FC2ブログ

勉強をやらなかったやつがやるようになった理由。

昨年の年末までちっとも勉強をしてこなかった高2が、

最近になって勉強をするようになってきました。

テニスに明け暮れた生活をして、県でも有数の選手になっている学生ですが、

さすがに焦ってきたそうで、

「いやー、さすがに今年は先生の言うとおりやってみようと思う」と意気込んでいました。

私は、「あーまたどうせやらないんでしょう。口だけ口だけ……」

と思っていたら、彼に失礼ですが奇跡的に、

私がすでに渡していたプリント50枚のうち、1日3枚と決めて

1週間で23枚もやっていました。これには感動で、

しかも英語のいろはもおぼつかない奴が単語帳を2周もしました。

2月までにもう一周させて、高校1年生までに習いそうな単語を網羅する状態にします。

正直、高校2年生にしては、高校で習う文法はほぼ皆無で、

英単語もやった高校1年生で覚えそうなレベルなので、

スタートラインがだいぶ後ろからなのですが、

それでも100の中の0から3ぐらいまで動いたと考えれば躍進です!

ここからギアを上げていけばいいんです!


さて、こうやって私は1年口酸っぱく、

「勉強ってこういうものなんだ!」、

「勉強するとこんなことだって、あんなことだってできるんだ」

なーんてことを彼に刷りこんできました。

それを鵜呑みにしてでもいいから、自分から気づこうとして動くヤツは

結果的にうまくいきます。

たとえ、それが受験当日失敗して不合格をもらっても、

「今回ダメだったが、まだ人生は終わっていない」と

志望校に行くにしても、不本意だが受かった大学にいくにしても、

浪人することになったとしても、

心は折れず(どこかでしゅんっってなるかもだが、それは皆ある)

前を向きながら人生を歩むことができるんだと思います。

そう言い切れるのは、

勉強をしようと思って動いたのは、自分で自分がいく道を決めたということだからです。

自分で勉強をしよう、目標達成をしようと思えなければ、

どんなに教えることが上手な先生についたって、

どんなに面倒見がいい予備校や塾に行ったって、

できるようにはなりません。

まずは一番学生の近くにいる親御さんと

「人生どうするの?何するの、今?いつやるの?(笑)今でし……(もがが…w)」

と一度お話合いをしたほうがいいと思います。

それがたとえちょっとケンカ気味になっても、とことん言い合った方がいいです!

そして、学生さんたちは「戦いなんだ!」と決して、勉強に臨むべき体制を整えてください。


誰に教わるか、どこに通うか、誰と勉強しようか

こんな疑問文をぶつけるよりも、「勉強しなければならない理由はなに?」

という根本的な問いを今高校1~2年生はぶつけてみるといいと思います。


2月の新我が軍は、今その決断の最中であります。

絞って絞って、精神的にタフな学生を創りますよー!

cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply