FC2ブログ

「ダメダメ」と禁止することがダメ!

先日ある美容師さんとゆっくりお話しする機会がありました。

その中でこんな話題が出てきました。

「何でも禁止すりゃいいってもんじゃないですよね。

法律や慣例ってだから嫌いだよな。

でも、それだけ今の人ってものの分別がつかないってことですよね。残念だな、現代人」

って感じで、

埼玉県の教員が息子の入学式に出席した事件(?「出来事」にしたい!)のことを

お話ししておりました。そこでさらに「禁止」について考えてみました。

「えー、美容院で○○さんは禁止していることあるんですか?」

「いや、基本的にないですよ。僕、髪を切った後にすぐにモンハンやりますもん。

美容師ってタバコ吸っちゃダメなんですけど、

スタッフにはタバコを吸ってもいいように話しますもん。

まあ匂いが残っちゃダメですけど、周りに配慮できれば別にいいですよね。

あと、そうやって禁止すると、その人の仕事の能率が落ちるんですよね。

タバコ吸ってない人ってさ、なんかすぐいらいらしちゃうじゃない?

ホント、あれ麻薬っすよねー。」


まあ私の前でタバコを吸うのは本当にいらっとするのですが、

まあ言っていることは正論かなと思いました。

そう、この禁止をいっぱいにしてしまうと、

精神的にゆがんだ学生が出来上がっちゃったりするんですよね。

あと、自分に制限をかけるように生きてしまい、

なかなか本領発揮できなくなる学生ができあがるんですよね。

あと、過小評価し始めるんですよ。禁止するものは極力少なく、

大きな根幹だけちゃんと親御さんや先生と約束していけば、勉強をしている学生に限って、

非行に走るのはよっぽど運が悪いと思います。

よくテレビを見てはいけないとか言いますが、いいんですよ、見て。

ただ、時間を考えようねってことや、

自分のやるべきことが何なのかが彼らにわかっていれば、

テレビをみたりゲームをしたりする時間は設けても結構だと思います。

制限は目標をも制限するようになるので、極力しないことです。

やりたいことは若いのですから、全部や勢いでやりましょう。

私の授業でも制限はほぼないです(笑)授業では飲食OKですし(匂いがきついのはアウト)、

勉強の仕方も推奨として統一したものを紹介しますが、

今までやってきた方法を崩したくない学生には彼らにあった方法を指摘して、

自分の授業に合わせられるようにしております。

単語帳も問題集もどれを使っても(推奨はやはりしますよ)OKということで、

学生たちにはあまり制限を出しておりません。

よく学校の先生や予備校の先生は

猫も杓子も非効率なやり方にはめていることがあるのですが(半分は仕方ないかもですが)、

それから外れたことをすると理不尽なぐらいに怒る人もいますよね。

まあ、よっぽど自信があればいいのですがね。

万人がYesという教材を作るのは本当に難しいっすよw

そんなこんなで自由にやってください。

でも、物事の優先順位だけはつけてください。

そうすれば、外れることはないはずです。そこだけは、しっかり意識してほしいですね。

あまりにもメリハリがつかないと、

禁止をしなければならないかもですが…やはり塩梅が難しいですよね、この件も…。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply