FC2ブログ

1度怒られたぐらいでひるんではいけない。

去年私と5年間一緒に勉強していた、

不登校から這い上がって見事法政大学に入った学生が、

昨日私のところを訪ねてきてくれました。

テストが終わり、早い段階で帰ってきたんだと言っていました。

(いや、テストは2月に集中するものではないかと少々心配をしていたのだが、

レポートばっかりらしいw)


彼と一緒に近くのカフェでまったり昔話をしていました。

現在はアニメを語る同好会らしきものに入っているようで、

友達もでき、楽しくやっているようです。

5年前では考えられなかったことが、今の彼にはできており、

私はびっくりしております。まだまだ打たれ弱いところもありますが、

精神的なタフさは少しずつついていました。

「現実的に厳しいぞ」って思わせるような野望を口したときに、

私も少々ガツンといってしまったのですが、それでも、

「お言葉感謝いたします。でも、やるだけのことをやって繋げてみせます!」

と前向きに答えてくれました。いやー、頑張っている学生は素敵ですね。

そんなことを3時間ぐらい話し込んでいたのですが、

たまたま駄菓子問屋でガムを大量に買ってきたのでそのガムを少しあげた時に

その学生がこんなことを言っておりました。

学生:「先生、僕がたまたま授業でガムを噛んでいた時に

    むちゃくちゃ怒っていましたよね?
    
    僕あのせいでガムを食べなくなってしまったんですよ(笑)」

私:「えっ?そんなことあったっけ?覚えてないよー。

   でも、授業中にガム噛むのはダメだな。あれは無限に音がするもん。

   リンゴとかみずみずしいものとかなら飲食してもいいよ(笑)」

学生:「先生はガンガン授業中に飲み物飲みますし、軽食もとりましたよね(笑)

    あーいう先生は高校にはいなかったわ。大学ではたばこを吸っている先生いましたが…(笑)」

私:「なー。いるだろ?名大にもいたよ。窓開けてさ、

   いきなりたばこ吸ってマキャベリの君主論を垂れるんだぜ。お前は暴君だって感じ(笑)

   ま、魅力あって一生懸命にやれて意見かわせるところだったら何でもいいんだよ。

   でも、そんなに僕は君にガムの件で怒った?俺ってそんなに強制力ある、発言に?」

学生:「先生の一撃は怖いし、重いです。説得力が謎にあるんだよな。

    普段とのギャップの落差が半端ないからかな。とにかくシリアスになると心に来る。

    いい意味でも悪い意味でも…。」

……


こんな会話ばっかりでした。今昔物語は面白いんですよね、たまにすると。

とまあ学生に私の一撃やブラックユーモアは結構怖いとのことで、

他の生徒にもなぜか距離をとられる時があることに納得しました。

先日、彼と会う4日前の授業で、ある生徒に

「先週やった単語を、しかも全く同じものを先週答えさせたのに、

どうして今日になって覚えていないのですか?完全に復習不足です。」

と言いたくなかったのですが、言ってしまいました。

これが嫌で授業に来なくなってしまう学生もいるらしく、

できるだけ中学生の集団授業ではしないでねーって言われたことがあるのですが、

(こういう感じが嫌で個別に切り替える学生も少なくありませんよね…)

恥をかくことに躊躇していたら何事も本気を出すことができず、人生を終えてしまいます。

一度のミスを強く批判されたぐらいで、へこまないでください。

理不尽なツッコミは先生側はよくするかもしれませんが、

それぐらいでへこたれるようでは、受験では戦い抜けません。

受験問題は予想だにしないツッコミをしてくるものなんですよ。

それに答えて初めて合格を勝ち取れるので、

練習時にできなかったり、へこんだりするのは当然だと思って

先生たちは質問をしているはずで、決してその学生を陥れようと思っているわけではないです。

ただ、「戒めを与えなければダメかもしれない」と思って、あえて以前にやった問題を

その生徒にあてることはあります。それを攻撃ととられてしまうのは、

先生のあて方や口調やフォローのしかたに問題があるのかもしれませんが、

生徒側が物事をこなしていなかったり、

「すぐにわかりません」と答えてその場から抜け出そうとしたり、

考えようとしなかったりすることにも原因はないとは言えません。

「失敗=やってはいけない」ということを考えずに、

失敗した原因を良く考えて、違う形で自分の思うことを出せるようにするのが進化です。

それを繰り返すことで、実力はついてきます。


怯まない。怯まない。

ガム授業で噛んだことを指摘しただけでガムを噛まなくなったら、

ガム工場はところどころ閉鎖になっちゃうでしょー。

ってことを話しながら、例の卒業生と談笑していました。

こういう進化を見られる私は、やはり幸せ者です。ありがとうといいたい。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply