FC2ブログ

名古屋の英語専門プロ家庭教師

もし千載一遇の出会いだと感じていただけたら…

自己満足を優先しているうちは医学部受験では勝てない。

先日、正規合格して概ね医学部進学を決めた学生と少し話しする機会があり、

祝福を分かち合っておりました!

いやぁ、本当に嬉しくて、終始にやにやしていました。

「4月から個別だったら絶対に第一志望正規でしたわ。でも、待ちます」と

嬉しいことを言ってくれる精悍な生徒で、私も教えていて楽しかったのですが、

(昨年は浪人枠だらけできつかったのだが、

彼は見込みがあったので独断と偏見で彼を指導することをこちらから買って出た!)

順風満帆な受験生活とは言えませんでしたね。

一度は英語科目が全然ダメで(それでも、センターで8割はあった)、

もう薬学部行く!って言っていた位だったんです(これはマジです)。

でも、医学部受験が始まってみると、1次は8勝パーフェクトで正規は今のところ3校。

周りの多くの受験前評価、少なくとも高橋の評価を大きく覆し、

本番で実力を見せつけた勇敢な戦士ですね。(もちろん合格することを期待していましたよ。)

そんな彼が言っていたこと。

1つは、医学部受験で自分の努力を強調しているヤツはうからねぇ。

受かった学生の発言はやはり重いです。その通りだと思います。

医学部受験を勝ち抜く学生に努力してない学生なんていないんですよね。

医学部受かるために死ぬほど勉強しているんですよ。

常に自分と戦って、常に自己ベストを更新して、周りも客観的に見ながら、

自分もこれだけやらねーとダメなんだと思って、理想の自分を思い描きながら頑張って、

「もうやりたくない」ってまで勉強しているんですよね。

この学生もまた過去問に加えて愛知医科のオリジナル入試問題を50本、

並び替え問題に至っては、私が作った難解な並び替え問題1000題こなし、

日々の英語力の研鑽で手を抜いた日はありません。

文句を言いながらも、英単語はしっかり覚えて、文法の理解だけうーむというところでしたが、

本当に努力し抜いた実力者。私はまた徳を積ませてもらいました。

自己満足は受験で抱いちゃダメなんですよね。

ここまでやればいい……と思った瞬間、合格は遠のきます。

まあそもそも、「ここまでやっておけばいい」なんて予備校講師や、

すでに受験を終えてうまくいった人が「だいたいこの辺」という目分量で話をしているだけで、

実際のところ「ここまでやっておけばいい」なんてことを考えて勉強しているうちは

自分が本当に満足する結果なんて手にできるわけがありません。

ていのよい自己満足を手に入れるだけの勉強でしか勝負できないのであれば、

推薦入試をお勧めします。勝負で、しかも医学部のような多岐にわたる知性を必要とする受験で

リミットを気にしてびくびくしているようなら、医師になる勉強をする際にも困ることでしょう。

講師にやることをすべてガチガチに管理されてその範囲しかできない学生ならなおのことです。


受験前に、ここまでしかやれなかったか……少し心配かも、

or

相手は東大に受かるレベルだろうから

できる限り知識を手に入れようor問題を解きまくろう。

ぐらいにリミットをはずして勉強していることをしっかり忘れないでください。

英語が苦手な学生でしたが、単語帳は最低2冊以上は網羅していたし、

「覚えることは誰でもできる」と努力をしたうえでの苦悩が続きましたが、

最低限の努力を積んだ学生はやはり最後に結果が来ます。本当に良い事例と希望を目にしました。


自分の予想が客観的でその上をいけるようになったら最強ですね。

でも、その精度を上げるためにはやはり日々暗中模索であっても勉強し続けるしかないんですよね。

医学部受験を始め、高みを目指している学生さんたちは

こういう先がわからない勝負をしていますか??

私の指導もできる限り先を見た勉強をしていますが、

本当に受かる学生は私の問題をやった上で、さらに「こういう出題をされたらどうする?」を

意識して勉強し、自分のものにしています。

これも限界値を決めず、自分の努力にリミットをかけていない証拠。

今後もそういう規格外になれる学生をたくさん創りたいですね。

後期試験がまだまだあるのでそこまでは頑張れ!!

さて、おおむね一般的に私立医学部の中でも

勉強してきたのであれば受かるであろう大学の入試が終わり、

結果発表を待っている状態になっているかと思います。

そして、残念ながら結果発表の立ち位置にたどり着けなかった学生は後半戦へ突入しております。

また1次試験は突破しても補欠が並んでしまっている学生も、

精神的な平穏を求めて後期試験に望みをかけているかと思います。


そうなんですよ。

医学部の夢はまだおわらねぇ!!

ちゃんと勉強してても結果が出ないことはありますからね。

不安になってしまったり、泣きたくなる時もありますが、

それでも意志を持っているのであれば立ち向かえばいいし、それを恥ずかしいことだと思う必要はありません。

どうしても医者になりたいとか、志望校に行きたい!と思うのであれば、

とことん後期受験もやればいいだけです。(財力が続く限り)

ここに締め切りを書いておきますよ。

【後期受験で受かりそうな大学の願書締切日】

金沢医科 2/14消印有効
埼玉医科 2/10必着
近畿    2/19消印有効
藤田    2/22必着
杏林    2/25必着
久留米   2/27WEB登録締切



医師になりたいと思っているなら勝負しましょうよ!!

そんな真剣な学生のために、これから藤田後期に絞った対策教材を予備校に用意しております。

興味がある方、本気で受かりたい方は連絡お待ちしております。

国立の受験生が終われば、少し暇なので、何かできるかもです。

(対策のみですよ。)


どちらにしても頑張りましょう!!

愛知医科正規4勝+医学部受験なめんなよ。

いやー、この度正規合格がたくさん来ました。

愛知医科正規4名。いやー来た。これは本当に嬉しいです。

こんなに大勝した感じなのは初めてではないでしょうか。

先日岩手医科の正規を獲ってきた学生とは全く違う学生たちで、

これで今のところ18名の浪人指導生中9名が医学部進学を決めています!!

この時点で半分なのはかなり早いペースで、今年の勝ちっぷりには感服しております。

予備校の方でも愛知医科正規をとってきたという話をいただいき、

本当に嬉しくなり、一人でもりあがってしまいました。

いやー、英語が苦手だった●●君、君はよく闘った!!本当にすごいぞ。

第1志望の繰り上がりを待とう。まだまだ繰り上がると思うけど、

とりあえずお前は医者への道を手に入れた。あとは入ってから頑張るだけだ。

俺は嬉しいぞーーーーーーーーーーーー。


と、本当に本当に勉強しまくって、紆余曲折して、医学部を諦めもしたのですが、

葛藤と戦い最後の最後で勝ちに勝った学生にエールを送ったところで、

話を違う方へ。

さて、今年の医学部受験、正直申し上げて私の周りでは

いい話しか出ていないように見えるのですが、

所属している予備校や友人講師が所属している予備校の話を聞いていると、

やはり結構厳しい結果になっているのもよく耳にして、毎年医学部は厳しいよなと。

医学部受験って本当に大変でして、

本当に一生懸命勉強した学生しか勝ち残れない世界で、しかもそれなりにお金もなければ入り込めない世界です。

国立医学部があるとは言っても、国立医学部に入るまでにものすごい財を使っている方々が

大半だと思います。公立高校に所属して、

参考書だけで塾にも通わずに医学部受験を勝ち抜いた学生なんてほんの一握り。

名古屋屈指の医学部量産学校である東海高校でさえ、

基本はダブルスクール・トリプルスクールの学生が大半、

南山女子にいたっては何人家庭教師をつけて、何人指導生を変えて、

フォローのための学生を何人付けているの??っていう親御様にたくさん出会ってきましたが、

それほどしなければ受からないぐらいの水準に達しているのが医学部受験の1側面です。


生半可な勉強量では合格できなければ、先生をつけまくったって合格はできません。

情報もそれなりにもっていなければなりませんし、

ある程度の覚悟と、医者になれるならどこにでも行ってもいいという妥協と、

どうしてもなってやる!!という不屈の精神みたいなものがなければ

もはや医学部にはいけません。



こんなことはもうわかり切ったこと!!って思って、勉強している学生も本当に多くいると思いますが、

それでも国立医学部一本とか、慶応・順天しか行きたくないとか、

正直医学部受験を舐めきっている人は少なくないです。

気持ちは買いますが、それだけの勉強量ってこなしていますか??

って思う人は本当に多い。

そういう量をこなすためには実は自発的な勉強ができなければ無理で、

家庭教師や講師に委ねて雁字搦め状態な時点で、自分の勉強時間が奪われているぐらいに思っているといいです。

つまり、塾などの雁字搦めで勉強をやらされているだけで

「自分の実力はたいしたことない。できない」と言っているのと一緒であり、

それでも国立にいきたいとわがままを言っているようにも聞こえることはありますよ。

勿論願望を持っていることはすばらしいことで、自分なりに頑張っていることは素晴らしいと肯定できるが、

そこを持ち上げて妄信的に頑張ればいいってなっているのは、強い意志とは言い難いですよね。

今医学部受験を目指しているor目指そうとしている学生さん、

そうなっていないかよく考えてみてください。

全教科偏差値70前半をそろえ続けて2~3浪していますっていう浪人生は少なくないんですよ。

国立医学部以外はクソだなんて心から思わないでくださいね。

本当に勉強している人は一生懸命勉強していますからね。

もしかしたら私立に行かざるを得ないっていうのを一瞬考えた上で国立医学部を目指しつつ、

医者になるかを良く考えてください。本当にセンター試験で90%とるのは大変で、

しかも主要4科目をかなり高い領域にもっていくには

ある程度の、時間とポテンシャル(最低限の理解力)と持続力と計画力が必要です。

もし仮に医師になればいい人生が待っている!お金がもらえるごときの理由で医師になるのであれば、

絶対に違う道を考えたほうがいいです。

データサイエンティストなんて職業が最近出てきていますが、

アメリカに行けば軽く初任給で4000万とかもらえますよ。

他の仕事で医師よりもお金稼げる仕事なんてたくさんあるし、

医者が安定だなんて今の時代は言えませんし、それは読みが甘い。

コスパが悪すぎるので、是非違う道を選んで自由に自分の適性を生かすことを考えたほうがいいです。


でも、本当に人助けをして死ぬほど頑張りたい、なりふり構わず医学を追求したいのであれば、

医師一人その人自体が社会的には大きな財産となるので、プラスになることは大。

険しいいばらの道ですが是非とも頑張ってほしいと思います。


合格した医学部候補生の皆様、本当におめでとうございます。

岩手医科正規2勝!+福岡・久留米の1次発表

昨日は忙しかったので、報告が遅くなりましたが、

無事、岩手医科正規2勝いたしました。

1人は彼には失礼だが、まさかの1勝。本当によく取ってきました。

英語が本当に本当に心配だった学生だったのですが、

見事岩手医科のホールインワン合格!!

本当におめでとうございます。もっとちゃんと勉強して医者になってくれ!

立場は人を創る!今後の彼に期待です!!



さて、一方で医学部1次試験の結果がまた舞い降りてきました。

福岡2勝・久留米4勝!

久留米大学医学部は受けた学生全員来ましたね。

いやーおめでとうございます。正直、まあ英語90分だと簡単ですね。

20~30分余った学生もいたほどです。(本気で解くと結構いい問題もある)

さて、まだ愛知医科の正規結果が出ていないので

まだ報告できないのが残念ですが、

今年は英語と数学ができればこんなに1次が来ることがよくわかった結果となりました。

まだまだ闘いが続きますが、頑張りましょう!!

医学部受験において、模試は絶対的な指標ではない。

医学部受験も1次試験はだいぶ落ち着き、2次試験もだいぶ終わってきました。

今日も1次試験結果がどこかで出ているはずですが、まだ連絡は入っておりません。

今日は正規合格が結構出るはずですので、少し楽しみにしております。

さて、先日藤田保健衛生大学の医学部1次が出たわけですが、

予備校にいって、また知り合いの予備校仲間に話を聞いてみると、

結構受かっていない事実が判明し、合格者数を見ていたら

かなり1次合格者を削っていたことに気づき、吃驚していました。

個人的には「まあいつも通りぐらいかな」と思っていたら

藤田の筆記試験はここ最近無双気味で、いい結果を持って帰ってきました。

でも、自画自賛で恐縮ですが、自分たちの周りだけだったことを知り、

「あ、特化して練習して良かったな」と勝手に感慨深くなりました。

もちろん、まだ正規合格ではないのでまだまだ受かるかなんてわかりませんが、

2次へ向かう学生はかなり大変な闘いを勝ち抜いたので自信持ってくださいね。

2次は思ったよりも合格者が出るのではないかと思っております。


さて、そんな藤田保健衛生大学の受験を引き合いに、医学部受験で大事なことを少し。

実は今回家庭教師組の藤田医科大学1次突破者は7名(8名受験)、

予備校で教えていた直属の学生は2名(4名)でしたが、

実は記述模試の偏差値で英数どっちも70を超えた学生は3名しかいません。

今回は本当にできすぎて、大金星も2つきました。

でも、ある学生に言わせると、

「自分よりも実力があるのに受かってない人はたくさんいた」

という感じで、やはり藤田医科とて手を抜いていると優秀な学生でも落としてしまうんだなと。

一方、愛知藤田の地元志向の受験志望者が多かった私の周りは、

基本は藤田愛知の問題ベースで他の大学の勉強をしてきたのもあるのか、

または他の科目もしっかりこなしてきたのか、結果はよかった…。

これはちゃんと勉強して「スコアを獲る勉強をしなくてもうまくいくことは多い」という証明となった。

正直、模試のスコアなんて半分~60%はあてにしていますが、

30%~ぐらいは、模試ができた人でも正直本番で淘汰されます。


昨年数名模試の結果に振り回されて、記述模試で全科目偏差値72をキープしていた学生や

ちょこちょこ偏差値70を出していた学生が

1次壊滅して2~3浪人として私の下にやってきましたが、

今年は河合や駿台で問われるような問題とクオリティが異なっているものを

私の所で受けて、点数の取り方の指導も実際に受けなかったら(河合はあると聞いた)、

結局偏差値65ぐらいに落ち着きました。

でも、偏差値に踊らされていて、模試の勉強はもちろん、基礎事項をしっかり覚えた学生と、

模試の結果に追われて、問題ばかり解くだけで、覚えることをしなかった学生の差は

大きくて、前者は全勝。

こんな具合なんですが、偏差値はある程度の指標にはなります…

でも、本番ではこれが覆されることもしばしばあります。

模試の結果で自分の実力を判断しないでください。

模試の結果をみて、自分が得意な分野と苦手な分野を比較して、

苦手な分野の知識事項をそらで説明できるかよく確かめてみてください。

そして、同時にできる分野の知識事項も説明できるかを確認してください。

実は問題を解けるだけで、説明できるレベルにまでしっかり落とし込んでいる受験生って

少ない
んですよね。

申し訳ないが、1年間僕の小姑のような質問攻撃に一切答えられなかった学生は

やはり結果が芳しくなかったor微妙です…。


本番の問題は基礎事項がしっかりできて、その知識の使い方をしっかり覚えていけば、

たとえ大きくはずれた問題が出てもある程度納得のいく解決はできるものです。

ただ、受験形式の確認だけでなく、なぜこの問題はこういう解法で解くべきなのか

とか色々思慮を入れた準備を、高校2年生、そしてこれから残念ながら浪人するかもしれない人、

そして、後期に望みをかけている人はしてみてください。