FC2ブログ

育ちの問題は若干あると思いました。

最近、いろいろな境遇の学生を見るようになって感じることがあります。

「あ、育ちってあるよな……」

私の家は、普通のサラリーマン家庭で、

父と母がやれる範囲で私を養ってくれました。本当に感謝。

まあとはいえ、正直申しまして、私の家はそこまで裕福ではなかったので

予備校は1科目が限界。高3の時に2科目受けていいよとやっと許しをいただき、

浪人はダメって言われていました。まあ私はそれで普通だと思っています。

そして、まあ父も母も働いていたので、

私は結構一人でいたり、友人と楽しく過ごすことが多かったのもあり、

言葉にはあまり注意されずに

(もちろん最低限のことはされていますし、

人さまとのつながりは大事にしろと厳しかったです。)、

まあいわゆるエリートのような教育はされませんでした。

ですから、私は基本感情をむき出しにします。

嫌なときは嫌と言いますし、怒るときはプンスカしますし、

泣くときは泣きますし、楽しい時は楽しいとにこにこしています。

(いい加減いい歳なんだから、わきまえろという声が聞こえるのですがw)

しかし、ちゃんとエリート教育をされていると、

そういう感情を見せずに大人として振る舞える方も少なくありません。

幼少期にしっかり言われてきて、

例えば「怒」の感情を見せるということをしないでしっかり封じ込める学生もいます。

いやー、私なんかよりも出来上がっているなー人間って思います(笑)

そういう学生をみると、人間の成りは言動や振る舞いでわかるものなんですよねーって

思わされてしまいます。

イートン校とかは面接だけで受験が終わりますが(今はペーパーもあるようです。)、

それだけで合否をつけられるぐらいはっきりと庶民と隔絶しているそうですよ(笑)

じゃあ、必ずエリート教育を受けていないといけないかと言うと、

そんなことはありません。そうではなくて立派な人はたくさんいます。

先日脳の研究家である茂木氏が「予備校なんて全部潰れろ―」ってぶちぎれていましたが、

あの方のように天才でさえも感情をむき出しにするわけですよね(笑)


しかし、ある程度生活や育ちの中で、勉強をする/しない、

忍耐力がある/ないが決まってしまうのかもしれないとも少々思いました。

まあそれらがあるように自分に革命を起こせばいいのですが…。

私も意識した言動にしたら、皇室の方々のように「ごきげんよう」なんて言えますかね?(笑)

「ごきげんよう」なんて、小堺さんの番組でしか聞いたことがないのにw

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply