FC2ブログ

1日や1週間でやってなかった3年間を取り戻すのは容易ではない

引き続き学生の指導に精を出しております。

ここにきて文法の内容も中盤を迎えてきているのですが、

特に英語が得意でない学生のクラスで思うことなのですが、

中学生の基礎事項が忘れ去られているなーって思うことがしばしばです。

例えば、主語を聞く疑問文が作れないとか、分詞の役目を知らないとか、

進行形の意味を含めて動詞として機能させるには必ずbe動詞が必要だとか、

とにかくいろいろな基礎知識が欠けている高校生・浪人生が多いです。

しかも、高校や予備校ではこれを知っていることを前提にお話を進めるので、

学生たちも、「あ、しらなくてもなんとかなるように授業を展開してくれるんでしょ」

ぐらいに考えているのかもしれません。

うーん、それは大きな間違いで、やはり基礎事項がしっかり入っていないのに

難しい知識を入れてもなかなか身になりません。

なかには難しいものと簡単なものをみせてしまうだけで、

仕組みが見える学生もいるでしょう。

まあそれを刺激する授業をするのが一番だと思いますが、これがなかなか難しい。

気づけない人は気づけないので、

やはり中学でやる基礎知識は必ず丁寧に習得してほしいと思います。

では、浪人や現役生がこういった中学校の知識を取りこぼしてきた場合、

どのように対処するべきでしょうか。

私はそれに気づいたら、

まずは中学校1年生のテキスト100ページ分を2日でやってきてもらいます。

それでだめだったところを見極めて、それだけの練習問題を作り、

なんとか一週間で人並みの英語思考へ持っていく努力をします。

それでも、急造した知識なので定着となると難しいです。

あとは逐一指摘して気づくようにしていくしかありません。

講師と学生の根気比べですね。講師は指摘を嫌にならない、学生はそれに怒らず頑張る(笑)

本来は中学校お3年間で培う感覚ですので、

まあ1ヶ月で人並みにかつ自然にするというのが無謀なんですよね。

そう、3年間のロスをたかだか1日や1週間で取り戻すのは、難しいのですよ。

でも、今の世の中はそれができる人間を必要としていますし、

「人間はものごとを超高速でできるかどうか」を試しているのが、今の社会です。

取りこぼしてしまったと嘆いている暇はないです。今からならまだ基礎に戻れます。

しっかり戻り、次につなげましょう!
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply