FC2ブログ

with some or alone? you decide!

さて、もうすぐ予備校内の学内模試が始まります。

我が軍から今年は10番以内に3人入れたいですね。

一人は入ると思うのですが、もう2人は怪しくて何とか引き上げなければなりません。

それができるといい感じですねーって思います。

まあとにかく今は頑張ってもらうのみです。がーーーって行きましょう!


ちょっと今回は問いを読者に投げかけてみます。

みなさん、勉強はどのようにやっていますか。

実は、私は人の勉強法が結構気になってしまう質でして、よく人に聞いてしまいます。

そして、いいものは取り入れてしまいます。

そのいい勉強法のエッセンスを私の生活リズムにうまく調和させた方法が、

今の勉強法の原型になっているわけですが、

まだまだ発展途上です。

しかし、これだけは貫いています。


「一人でやるものと、みんなで共同的にやるものを分ける。」


「どういうことだ?」

たくさんの人がこんな疑問を持ったと思います。

勉強は自分一人でストイックにやるものだと思われがちです。

これは一理ありますが、それがすべてではないと思います。

私は大学院の研究をストイックにやりすぎてしまい、

周りとあまり情報交換をせずに、すべて自分で処理してしまったことで、

外からみえていた論文の体系と、私がこれだと思っていた体系の間に

大きな隔たりがあることに、私は気付けませんでした。

おかげで、私の修士論文は完全な失敗作に終わり、

今でもやり方をもっと模索するべきであったと少し反省しています。


しかし、私はみんなでやる作業でも失敗しています。

例えば、生徒内でのディスカッション。

学部の時によくやりましたが、大半は失敗しました。

成功した例といえば、やっぱりそこには偉い教授や、

中心になってくれる院生がいてくれた研究会であり、

なかなか学部生だけでの会は成功しませんでした。

というか、結局雑談になってしまい、場がなかなか締まりませんでした。

こんな失敗をたくさんしたことで、

私はグループで勉強することを避けてしまいましたが、

大学院生活を一度終えてから、みんなで学習する素晴らしさに少し気付きました。

それは、思いがけない発見を与えてくれる場です。

大きなひらめきは、他人との会話から生まれることが多いと思います。

例えば、ある大学院の先輩が、

ジュリア・クリスティバの『斬首の光景』に関して授業内発表をしたときのことです。

私はネクタイの研究をしていたのですが、

彼の発表から、

首の表象からネクタイについて分析できるのかもしれないと考えることができ、

結局最終的にはフーコーの「権力批判」についての分析について知り、

それをネクタイのもつ意味を考える上で援用することができました。

私はその授業の中で、出来る限り知っている内容を並べて、

自分の肉になるような知識を相手から引き出す努力をしました。

このようにある対話や講義から、何かが生まれる可能性は十分あるのです。


これは受験生の間でも、起こることではないでしょうか。

例えば、英単語の勉強を一人でしていると、気が滅入ってしまうと思います。

見て覚えた単語を確認するのは自分だし、

答えるのももちろん自分。

もし自分がみたものを間違って覚えていたら、

そのまま覚えてしまうことだってありうる。(私はそれが非常に多かった。)

しかし、食事のときに受験生の間で交わされる談笑の中に、

単語テストのような会話を組み込んだら、

会話に参加している人々は、

その会話を交わしているだけで単語の確認ができてしまうのです。

英単語や古典単語は特に、

ある程度の人数のなかで確認するのがいいと思います。


このように、一人で勉強するには限界なことも起こりえるわけで、

決して一人で勉強することがすべてよしと言うわけではありません。

一人で勉強する時間はもちろん作らなければなりませんし、

その割合も多くなければなりません。

しかし、魚の刺身がつまを必要とするように、

人間生活においてグループでの談笑は必要不可欠です。

以前に「覚えるもの」と「理解するもの」を分けなければならないと話したのと同様、

「一人で勉強する」ことと「人と戯れて勉強する」ことを分けなければならないと思います。

ここで気づいた人もいるかもしれませんが、

実は「人と戯れて勉強する」ことは、自分の理解力をあげてくれるのです。

ただ、この勉強スタイルは多用は禁物です。

多用していると雑談になって、

無意味な時間になることもしばしばありますのでご注意を。





人生、メリハリなんですね。って最近強く思います。

そんなメリハリ人生を、私はまだまだ探究していきたいと思います。

そして、今生きている時間よりも先の時間では、

よりよい時間を過ごしていたいですね。

さーて、思ったことを言ったので

床に就こうと思います。

おやすみなさい。


よかったら、ココをクリックしてください。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply