FC2ブログ

和訳から英訳・並び替えへの移行時期

さて、今年のわが軍も前半3か月を終了しようとする時期にさしかかりました。

今年のわが軍は全員和訳と簡単な並び替えに従事しながら、

文法事項の実力をつけていきました。

こういうことをこなしてきたことで、英文をしっかり英文を覚えてくる学生も多く、

どんどん生徒の実力が上がってきております。

そのおかげでやることの幅がどんどん広がっていくのですが、

和訳主体の授業をして、いつまでも和訳だけしていてもできるようにはなりません。

今までの英語教育はこの和訳ばかりしてきたことで、

英語表現力は思ったよりも伸びないことが、

私の経験からも理解していましたし、

ほかのベテラン・カリスマ講師の話からも実証されております。

だから、私は和訳主体から並び替え問題とカッコを補充する問題をたくさん組み込み、

自身で指定された範囲内でですが、表現力をつける努力をし始めています。

知識をためることはある程度必要で、それを作業から排除して並び替え一辺倒にするのは

私は間違っていると思います。まあできる人ならいいのですが、

いきなり並び替え問題をこなせない人もいるので、

前もって知っている表現を教えてしまい、それを簡単な例題でこなす

ワンクッションは必ず必要だと思います。特に大学受験の指導においては、ですよ。

しかし、これでも表現力がめちゃくちゃ飛躍するかというと、そうではないです。

やはり1年のうち数か月は英作文までは手を出したいですよね。

英作文で与えられた日本語を自分の蓄えてきた英語力で力をぶつける作業を

できるかぎりたくさん行えれば、英語の実力はかなりのものになると思います。

例文暗記が完璧にできていれば、日本語を経由しなくてもできるようになる日も

そんなに遠くないです。

というように、英語の実力がある程度伸びきって悩みはじめている学生さんは

あえてパターン勉強や対策に走るよりも、この時期(6月~8月)は

表現する力を磨いてください。特にインプットからアウトプットへの移行をしてください。

インプットからアウトプットへの移行は夏が一番ですし、そこまで準備が出来ているのが

受験における英語ができる人の理想です。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply