FC2ブログ

切り替えが早い学生は伸びが変わるときあり!

さて授業が2か月経とうとしております。

そして、私の予備校では毎週月曜日に1時間だけ補習もしております。

まあ補習はやったことをしっかり思い出そうということと、

やったことがどれだけ実戦的に使えるのかなーということを試す場になっております。

そんな感じで多くの生徒たちが参加してくれるのですが、

我が軍の学生ももちろん参加しております。

うーん、しかし正直なところほぼまっさらになっているのですよね。

1か月前に扱ったモノでさえも、

もはや過去の産物となり、知識としては忘れらされていました…。

まあまだ抜けがあるレベルであったら仕方がないのですが、

同じ例文を出して、「こんなのありましたっけ?」というのは

さすがに唖然としましたし、怒りを覚えましたねー。

しかし、それが当たり前なのかもしれませんね……。

本来三年間で処理しなければならないことを1年でやっているのですから

なかなか容易にはいかないかもしれません。

しかし、そうだとわかっているはずで、

この状況にあることを笑っている姿を見た時にはさすがにキレそうになりました。

と言っていましても……、さすがにこれは生徒たちに言わないと…

と思い、生徒にガツンと言いました。

「えー、3年間を取り戻すためにこれはないでしょう。効率悪すぎ。

考えて勉強しなすぎですよ。もっと計画して、自分のポテンシャルを考えなさい。」



こう言って私は予備校を後にしたのですが、

彼らはいったいどう考えるのか非常に心配であり、

興味深かったです。

この学生たちはいったい全体変われるのだろうか……と。

で、正直申し上げて、やはりそこでもへらへらしている学生はいるのですが、

さすがに学生も堪えたようで、少々表情が引き締まっておりました。

そして、ある1人の生徒は、すべてやり直しはじめ、

単語を書いた紙などを持ちながらうろうろし始めたのです。

うーん、こいつは偉い。やはり相当ヤバいと思ったのでしょうね…。

こういう切り替えが早い学生や素直な学生は伸びが変わることがあります。

歳をとるにつれて、「いやー、お前の評価は一他人としての評価に過ぎない。

お前より効率的なやり方をみつけるまでは、俺はスタイルを変えない」

と割り切る学生の方が多いと思います。

でも、効率が良い方法を見つけるためには、

いろいろ失敗をしなければ見つからないこともあります。

だから、自分の直感で「これはいいっ!」って思えたものはすべて取り入れるべきで、

今後の自分の糧になります。はまればラッキーですよ!

素直であることで自分の英語力は上がっていきます。何事も取り入れて、

悪いものを捨てていく彼の姿を見て、私は偉いと思いました。

一生懸命に自分を変えたいんだなーっていう意志を感じました。あっぱれです。

こういう生徒は苦しみますが、絶対にうまくいくと思っております。

しかし、これはまだまだ1日目のお話であって、これからちゃんと継続できるかは

また別問題ですからね。1日は誰だってできます。

ここから1ヶ月は様子をみなければなりません。そして、3か月、半年……。

半年続いたら、これは快挙なのですが…うーん、気長に応援していきます!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply