FC2ブログ

選択肢が増えると、楽しみが増え、反復しやすい。

先日、父と王子にある親戚の家に遊びに行き、

それからお花茶屋に行く用事があったのですが、

父は次のように提案しました。

「えーとね、飛鳥山公園から都電に乗って、町屋まで出て京成線に乗っていくか、

日暮里まででて京成線で一本か、どっちがいい?」

いつもの私なら間違いなく後者なのですが、時間もあり都電にも乗ったことがなかったので、

前者の選択肢で行きました。時間は日暮里から1本よりも15分余分にかかるのに…。

全部の体系がわかっていると、なぜか遠回りをしてみようと思うものです。

自分がそうじゃないのかなとか、すでにわかっていることなんだけどってことを、

あえてやってみるというのが男のロマンなのでしょうか?(笑)

勉強においても同じことが言えて、

わかったことをあえてやってみることで発見があります。

そして、その選択肢を持っていると、

大きな困難にぶち当たっても結構難なく処理できることもしばしばです。

復習をあえて思った用法をやってみたり、わかっていることに時間をかけてみることも重要で、

すでに手に入れた知識を忘れづらくします。

父ももう66歳を迎えましたが、

若いころにこうやって都電に乗って家に帰ったり、

上野から王子まで歩いたりして、今まで何十年も東京の地図をしみこませてきたんだろうなって

思うと、結局何かを脳にしみこませるということは

無駄でもなんでもやった回数とその習慣度合で決まるのかなって考えさせられました。

一時期ぼけたかな?って思ったのですがw、まだまだ父の聡明さは健在。

決断力もあまり衰えていないところをみると、父は偉大だなと思わざるを得ません。

いい父を得て、私は幸せだということをかみしめながら、また来週から仕事をしようと思います。

10327035_631181183635430_694297072_n.jpg
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply