものが多い)

文部省と何も考えない先生とのコラボな「ノリ」の押し売り。

これは私がホストクラブに連れてかれて、シャンパンタワーのお酒を

全部飲み干すために金爆のごとくアゲアゲでいなさいと言うのと同じぐらいの苦痛です。

(私はあのパリピ感が大っ嫌いな人間です。)

そこから敢えて空気を読まずに、自分のノリへもっていくことで

自分に知識がついてくるんですよね。

(このノリの話をもっともっと詳しく知りたい人は、

千葉雅也先生の『勉強の哲学』を読もう。これはマジですごいし、勉強になる。)


そのツールとしてやはり根本に帰って、

ノートを自分なりにつくっていうことは再評価されてもいいかなと思います。

非効率に見えるかもしれませんが、

問題集をバカみたいに解くために財を費やすことは最低限で抑えられるし、

実態がつかめないままとりあえず社会のノリでいいやって感じで

間違ったまま進んで大人になって修正することのほうが二度手間で不自由です。

またノートが作れる人は、どこかで中断しても復帰・再開できる力を得られます。



自分で一度考えながらノートに思ったまとめ方の通りに書いて

自分なりの解釈をおこなってみるのです。

すると、参考書に書いてあることが受け入れられるものと、

そうでないものが出てきます。そこを質問するなり、調べるなりして解決すると、

1つの分野や単元で大きなマップができる。

ここまでが一種の暫定的な、「自分のノリが全開な新たな知識」となります。

それを今度は知識として自分自身に本気で落とし込もうとするわけです。

もちろん最初は完璧にものごとを覚えられないので、細かい知識を削ぎ落して、

最低限必要な骨格から覚えるようになって、その基礎に枝葉がつくように

細かい知識をくっつけて、そのプロセスで骨格がさらに強固なものになる…

それを繰り返して「まあOK」と言えたものが自分のノートであり、

自分の知識となるのです。

私の授業でも私のテキストノートをベースに授業を行っていますが、

最終的には学生の自発性にまかせています。

もちろん最低限、ここは完璧に覚えろ、この仕組みは完璧に理解しろって言いますが、

彼らにとっての完璧と私の完璧の整合性が完全に一致することなんてありませんので、

私のなかで一定のラインを引いて、「あとは問題やりながらお前なりに極めな!」

と投げますww放置ではないですよ、愛ある放任ですww


まとめる力があれば、問題やっていても自分でトコトコ進められるんです。

効率は実は上がるのです。学生がやっていて、進みが悪いなーって思ったら

講師が指摘してあげればいいんですww

という具合で、日々勉強できる人が創造できるように私も生活して

講師としての「自分なりのノリ」を模索しておりますww

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  Trackback:0
2018
06.14

東海高校の学生たちを教えてきて思うこと(医学部受験になぜあんなに受かるのか)

Category: 雑記
さて、私も少し世の中の流れに便乗して、ノリで書きます。

これまでというか毎年、どの学年かの所属している東海生をみています。

中1~3浪ぐらいまで名古屋には医学部受験を目指している学生は

ニュースや雑誌記事で報道されている通りむちゃくちゃ多いです。

僕が名古屋で指導し始めたときからやはり医学部志望がこんなにも多いことに驚き、

本当は早慶専門で授業していこうと思っていたのですが、

医学部指導で食っていこうと切り替えたほどです。

では、何が他の学校と違うのか。


東海高校は学生の人数も多いですが、

何を隠そう、国立医学部に受かる数で130名ぐらいっていうのもすごいですが、

それ以上に半分以上つまり、卒業生200名以上が

どこかしらの医学部に合格していること、

それにプラスαで文系上位に合格していることの方がスゲーと思います。

医学部合格+旧帝国立+早慶を合わせたら多分80%近く

現役で受かるんじゃないですかね。

正直、東海高校は入れればかなりいい学校だと思っています。

いじめも比較的少ないし(過激な奴や幼稚な奴、陰険な奴はいるかな…)、

宿題も適度に出すし、いい感じで放任も守っていますし、

結構自由度がある学校でもあり、個人的には指導したくなる学生も多いです。

親御様も寛容な方が多いので、

やはり東海の親御様はまともだと思えることも多いですね。

(過保護気味なときはあるけど、まあもうそこは仕方ない……)


じゃあなんでそんなに合格する学生が多いのか。

これは同時に

医学部受験には何が必要なのかを物語っていると言ってもいいでしょう。

答えの1つは数学の出来具合の高さですね。

一応英語講師として英語の言及をしておきますが、

正直東海生で英語ができるなーと思えるのは上位50位ぐらいです。

上位50位に位置している学生は本当に全部できる学生で、

開成とかにも負けないようなインテリが多いですね。

でも、B群と呼ばれるところに所属している学生の多くは

英語に関してはいうほど強くないですし、えっ???っていうスコアの人もいます。

でも、数学の実力は400番近くの底辺層でもセンター1Aのスコアが

90点とか余裕でとります。

極端に数学が苦手な人は本当に少ないのは

医学部入試にむいているのかなと思いますね。

数学で英語を凌駕できると断言できるような学生も多く、

2次試験の数学をひょいと解いてくるので、

正直英語ができなくても合格を勝ち取ってくる学生はかなりいます。

センター80%前半で医学部に合格しちゃう、

ミラクル合格が多いのも東海の特徴の一つですが、

それを支えているのも日々鍛えに鍛え抜いている数学力の賜物でしょうね。


そして、もう一つは、数学から生まれているであろう

国語力と論理力の高さですね。

先ほども言いましたが、純粋な英語力は彼ら、言う程持っていません。

単語知らないし、語法知らないし、は?みたいな部分は結構あります。

ただ、彼らは学校の課題レベルのことは最後の最後までには仕上げますし、

現役で受かる学生は最低限のことを仕上げてきます。

それだけではもちろん医学部受験を始め上位難関校には受からないのですが、

彼らはそれをちょっと練習しただけで処理できる

論理力と国語力を備えていることが多いです。

国語力だけが高いのは実は結構いるんですよね。

よく名古屋で対比される南山女子の学生を引き合いに出しますが、

南山女子の学生は国語と英語が良くできる学生が多いのですが、

突き抜ける学生は少ない印象です。

(国語力だけで乗り切ろうと言う南女生も少なくなく、

実は英語になると80%ぐらいで伸びが止まる学生を沢山見てきました。)

(ただ南女は私立医学部に滑り込む力を持っている学生は多い。

あと南女のお母様方はいかなる手段を用いても合格させる謎の意志が強く、

それも助かって合格している気がする。間違った意志も多く見受けられるが、

基礎的な実力はやはりあると思う…)

東海生は国語力だけでなく、書いてあることを無理なく解釈できる論理構成力も

兼ね備えています。

英語が得意でない東海生が英語で最後の最後に結果を出してくることは多く、

教えていて私もやりがいを感じますし、もっと上がれこの野郎!って

ガンガン問題を持っていったりします。


というわけで、東海生のちょっとした雑感でしたが、

東海生を敵にして闘う医学部受験で合格するためには、

まずは彼らを追い抜かなくてもいいから言う程負けない数学力と

彼らを圧倒できる英語力
がほしいですね。

医学部受験の皆様、英語と数学は大丈夫ですか?

まだまだ夏を控えていますが、この夏で英数を仕上げる気でやってくださいね!

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  Trackback:0
2018
06.13

「部活で勉強がない」と嘆く人へ見直してほしい事。

Category: 雑記
部活を一生懸命やって、勉強もこなしている学生って結構いると思います。

そして、中には部活も勉強も両方激しい中で生活している人もいるでしょう。

いわゆるリア充に該当する学生たちですよね。

とってもいいと思います。

でも、そのリア充(にみえる人)の中でよくでる話題が、

「勉強する時間がない…」という事態。

特に超進学校で課題が多い学校だとそういう事態に陥りやすいですよね。

今年は現役生も結構いるので、そんな話題がちょくちょく出て、

英語よりも数学にも問題があるということで、

僕の時間を数学の先生に渡したということも出てきた程です。

部活も勉強も全部やるとなったら時間がないのは仕方ないです。

まあその日に与えられた時間は有限ですし、

1日を伸ばすことはできないし、自分の寿命とかを増やすこともできないので、

時間を自分の都合に合わせて変形させることはできません。

1日が48時間で、寿命や老化もそれに合わせて起こればいいのになと思うんですよね。

(でもそうなったとしても、またその状況に慣れて飽きて

また更なる欲求を求めるのが人間です…ww無限ループだから考えちゃダメ)


でも、冷静に(いや、普通に)考えてみれば、

時間を無駄にしている部分って結構あるんですよ。

こういう学生によくあるのは

「学校の授業の中で知識を覚えようとしない」こと

中学受験を経験してきた学生に多いように思いますが、

中学受験は問題を沢山こなしまくる作業が多いみたいですが、

中受経験者たちの多くは、

新しい内容の授業を受けている際に「その場で覚えよう」ということよりも、

「その場で全部覚えられないから、後で覚えるために問題やればいいや」

となるんですよね。この時点でもう2度手間。

そして、こういう思考は無意識に他の時間にも影響していて、

「後でやろう」という癖ができると、物事をすぐにその場で覚えさせなくなるんですよね。

そしてその些細な認識のなさが

実は中学生・高校生の生活で大きなロスを創っているんですよね。


僕はこれを一種の贅沢病だと思っています。

そして中学受験における呪いだと思っています。

そして、真面目系クズというジャンルを創ってしまっている元凶だと思っています。

もちろん中受を経てうまくいっている人も多いですが、

その多くが先回りをしてやりたいことを犠牲にして勉強を死ぬほどやっているか、

出来る限り繰り返さずにその場で覚える努力をしようとするか、

どちらかの手法をとっているはず。


そこでリア充なんだけど悩んでいる学生さんに見直してほしいなと思うのが、

先ほど申し上げた、「その場で覚えることをしているか」とか、

「記憶を維持するために人の話をちゃんと聞いているか」ということ。

本当に学校の授業を聞いていれば、予備校講師なんていりません。

(でも、学校の先生の多くが糞授業するので予備校講師がはびこるのですが…

あ、もちろん学校の先生でスゲー人はいると思っていますし、

尊敬できる英語の先生はいるので全部を批判するわけではない)

学校の授業だけでは時間が短いし、心もとないでしょうから

そうはしないでしょうけど、

それでも学校の授業を少し聞いていれば、ある程度の知識をもとに

予備校の授業を聴くことができ、ロスは一気に減らせられ、

新しいことをむしろ沢山教えてくれて先へ進められるわけで、

今度は反対に学校の授業を「復習の場」に変えることができるのです。

(我が軍の学生たちの多くはこの状況で、

出来ない学生には特に「できるようになるまでは学校の講師なめんな」と言い、

学校を最低限おろそかにするなと指摘しています)


どっちもできないというのであれば、学校を捨てちゃうのも手です。

(あれ、さっきと矛盾する……でも、全く追いつけないなら捨てちゃえ捨てちゃえww)

また講師の話を聞きたくない授業を受けても、何にも得られるものはないので、

講師の話はそういう人にとっては「音」、しかも「騒音」です。

そんなものにすがるのであれば、もう信頼できる人の話だけ聞いて

自発的にやっていった方が得です。それも時短の秘訣でもありますね。


まあ要するにざっくり言えば、「どの時間を獲り、どの時間を生かすか」ですよね。

ただ、真面目に全部やろうとする人は「捨てる」という思考がないんですよね。

全部真面目にこなしたいんですよね。

そういう人は余計に理解理解を求めすぎるのではなく、

「暗記することも正義」ということを知るべきです。

そして、「暗記してから理屈をつけるのも手段の一つ」だとして

その場で覚えてしまうことを技術として習得しなければ、

疲弊しきってしまいます。真面目に生きるのは大変で全部大真面目にやっていたら

死んじゃいますので、無駄なものは

省くか、その先に生かすべく有限化する

自己判断を下して生活してください。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
  Trackback:0
back-to-top