FC2ブログ

問題集だけではできるようにならない。

さて、わが軍の英語指導も再来週から本格的に始まりますよ。

今年の春期講習は短期集中で指導する学生のみにして、

レギュラー組は指示を出して自学させるか、

河合塾の講習にいけーって言っておきました。様々な形態で指導依頼が来るので、

そのニーズに応えようとすると、レギュラー組の春期講習まで手が回りません。

まあ自立の意味も込めて、

とりあえず

「ある程度どこかで基礎事項を手にしてもらってから私の授業を受けてもらいたいな」

と思っている私の意思を彼らに伝えておきました。


さて春のスタートダッシュをかけるぞー

と一生懸命になっている学生も多々いるかと思いますが、

「この時期って何すればいいの?」とよく聞かれます。

春休みの時期は、基本的なことをしっかり押さえることですよね。

高1~2生や英語が苦手な学生は、

品詞や文型や自動詞・他動詞の区別、時制や助動詞の用法をやるのがいいでしょう。

高3やある程度英語を完成させた学生は、

細かい問題がたくさんある問題集をやるか和訳をやるか、

自分が苦手だなと思う単元内容を基礎事項から見直すことをお勧めします。

学生一人一人にこうやってやったほうがいいよーと指示しておりますが、

みんな頑張ってそれをこなしております。

ぜひとも頑張ってほしいと学生に期待をしております。

しかし、NextStageや英頻1000などをやっていて、

それをこなしているだけでは

内容が雰囲気しか入ってこないのでそれだけの勉強はやめてください。

こういった問題がたくさん集まった問題集をやるときには、

1日1単元と決めて、その単元の内容の問題を一通り解き終わったら、

文法書と辞書をそばにおいておき、

一つずつわからないものを減らし、文法書を熟読してください。

文法書はなんでもいいですが、

私はForest(桐原書店)かZestar(Z会)をお勧めします。

それでも、文法書というのは一人で読んでいてもわからない内容も出てくるでしょう。

そういうときは、近くにいる先生にお話しして、

説明と必勝法的な解法を聞いてください。

この時期は時間がかけられることをじっくりやりましょう!

基礎を作れば、今後の伸びが変わりますよ!
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply