FC2ブログ

高2はもう闘いのさなかにいるのだ!

さて、高2生が本格的に受験を意識し始め、

勉強をあまりしてこなかった学生も少し勉強しなければならないと焦り出しました。

我が軍の高2生はまだ2人しかおりませんが、そのうちの一人は

去年の冬からみております。正直、中学生で習う英語の範囲から怪しく、

1年かけてみっちり基礎と英単語を叩き込み、

なんとか偏差値50ぐらいまでにはたたき上げました。

それでも、まだまだ道は険しいですよね。他の科目もありますし、

志望が決して低くないので、これからの頑張りが不可欠です。

でも、しっかり前を見て勉強をしております。

こういう姿勢から実力は出来上がっていくと信じています。


私は早稲田や慶応などの最難関私立や旧帝をはじめとした難関国立大学、

そして医学部受験を現役で合格するためには、

次のような基準が英語で出来上がっているとかなりいいなーというように

学生に話しております。

もちろんその基準は結構高いものかもしれませんが、

1月~2月に話すことで、高3の初めの模試まで3~4か月あるので

その基準と模試に向けて勉強しようと促しております。

数年前にかいたものですが、こんな感じの基準です。

①語彙力の完成
 ターゲット1900・速読英単語・データベース等の単語集であれば、高3の4月(浪人の4月)の時点で1周は終えている状態であること。完璧ではないにしても、何度か見たことがあり、英文で使われていても直訳して何とか理解できるレベルにあること。4月の時点でこのレベルにあれば、派生語や名詞形・形容詞形・動詞形まで完璧にして、同義語・類義語でまとめる作業までできるだろう。そして、単語帳が完璧になってしまったら、受験生はひたすら長文で出てきたわからない単語を辞書で調べる作業まで回すことができるだろう。

②文法の基礎事項の完成
 まず、4月の時点で、学校で使われているテキストの文法事項が80%以上処理でき、標準問題が出されても問題ない状況にあること。また、SVOCといった文の要素や基本的な品詞分解がしっかりできること。ここまで到達していない受験生は夏までに必ず終わらせなければならない。自分の英語力を確認したい受験生は、学校で渡される薄いワークの基本問題から標準問題をやり、80%方わかるかどうかで判断してみるとよい。また、単発で単語が答えられるだけではなく、基本的な英文の中でどの構文をつかわれているか説明できなければならないので、その確認もしていただきたい。

③英作文の基礎の完成
 英作文に関して、簡易な和訳英文が書ければよいだろう。これは高1や高2のときにやった模試の英作文問題や英作文に関する基礎編・入門編のテキストを解いてみて判断してみるとよい。SVOCが崩壊しないで単語を並べているだけの英文であっても、4月の時点であれば問題ないだろう。

④中文和訳の基礎解釈
 中文解釈に関して、4月の時点で2~3行の英文が完答とはいかないまでも、文法理解のレベルで直訳でもなんとか日本語に書き起こすことができれば、いいスタートを切ることができるだろう。レベルは高1・高2のリーディングのテキストが訳せるかどうか判断してもらいたい。

⑤偏差値が60~65に到達していること
 4月の時点で高2の模試で一度でも英語の偏差値が60に到達していること。コンスタントに60をキープしているのが理想だ。または全教科の偏差値が58以上でもよい。(ただし英語が55以下はアウト。)


これは自分の経験やこれまでうまく行った学生たちの総合判断で一応書いてみたものです。

(もちろんこれより下回っていても、根性で埋め合わせる学生だってたくさんいます。

あくまでも目安なので、鵜呑みにしないでほしいということもお話ししますよ。)

この時期から早稲田や慶応に行こうと志す学生の多くは、

すでにこのぐらいに達しているか、それに合わせてくることが多いです。

もちろん他の科目が飛びぬけてできるが英語ができない人もいるでしょうが

平均した力で考えると、英語はこれぐらいにはすでに到達しておいてほしいです。

先ほどお話しした学生はまだまだこのレベルには程遠いですが、

これからの課題の量でこれにできる限り近づけていきます。

なんでこの時期なのかと思った学生もいるかもしれません。

この時期は学校の課題が少々手薄になる時期なのですよね。

学校の先生は卒業式や成績提示や入試でてんてこまいになるので

学生たちは時間ができます。その時期に遊んでしまったらもったいないですよね。

まとまった時間ができるので、今までじっくりできなかったことに集中できるし、

復習に時間を当てることだってもちろんできます。

そう、この時期から高校二年生は受験の勝負が始まっているのですよ!

この時点でそう思ってやっておけば、3年生になったときにとても楽ですよ。

高3は進学校であれば課題だらけで、授業や補習も増えてきます。

予備校にも通おうかなと考えるとなると、自分でがっつり準備する時間はほぼありません。

特に英単語の知識を早い段階である程度つくっておかなければ、

長文や文法を同時進行させながら英語をやるとなると、

英語だけでものすごく時間がかかってしまいます。

それだけは避けたいところですので、できるだけ厄介なものは

この2月から4月の初めまでに終えておきましょう!



参考になれば幸いです。高2の人よ、受験戦争の火蓋は切られましたぞ!
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply