FC2ブログ

楽しく生きられるかは重要なこと

さて、そろそろ新学期を迎えるのですが、

受験を迎えた浪人生や現役生はどんな心境でしょうか。

多くの学生は、「あ、もう受験生なんだ、勉強しなければならないからキツイなー」

って思っていることでしょう。まあ正常な考え方ですよね。

でも、勉強って苦行ではありません。

考え方ひとつで、楽しいものに代わると思います。

皆さんは何のために勉強をしているかを考えてください。

ただ受験のためにお勉強をしているのでしょうか。

そうだったらそれは長続きしませんし、長続きしても面白いとは思えないでしょう

だって、大学に入ることが目的になり、義務感でしか勉強しないのですもの。

皆が大学にいくから、自分もノリで勉強をするのでしょうか。

ノリで勉強してうまくいくほど、大学受験は甘くありません。

もっともっと先を見てください。

「大学で何をしたいのか」、

「人生をこうこうしながら行きたいから、正しいかわからんがこれを勉強したい」

という受験の先にある目標を掲げていないとだめです。


これは社会人にも同じようなことが多々あります。

私は先日までわかっていなかったのですが、

私は傍から見ると結構人生を楽しそうに生きているように思われています。

話の内容が結構リア充なようです。

私は確かに毎日授業をしていますが、365日授業をしているわけではありません。

毎月最低1回はホームパーティをしていますし、

誰かと飲み屋にいってペラペラお話ししますし、お休みのときはマッサージに行ったり

お料理教室に足を運んだり、料理を自分で創作したり、

身体を動かしたり、ラーメンの記事を書いたりして、勉強のこと以外のことにも

アンテナを張って生きております。そういう活動から

「あ、自分ってこういう人生を歩みたい。だからこういうことをしよう。

そのためにはこの知識を深めたい」って思うわけですよね。

今の私であれば、料理の下ごしらえってどうしたらよいのかとか、

こういう料理教室の情報があるのでは?

とかを調べて自分の頭の中にインプットしていくわけですよね。


もうちょっと受験に近い話をすれば、

私は英語とファッションとイギリスのことをやりたいなーって思ったのは、

大学2年生の時にイタリアとイギリスにいって生のファッション界に触れて、

英語ができるようになりたい、もっと外国人や著名人と友人になりたい、

ファッションは面白そう、イギリスは伝統があるから知りたいことがたくさんある

ってな具合で、その目標に向かって勉強してきました。

だから、英語がそれなりにできますし、ファッションにはそれなりに気を遣いますし、

イギリスの19世紀を中心にネクタイで論文を書きます(笑)

こうやって「やりたい目標」を掲げることで、勉強することが「娯楽」にかわってきます。

だから、本を読む際もそうですが、

自分の分野に「こうやってつながるのではないか?」と思えたら、

元々興味がなかったことが面白く見えることだってあるわけですよ。

ほら、最初に興味がなかった女性が急に髪型を変えた時に、

「えっ、何?俺の好みの髪型になったの?俺に夢中か?(笑)」

って具合に妄想が始まって、その女性のどつぼにハマっていくなんてザラでしょう(笑)

また「この先には楽しいことが待っている」とわかれば、または思い込んでいれば、

そこに到達するまで勉強をやめなくなります。

1ヶ月の間に1日だけ娯楽の時間をつくってもいいですよね。

週1だっていいですよ。週1で娯楽の時間をつくれば、

「その日が来るまでの6日は娯楽の日のために頑張るぞー」ってなりますよね。

(ならない人は、私欲にまみれすぎです。もうちょっと頑張ろう。

というか、もう少し自分の将来を考えよう。)

という具合にまあ発想の転換をしてほしいです。

毎日が刺激的に見える日が皆様に来ますように。

その日々を越えた時に、学生にとって目標し得なかったような大学合格が見えますように。

楽しく生きようと思うことで、受験必勝が見えてきます。

cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply