FC2ブログ

野望と言い訳は執拗に口に出してはいけない。

学生や二流サラリーマンの口からよくこんなフレーズを耳にします。

「変えれるところから変えていきます!!さぁ〜本気モードだ!」

「反省しました。明日からまた0からやり直します。」

「今回は本気を出していませんでした。今度は見ててください。」

「今日は調子が悪かった。こんなことはいつもないのに。」



えーと、お前、それ何回目っすか??

人間が反省するぐらい何かやらかしたら、

言葉にならないほどのショックを受けるものです。

最愛な人や親が亡くなった時、寵愛したペットが死んだ時、

食べ物がのどを通らないなり、慟哭に陥るなり、

とにかく打ちひしがれたときには自分の言動や行動に変化があるものです。

上のような言葉が容易に出るようじゃ、まだまだ甘い。

そして、このような言葉を平気で人に口にするような者は、

いつまでたってもそれを言い続け、自分に言い訳を始め、

自分はいかにもわかっているふりをして人生の終焉を迎えます。


変化と言うものは、反復のあとに訪れるものだと思っています。

その反復の日々にある日、劇的な変化があるのです。

それは他人にはわからない、自分にしかわからない変化かもしれません。

もしかすると、自分にはわからない変化が

無意識に起こったかもしれないときだってあります。

今きつい状況にあるときこそ、自分の信じることをやり抜いてください。

私が2年ほど前までいた忌み嫌っている予備校の人々も、

上のような言葉をいまだに発していると思うと辛いですね。

私は去年の時点で藤田のオリジナルテキストを作り終え、

万全な体制を敷いております。

今年は全訳解説付きで、すべて2014年仕様に合わせて

グレードアップしたものを提供できるように思います。

3年かけて自分のオリジナルテキストを

藤田・愛知医科対策用と和訳・長文・単元別・構文系にまで派生させて、

やっと毎年更新するシステムを作り上げつつある状況にしました。

長文も毎年50本ずつ更新するようにサイクルが出来上がりました。

文法問題もオリジナルのものがついに200題解説付き、

並び替え問題は700問できあがり、

東大京大阪大名大の和訳問題もオリジナル解説で20年分作りました!

あとは市販のもので便利に使えるものを調達できる状況を作り、

今年は授業内容をすべて見直す時期にしようと思っております。

ここまでできたのは本当に反復し続けたということと、

周りの環境が一新したのと、いい先生や教務の方にあえたということでしょう。

その結果として、今年は医学部受験で偏差値40後半ぐらいの学生が

ちゃんと1次合格大量発生、そして、底辺層からの1年の脱出に貢献できたこと、

一人の力でできたとは思っていませんが、本当に試行錯誤をした甲斐があったと

少々自負心をかみしめております。

(すみません、まだまだ至らない部分が多々あるのですが…。)


「35までは土台作りだ」と言ってた人が、

同じセリフをその歳のプラス5歳上増しして言いだしたときには

私はもうその人がペテン師か、ダメな人にしか見えませんでした。


これから浪人が決まってきたぞという学生が出てくると思います。

でも、学生の皆さんはこんなフレーズを出さないでほしいです。

「今年は勉強してなかったから、しょうがない!今年はちゃんとやろう」

開き直らないとやってられない部分はありますが、

今ある自分を受け止めた上で、1度だけこれを呟いてあとは行動してください。


言い訳や弱音を吐きたいのはわかりますが、口には出すものではありません。

まずは行動。リスクを多くしても行動が先。

予備校の先生にもこういう者が多いものです。

(私もまだ自分のある野望を達成していませんが…

まだまだ努力が足りないと思っています。)



万が一、頭にそのようなことが過っても、口にしないでくださいね。

それを口にした時点で、もうダメな人へ成り下がりますから。

失敗しても凛々しく謙虚にリスタートする人が、

できる人の片鱗を手に入れることができると信じています。



(すみません、上のようなフレーズを多々聞いて、

少々私の逆鱗に触れて、思いの丈も含め書いてしまいました…。)

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply