FC2ブログ

新中学生の先取り授業の目標は中3までの基礎知識習得です!

さて、私立中学受験を終えたら、

英語の対策をしようという新中学生さんの親御さんからの依頼を名古屋で

複数いただいております。本当にありがとうございます。

ちなみに、もう来年の2月の依頼も仮ですが2件いただいております。

毎日英語をやり続けて、4月に入学する時点で中学生の英語を終わらせて、

中学生生活のなかで高校のことと英単語のボキャブラリーを詰め込もう

という医学部進学で優位に立とうと思っている方がけっこういらっしゃいます!

こういうご依頼は年々増えております。

自動車教習所の合宿取得のような方法ですね。

英語の基礎というのは、言ってみれば

自転車に乗ることや、泳ぐことや、スキーをすることと似ており、

ある一定期間のうちにやりこんで、あるコツをつかんでしまえば、

中学生までで習う英語で困ることはありません。

うまくやれば2か月で中3の途中の範囲までは難なくこなせると思っています。

半年あれば、ちょっと複雑な英文でも処理できるようになります。

そのために必要なのが、

中学受験で頑張った学生の勢いと、

親御さんの英語をやらなければならないという意識です。

前者は特に進学校に通うことになった場合は、

引き続きある程度勉強しなければならないので、

是非勢いで英語を勉強してください。やるぞーってなるだけで

1年(中1)で終わらせなければならないことは絶対に終わるでしょう。

中学生になる皆さん、英語学習はこれから必要になってくるので頑張りましょうね!


そして、後者の意識です。

中高一貫の学生でしたら特に意識してほしいのですが、

たまに中高一貫校の中でも入学時に最低限英語を習得しているよねー

という前提で始めているところもあり、基礎をすっ飛ばして行われる場合や

いきなり難しい用語をぱんっと出しながら説明する学校があります。

夏になると、「最初はよかったがこれからついていけない…不安だ」

「早速英語で躓いたから、なんとかならないか」

と夏にご相談をうけることが多いのですが、

できれば受験が終わったら週1~2で結構ですので、英語を教わるといいと思います。

そして、最低限中1のことは中学校に入る前に終えられるので、

またちょっとしたリードをとっただけでも、

精神的負担と勉強習慣の形成に影響は出てこなくなるので、

中学生さんにはきついですが、

今後意識高く行きたいなーって方は是非指導を行ってください。



愛知の南山女子の中1の中で、すでに3人が英検準1級を持っているそうです。

まあ多くは帰国子女らしいですが、それでも準1級は基礎がしっかりして、

それなりに語句等を覚える力がなければ、合格は難しいです…。

さすが東海指折りの進学校ですね。素晴らしいです。


転ばぬ先の杖として、とりあえず早めの準備で、

今年も生徒を救えたらいいなと思っております。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply