FC2ブログ

テストメーカーを持っていること

さて、今年は問題を大量に編纂したので、ゆっくり英文を読むことができます。

そして、いい英文を見つけることもできますし、それを吟味することもできるし、

問題もアレンジできのます。これはとてもいいことです。

というわけで早速今年の英文をカスタマイズして学生たちの糧にしようと思っています。


そんな時によく使うのがXzamや桐原書店等で出されている問題集準拠のCDROMのデータです。

いやー、これのおかげで私の授業工程はものすごくスムーズになり、

感謝しております。そして、和訳を毎年私は100本ぐらい行って、

毎年2月から3月に総校正をかけています。もちろん対策別にアレンジを加えてですよ。

こういったソフトは予備校でもなかなか回ってきません。

こういったものを持っているのは、学校の先生です。

私の通っている予備校は、予備校から支給してくれるので感謝です。

以前私は個人的に友人の先生を経由して買っていました。

うーん、もっと予備校にも積極的に売ってほしいです。

(CD-ROMよりも教科書準拠のものは本当にもっと売ってほしい。)


しかし、気を付けてほしいのは、それを与えて編集して「やったー」となることです。

よく予備校のテキストはこれを編集して終わりって具合のテキストを作るのですが、

長年やっているとなんか気づきます。

まあ、解説までオリジナルになるとそれはすごいものになりますよね。

こういうテストメーカーのように便利なものを駆使して、

私も日々指導しております。

そして、量産できる新問題を今年もたくさん作り生徒に満足のいく、

且つ必勝の問題集を作ります。


まだまだ始まったばかりですよね笑

cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply