FC2ブログ

志望校を早い段階から絞れれば・・・

「私立文系・理系なんて最初から狙うもんじゃない…」

本当にそうでしょうか?この疑問に対して疑問を呈することで、

今私は存在しているのかもしれません。


今年のセンター試験の結果を見て、

去年のわが軍と比べたら正直今年の生徒には申し訳ないのですが、

一段落ちます。今年の上位層はなんとか一人英語の満点を取ってきてくれましたが

大きくコケた生徒もおり、私としては采配が甘かった部分があったと

猛省気味です。特に今年は傾向が変わったとはいえ、

英文自体の難易度はそれほど変わらなかったので、

我が軍の中でももっと170点近辺をたたき出す学生がいてもよかったのですが、

150点で落ち着く学生が30%ぐらいだったように思います。

まあどんなに平易な問題(緊張している中だと難しいと思うが…)でも、

なめてかかってはいけません!


うーん、一言言わせてください。

国立志望ってそんなに簡単に名乗っていいのでしょうか。

以前にも言ったかもしれませんが、国立大学を志望するのであれば、

どんな難易度のセンター試験でも

最低7割は取れる実力を備えていてほしいものです。

それをキープする自信がない、

または夏の時点で平気でセンターベースの模試で7割を切っていたり、

得意科目で3科目ぐらい8割超えていなければ、

私立に切り替えて、現役思考で上位私立を狙うべきだと思っております。

(医学部などのように金銭面が影響して、

どうしても国立にしか行けないというのはこの発言外ですが…)

国語は確かに難しくて大変でしたが、

その一つの科目でガラッと変わるぐらいでしたら、

ハナっから早稲田なり、慶応を目指す方がうまくいくと言うものです。

名大生の中で「上智にはさすがに負けない」と豪語する人が多いですが、

早稲田・慶応の名前を聞くと、さすがに

「うーん、知名度はあっちのがすごいし、実力も引けを取らないよね」

と言うでしょう。

(上から目線の人も少なくないのが名大生…

それだけ苦労して入ったと自負している人が多いのですね)

私はそれほど私立が悪いとは思っていません。

中には学校で、「国立を目指さない=おちこぼれ」のようなニュアンスで

追い詰められて、嫌な思いをしながら勉強をしていた学生も

ちらほら耳にします。まあ上位校に行けばいくほど、

国立大学へ輩出した数が学校の品位を指すと考えられることも多く、

経営側や指導側の意志もあるかと思いますが、

もう少し、私立組を尊重をしてほしいと思いますね。


今回のセンター試験では、

私立一本で一生懸命頑張ってきた学生が日の目を見たように思います。

ある生徒は「ざまあみろっ、俺はちゃんと足元をみて勉強してたんだ」

と心で思っていたそうで、よっぽど日々悔しかったんだろうなと思い、

少々私がかわいそうな思いをさせてしまいましたかね、とあらためて反省です。

もっとずば抜けたスコアを取らせてあげて、

度肝を抜かせてあげられていればと悔やむばかりですが、

それでも予想通りのスコアがとれただけでも、

周りへの反響は大きかった部分があるようです。

本当に「よくやった」と言ってあげたいです。



また、以前不登校だった学生が思いのほかすさまじいスコアをたたき出してきたので、

昨日の深夜に連絡が来て、涙しました…。

5年間不登校生活を1年味わって、0から一生懸命英語と国語と世界史をやってきて、

英語は166点、国語は147点、世界史はまさかの80点です!

正直まだまだ甘い部分がありますが、

ちっとも勉強する気にならなかったことを考えると大進歩すぎて、

昨日は深夜なのに、親御さんと電話越しで互いに泣きながらやりとりしていました(笑)

現在センター利用でMARCHを出していますが、

もしかしたらもしかするのではないかと期待しております。

どちらにしても、センター試験でどこかには入ると思います。

もしMARCHに入れる見込みを確信したら、

その生徒を一般受験で早稲田を受けさせてみます。

ダメもとでも、その彼には「とりあえずこのレベルで戦うことができるぞ」という

挑戦するという経験を植え付けてあげたいと思います。

(受かんないかなーと、今真面目に熟考しています。)


それなりの私立に行くには、やはりそれなりの勉強量がなければなりません。

3教科受験だからって甘くみないでほしい。

私にとって3教科ずば抜けていることは、

7科目で中途半端なスコアをとっているよりも誇れると思います。

「私立なんて…」というセリフは、

旧帝を狙える、または射程距離範囲内、またはすでに通り越した目標であると

言い切れる人の発言だとして受け止めてほしいです。

それだけ、名がある国立に入るのは難しいということですよね。



今年も素敵なドラマがありそうです。

自分の感情をむき出しにしながら、

一生懸命勉強しているわが軍の学生はとても素敵です。

このままどんどん突っ走っていくことを願います。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply