FC2ブログ

名古屋の英語専門プロ家庭教師

もし千載一遇の出会いだと感じていただけたら…

単語で勝てることも多々ある~近畿大学医学部の攻略~

先日、ある学生が予備校経由で電話をくれました。

その学生、再受験ながら私立医学部で見事3勝したようで、

その報告をいただいたわけなんですが、

その学生の結果からいくらかわかったことがあり、本当に感謝。

まず言っておかなきゃいけないのは、近畿大学の医学部の英語攻略ですね。

その学生が受かった中に難関近畿大学医学部があったわけですが、

この近畿の英語はなかなか癖がある問題で、非常に難しいです。

英文のクオリティが高いとか、問題が難解というのではないのですが、

それ以上に受験生が困るのは、英単語の難解さだと思います。

近畿大学の入試問題で出題される英語で使われている英単語がすべてわかるという人は、

正直相当な実力者。単語のレベル的には英検準1級~1級ぐらいだと思っていいでしょう。

しかし、ある対策(すべきこと)だけして乗り越えられることも今回分かり、

その学生ともやはりやってよかったねと、彼をねぎらっていたところだったのですが、

それは何か?

準1級のパス単を暗記すること

その学生は英検1級まで網羅して自己採点で80%前半ぐらいといっておりました。

そして数学は…かなりおざなりだったようですが、正規が来たとのことで

英語で完勝したという感じでした(理科は人並みにはできていましたね)

近畿で80%は英語苦手な学生ではかなり大変かなと思いますが、

ある意味で英語ができてしまえば、そして他の科目がちょっと実力あれば

近畿もそれほど難しくないのかもしれないと、私も怯まなくなりました。


彼は英検1級で扱う単語までやっていましたが、準1級までやれたら十分かなと。

そして、英検準一級の単語は学生が良く持っている単語帳の後ろの方に載っているものが多く、

やはり受験生の多くが手薄にしている部分で、

ダイジェスト的に幅広いレベルの単語を載せている単語帳にも限界はあるよなと

今回思い知りました。

ある程度実力がついたら、そのある領域でたくさん出題されるであろう単語や、

自分にとって少し山場を迎えるかな?って思えるようなレベルの単語を

集中して覚える方が効率いいし、ガンガン難解な問題も解き抜けますよね。

(自分で辞書で調べていると、わからない単語しか辞書で引かないから

自分で作った単語帳も必然とそれ相応のレベルになっているので、

この事実に気づかず、単語を覚えることが効果絶大であることを再認識できた)

そして、これは慶応受験にも効果的で、今年慶応に受かった学生もそうですが、

慶応受験の学生達には過去英検準一級をとらせるか、準1級の単語を覚えさせるかを

ずっとさせてきて結果を出しているので自信をもっていうことができます。

単語はやはり受験生を裏切らないんですよね!!


他にもこの学生から、英語だけできても数学が揃わなければ愛知・藤田は受からない、

この大学は再受験・多浪は不利っていう内容の新しい情報をいただいたり、

非常に頑張った学生の一人。残念ながら授業をちゃんとしたわけではないのですが、

質問等でガッツリお話しした学生で、私などに連絡をくれるなんて(ついででしょうww)、

本当に嬉しい限りです。

こういう生の声を聞いて、来年の指導にいかせるというのもあり、

受験生には本当に毎年感謝です。是非とも良医になってください!!

2019年度、始動。

さて、4月が始まりました。新学期到来です。

ついにまた新たな受験へ。今年は数名予備校に来た学生と話をしましたが、

とても一生懸命英語を取り組んでいた学生に出会えました。

非常に謙虚な学生、「勉強はそれなりにできますけど」的だけど努力もする学生、

「やることはやってるぞ!」と訴えかけてくる学生、どれも好きですねー。

今年も頑張れる学生が集まったかなと期待してしまいます。

そして、私はそんなわけで、いつも以上に徹夜の日々が続きます。


今年の浪人生はとりあえず募集終了にしようと思います。

予備校の方が思いのほか忙しそうなのと、

引き続き政治経済のテキストを創り込もうかなと思っているので、

今年の生徒募集はこの辺にしておいて、少数精鋭で全員国立医学部or旧帝or早慶を目指します。

そんな目標を掲げる前に、ずっと指導してきた学生が

河合塾の高2模試で偏差値78を2人ほど出てきました。

眼が飛び出るような偏差値をたたき出してきたのですが、

「でも、僕はこれでも学年1桁ではないのでまだまだ頑張らないとです…」

いやー、スゲー学校だなとあっけにとられましたが、ますます燃えてきました。

一方、もう一人の偏差値78の学生は断トツの学年トップです。

もう高2だった学生も受験生で、戦いは始まっております。

今年の現役生は、本当に努力してきた学生ばかりで、

一人は「絶対に国立医学部は今のままではないので…」と私にいわれ、

一度授業を中断されたにもかかわらず

(しかも、この学生当時学年10位獲っていたにもかかわらず…私結構厳しいのでww)、

本当にヤバいスコアになって、1年間かけて死ぬ気でスコアと勉強法と覚悟を変えて、

やり直すと誓い今や誰よりも非常に安定した実力と国語力を手に入れた、

根性の塊のような女子学生がいます。

また、中学生のときに156人中150番で下位層まっしぐらだった学生が、

「3か月死ぬ気でやったら人生変わる」とはっぱをかけたら、

本当に学年で4番を獲ってきた大ばか者(本当にやってのけた成功者)で、

偏差値70が取れないと半泣きする浜松からきた綺羅星がいます。

また、昨年の夏に散々ダメだしされたのですが、

これが悔しかったのか基礎文法を中学生の範囲からやり直して、

週2で本気で勉強してきて、偏差値50近辺から本気で頑張って

旧帝に入ってやろうと死ぬ気になっている学生がいます。

という具合で、今年はセンスがいいというよりも、

無理矢理センスを創ってきた学生が多々おり、こういう時こそ物凄い結果が出ると信じています。

もしそうなったら3年連続で化物集団となるでしょうね。

2017年(東大、国立医学部6名(うち旧帝2名)、早慶6勝ぐらい、私立医学部いっぱい)
2018年(京大1名、国立医学部8名、早慶4勝ぐらい、私立医学部さらにいっぱい)
2019年(?????)

そういう結果を求めている中で話をガンガン聞いている学生たちが今年の現役生なので、

彼らは「自分も」という気持ちがものすごく強く、今日も死ぬ気で問題を解いています、きっと。

怯まずにとにかく努力をし続けた…行き詰っても覚えまくった……スコアが出なくても常に考え抜く…

いやー、今年も素敵な学生たちがたくさんいるので、大いに輝くことを期待しております。

そんな私は今年も幸せ者で、彼らを本気で合格に導いていかなければなりません。

今年もガンガンアクセルを踏む気でいますので、もしブログを見ている指導生の皆様、

しっかりついてきてください。そして、できねーなって思ったらやめるのではなく、

大きな声で「できねーよ、お前もっと丁寧に教えろよ」と声を掛けてください。

そして、引き続き努力を積み重ねてください。いつものように。

各科目のバランスと自身の推進力を養うことが医学部合格には必要。

さて、今年の医学部繰り上がりは4月まで回る可能性がまだありますね。

私が知る限りでは、過去に入学式後にも補欠が回ったパターンを知っています。

4月5日までは全然回ると思っていますので、来週の月曜日4/1までは待ってみるといいかもです。


さて、今年は補欠をもっていた学生までみんな回ったのでもう待っていないのですが、

私は毎年回るか回らないかで悩み、胃が痛いです。

自分で言うのも調子に乗っているのですが、今年は本当に受かった数が異常だったので、

少し私も今年の受験生のために言及してみようと思います。

まあひとえに英語力で受かったとか言いません。それはないです。むしろ反対の意味です。

各科目のバランスがちゃんと取れたから受かったってのが正しいです。

私は英語の先生ですが、医学部受験になると英語のこと以上に、

他の科目は大丈夫なのかをよく口にします。英語だけ突き抜けていてもうまくいきませんし、

他の科目が突き抜けただけでも合格は遠のきます。

だから、意見云々を言う時は、とにかく英語単発のスコアを気にする以上に、

英語はどれだけあって、他の科目とどの位置に英語のスコアがあるのか、

そして、ある一定基準に合わせてどの科目が一番致命傷なのかを良く考えなきゃいけない

と思っております。

過去に理数系偏差値70後半獲れて並べても、英語が偏差値60後半ないとかで

補欠も取れないとか、英語ができまくっても他の科目で足を引っ張ればもう1校も1次来ないとか

沢山みてきて、それなりに自分の経験則と知っている情報で合格水準を創っているのですが、

(これは誰にも非公開。実はバカなりにヤバいデータをとってその通りにやっている。)

一つ言えることはある程度バランスをとった方が最低1次試験は来ることはわかっています。

というわけで、まずはいつも言う全教科偏差値65を目指すことを言っておきます。


そして、医学部予備校や塾とかにおいても一言。

正直、医学部予備校で「うわぁ、かなり調べ抜いていて、それを形にしているなぁ」と思うものには

1つも出会ったことがありません。

私も完璧とは言えない部分は結構あるのですが、

愛知医科と藤田に関しては説明をする際に依頼希望者に見せると、

「これはヤバい」、「合格率が半端ない」、「確かにここまでやったら仕方ないと思うわ」と

安心と心強さを与えているとは思っています。

まあもちろん秘めているだけで、分析する方はたくさんいると思うので、それは探せばいいのですが、

それ以上に怖いのは、医学部予備校や医学部を謳っている塾で、

全教科それなりにまともに講師が揃っている所は正直少ない。片手で数えられるぐらい。

英語だけなんか先生がたくさん集まっている、数学だけ集まっている、

特に理科に関しては、物理の先生は良いが、化学は微妙」

「生物に関しては先生が絶対的に少ないからどこにもスペシャリストはいない」とか、

実は全部それなりのクオリティを維持して、それなりの講師数を保有している塾は

正直少ないです。というわけで、河合や駿台のような大手に行ってしまうのですが……。

なので、医学部予備校は

「この科目は自分でできる部分が多いから、弱い科目がしっかり対応できる塾に行こう」って

割り切らないと結構痛い目にあうこともあります。

「医学部受験でトップクラスの講師陣」とか「最高の品質」とか言っているところは本当に怖くて、

その生徒にそのクオリティが行き着くかどうかは、実は運ゲーム。

だって、某医学部個別専門予備校は素晴らしい先生がいても指名はできないとか、

有名講師ばっかり連れているよくわからない医学部??予備校は、

月一授業でしか有名講師にあえないとか、実は本質的に半信半疑な塾は実は多く、

それを維持しているところは名古屋には今のところ……。


こういう状況を打破するために東京や大阪へいくことを選ぶ人もちらほらいます。

でも、そこまで結果は変わりません。

実際に東京の医学部専門予備校へ行って、正規合格がガンガン出ました…ってほど

変貌した学生には正直あまり出会いません(補欠繰上りでおめでとうになった人はたくさんいますけどね)。

大阪はもっと混沌としているように思うので、大都市にいってもそれほど変わらないと思っています。

そういうところで変貌するのは授業の質がいいってよりは、

「そこまで投資してくれたからやらないとダメだ・申し訳ない」とか

「そこまでしている学生がたくさんいるから俺もガンバロウ」っていう学生が持つ精神が

合格の推進力をつくっているのかなと思います。


まあ全国どこもかしこも完璧に医学部に特化した対策が出せる予備校や塾は少なく、

むしろ分析しなすぎても「医学部予備校」と銘打ってやっている所が多すぎて、

少しうわべで分析したものを形にしただけで「うおおぉぉぉぉ」って消費者をうならせてしまうことが多いだけ。

私自身、例えば、15大学ぐらいはそれなりにまともな「対策」というのができますが、

まだまだ全然生徒のかゆいところが届くのか??みたいなクオリティな部分も結構あり、

受験生から「●●大学のことを知っていますか?」と言われると、びくってすることもあります。

(そのときはわからないと言いますけどね)


だからこそ学生には、

丸投げして「とにかくお前のところのプランを100%鵜呑みにしてやってやるからな」っていうスタンスで

マウントをとっていると、痛い目を見るので、自分で足りないかもと思える力、

そしてその疑問を打破するために自分でつき進める力も備えていかなければなりません。


(もちろんある程度は従わなきゃいけないですがね…)

もしくは、このレベルの連携がとれているなら…と思える塾に行ってくださいね。

それが満足できないなら多分宅浪orピンポイントで先生を探す方がうまくいくかもですww

昨年も英語と数学の指導のみで勝った学生とか結構いますし、

信頼できる先生にだけお願いしたっていうパターンしか、私の所にはいませんでした。

また私が所属している医学部予備校は、

今年に限定してですが、正直なかなかいい連携をしたのではないかと自負しています。

(受かった数を知ったらビビりますよ、っていうレベル)


是非とも、来年度の医学部受験頑張って下さい。

そして、もちろん、一般学部を受ける受験生の皆様も頑張って下さいね。

繰り上がり合格は続く。国立の追加合格が来ました

昨日、愛知医科と国立三重大学の医学部が追加合格を出し、

予備校で指導していた学生に春が来ました。

いやーーーーーー、本当によかった!!

完勝of完勝達成です。しかも、国立私立併願指導者で勝ち抜いた学生も珍しく、

後期受験で勝ち抜いたっていう功績は、彼にとって大きな自信になったと思います。

そして、今年は後期受験で受かった学生をちょこちょこ耳にしますが、

受験は最後まであきらめちゃいけませんね。

そして、最後まで記述できる学生はチャンスが残っていますね。

記述的なことは本当に訓練した方がいいです。そして、早い段階から訓練するべきです。

そして、論理的な思考を創っていきましょうね。

一方、愛知医科の繰り上げが来た学生は、かなり意気消沈していたのですが、

本当に回ってきてよかったです。あれでもう1浪はきつかったなと。

ギリギリでも合格は合格。大学にいってからまた奮闘してほしいなと思います!


今年は本当に補欠が回っている年で本当に過去最高になっているかもですが、

まだまだ回りそうなので、少し期待して待ちましょう。

補欠大回転+英語ができない人は反復と遡る覚悟を持て。

さて、愛知医科大学の補欠がまさかの2次補欠まで回っており、

今年はここ3年ぐらいでは補欠大回転年となっています。

まあいいところに受かっております。

このチャンスを生かさずして、どうして医学部に合格できようかってぐらい回っています。

でも、これは実はからくりがあります。でも、言いませんww私はわかっていますww

それにしても1次試験がこんなに出たのには本当に珍しくて、

正直例年通りの結果からすると「受からない」という学生もいたのですが、

見事に受かっていきましたからね。


さて、そんな感じで医学部受験も我が軍個別組は全員1勝をもっているし、

予備校組もあと一人くれば完勝of完勝、しかも待っているのは愛知医科なので

本当に来るかもしれません。きたらいいのですが…。


一方、春休み特訓をした中1生の一人は本当にみるみる実力をつけて、

とりあえずまだ中学生活が始まっていないのにもかかわらず、

中2の助動詞を丸暗記している状態に到達してしまいました。

一生懸命やっておりました。まだまだ不規則変化動詞は弱いですが、

個人的には上出来という判断。夏までには中2の範囲が終わって、

英検2~準2級にまで手を出せないかとプラン中です。

また、2月から指導していた0スタートに等しい新高1生がものすごい驀進力で、

2か月で中学校の基礎事項を覚えきってしまいました。

語彙はまだまだダメダメですが、簡単な英文であれば書けるまでに至ったので、

見違えるほど進化しました。

また新高2になる学生も2人、私に散々けちょんけちょんに言われていましたが、

一生懸命大学受験で覚える知識を詰め込み始めて、やっと少し使えるレベルに至ったかなというところ。

正直、高校1~2年生組はヤバかったのですが、かなり改善されてきました。

あっぱれあっぱれ。

こういう学生たちが出てくるのは、実は反復事項の量と覚悟です。

私は高校1年生に平気で中学生の問題を200ページとか解かせますが、

普通の高校生であれば多分、「いやできるから」と言って拒むか、

実際できないことを知り、「やりたくない」といって方針を変えるor指導終了というのは

正直少なくありません。

そりゃそうだと思います。だって、知っていることを反復し続けるのって精神的にきますもの。

でも、それがスムーズに出て、理屈も体に染み込ませるまでにならなければ、

長文なんて読めないし、文法問題も早く解き終わらないわけで、うまくいき得ません。

そういうことをいろんな人にしっかり伝えたいわけですが、

昨年、一人の学生に「本当にこのままいったら落ちるし、2浪とか平気であるから」

あまりにも見るに耐えなくなって叱責したのですが、それをしっかり受け止めて勉強する量が増え、

携帯のゲームアプリを1つだけにした(1つのこした所が可愛げあるww)覚悟の男も中にはいます。

それでも、自分の癖を直すのは本当に大変で、そんな覚悟をもってしても苦労しております。

でも、そういう試行錯誤を惜しまずにやれる精神的に頑張れる学生は、

あとの伸び方が全然違います。

2年後に大化けすると僕は少し期待しているのですが(でも普段はかなり厳しく言っていますけどね)、

実は相手に言われて自分で悪癖を直すようにしていると、

結構いい方へ向かっていくし、英語も素直な答えになっていくものです。

基礎的な事こそプライドを捨てて反復練習。

名古屋の超進学校である東海高校の学生は結構受け入れて、これをやってくれます。

(だから、正直東海生は大歓迎。英語できるようにしようぜ。

俺時間作るし、東海の近くに塾創る気あるぜ。高橋の指導生OBいっぱいいるぜww)

また、京都の進学校の学生も0スタートでも英語はできるようになりたいといい、

1年犠牲にして、今や学年で10番、今年阪大を目指します。


私はそんな感じで引き続き時代錯誤的に英語指導をしていますが、

それでもそれなりの支持をいただいて、今年もかなりの定員オーバー気味でやっております。

(先月、嫁に「たかはしはもうオジサン気味になってるから、お兄さんと一緒に勉強っぽくないよね。

あんまり厳しくしたり、強気の選抜すると叩かれるよww」と言われていますが、

そんなやる気がない学生しか集まらず、無駄に金をとる気なら家庭教師業なんて廃業して

もっとお金になることをしますよww)

今年はセンターも最後の年なので、また気持ちを引き締めていかなきゃですね。

まずは残りの春期講習を頑張ろうと思います。