FC2ブログ

優秀な学生といるといいこと。(医学部合格者を例に)

さて、現時点でトータルの医学部正規合格をまとめてみました。

全体的には

川崎医科2名,埼玉医科1名,岩手医科3名

愛知医科1名、金沢1名
となりました。

今年の受験は厳しいです。来年の新課程の影響か、

優秀な学生までもがレベルを落として受験をしてきているので、

なかなか思うように正規合格をとりにいくことができませんでした。

とはいえ、結果が出なければこれは私の責任。

一次試験を勝ち取る喜びを得られた学生も多かったですが、うーむまだまだ伸びきらなかったです。

ただ、補欠をもらってきた学生も少なくないので、

これからじっくり補欠が来るのを待ちます。

そして、まだある埼玉医科と藤田の後期に向けて頑張るしかありません。

何としても、今年の医学部組に最後笑ってもらうために私も闘います。


そんな中、思いもよらぬ受験生が合格し、私も沸いております。

1浪で河合に通いつつも、

数学を他の先生に個別に見てもらって、

私は英語と小論文を主に見ていた学生なのですが、

その学生はずっとある仲良しの学生4~5人とつるんでいたようで、

その悪いつけが秋口ぐらいに成績としてでてきました。

その学生は1年目でケリをつけなければ、薬学部への進学が決まっていたので

私としてはなんとか、

もちろん本人は必ず、意地でも合格しなければならないというところで

踏ん張っていたのですが、やはり中だるみが生じてうまくいかない時期が来ていました。

うーん、しかも英語ですよ……。さすがに私が焦って、

彼が英語でつぶれるのはつらいので原因追究を思い切ってしたところ、

彼は仲の良い学生とあまり勉強をせずに時間を過ごしていたことを打ち明けてくれ、

私は少々強めに彼に苦言を言っていました。そして、最後に、

「お前、もうそいつらとつるむな。そいつらは多分落ちるから、一緒にいるな。

10月の時点でべらべらしゃべったり、一緒に居合わせてご飯食べるそんな偶然性が

毎日続くと思うか?お前、潰れるよ?」

と忠告をしてから,その学生は少々変わっていきます。


これに恐怖をしたのでしょうか、彼は少しずつその連中と離れるようになり、

「先生、最近俺よりも頭がよくてまじめな奴がいるからそいつと話すようになった!」

って具合に,彼はやばさを感じたのか環境を変えてきました。

それから,英語の勉強がはかどり始めます(それが影響してわからないがw)。

私が作った並び換えの問題300問を1週間に50題こなして,

確認作業までできるようになってきて,

和訳の問題まで質問をするレベルになってきました。

その2カ月間,彼は苦手な英語をしっかりやっていたように思います。

それは楽しい友人がいたからではなくて,

勉強をしようと思えた同士がいたからうまくいったわけです。

同士は人になれなれしくしません。

自分のことをこなすことが優先されるのですから,だらだらしません。

1次をとってきた学生の多くも,

それに気づいて最後の方は自分で勉強するようになっていきました。

どうか,学生たちのみなさん,友人と無駄につるまないでください。

つるむのは,勉強をしてそうな静かそうな人にしておきましょう(笑)



明日の早稲田組,がんばってーーー!
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply