FC2ブログ

粘れる学生は素敵だ。

残念ながら医学部浪人がもう1年続きそうな学生がいます。

しかし、その学生は補欠合格を3つ持っており、

もしかしたらくるかもしれないよーって信じながら待っていつつ、

来年も…ってこともあるので勉強をしなければならないという思いもあり、

彼女は相当複雑な心境なはずです。私も心が痛いです。


つらいだろうなーって思いながら、その学生に幸あれと思いながら

私も追加合格を待ちながら、仕事をしているのですが、

その学生は私を見つけては英語の質問をしてきます。

ここ1か月はすごい勢いで勉強をしておりますよー!

そして、学生がこういい始めました。

「最近、私、先生に質問ばかりで、うざいですよねー?」

いやいや、とんでもございません。うざいなんて思いません。

同じ質問をしてくると確かにうざいと思うかもしれませんが、

(同じ質問でさえも視点が変わった時にどう見えるかを言及したら

それはもはや同じ質問ではなくなるが…)

熱心にわかろうとしている姿を見たら普通は「もっともってこい!」ってなります。

彼女が最近よく「今までごまかしごまかししてきたところをちゃんとやります!」

って言いながら、文法事項の基礎事項を理解しようと努力しているのには感服です。

こんな彼女に私はこう言います。

「その粘りは忘れるな。そういうできない部分をできるようになるために

講師をぼろ雑巾にするのは学生の義務だ!すがりついて力にしなさいよ!

すべて質問にこたえてやる!」


自分の境遇がまだ合格する可能性があるとわかっているのに、

来年の万が一のことを考えて勉強をすることができる芯が強い学生が

日本で何人いるでしょうか。(あんまりいないと思う…だから浪人するんだと思う。)

こういう精神性を持っている学生に出会えたことは私にとって宝ですね。

粘りは感動を与えます。

もちろんこの学生の繰り上げを大いに期待していますが、

私は今後の彼女の人生が上手くいくように全力でサポートします。


残念ながら浪人が決まった方で、まだ勉強を開始していない学生のみなさん、

もう戦いは始まっています。今からでも遅くないので、

ペンと参考書をもって、勉強してください。いいことありますよー。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply