FC2ブログ

夢で動く

最近、面白い生徒がいます。

詳細は彼のプライバシーに関わるので書きませんが、

「人間ってそんなもんかなー」って思うことがありました。


その生徒さんはずっとずっと引っ込み思案というか、

いわゆる「引きこもり」で、

中学に入ってからつい最近まで私以外の他人とは

ほとんど話さずに生きてきたわけですが、

ここにきてついに夢を語る日が来ました。

きっかけは、そのお母様の計らいで

お母様の友人の息子さんと遊ぶ約束を取り付けて

その引きこもっていた彼は同じ世代同士で居合わせていたわけですが、

どうもそれがいいきっかけになったようです。

というのは、彼は、その居合わせた息子さんが

「俺はクリエイターになりたいんだ!」と堂々と言っていたことに

感心したようで、その姿がとても凛々しく見えたんだと

授業の合間に話してくれました。

それがきっかけになり2人は仲良しになり、遊びに行く仲間になったわけですが、

それがさらに功を制し、先週彼は大きく前進しました。

そう、親に「夢」を語り、そのために自分から懇願し、

夢のために突っ走ってもいいかという是非について

親を納得させた(条件付きですが)わけです。

一つのきっかけとはいえ、事が動きすぎです。

「やまが動いた」というのは、こういうことを言うんだと実感した瞬間でした(笑)

さて、その彼がいうには、

「俺、これは一世一代の大勝負に出たと思ってますよ。

俺にはこれしか今ないっす。」

という状態だそうで、かなりの情熱を注いでいるなってのが伝わりました。

そして、驚くのはこれだけではありません。

なんと、その彼はそれから「今何をしなければならないのか」、

「今日何をしてから、その夢の準備をするのか」、

「やりたいことをして死ぬべきか、それともそれほど勝負をせず安泰を目指すか」

というような日々の目標や人生の目標まで掲げ始め、

「生きる」ということに真剣に取り組むようになったのです。

これには驚嘆しかありませんでした。

動き0で、月曜日にジャンプを買いにコンビニに行くときと、

通信制の学校に行くときしか外に出なかった人間が、

その夢のために教習所に行って動きを良くしたり、

その夢のために必要な情報を自分で取り寄せてみたり、努力してみたり、

そして、その夢のために本を読むことまで宣言したんですよ!!


これは指導者である私はうれしかったです。

5年みた甲斐があったと思っています。

私は生徒の勉強での達成はもちろんうれしいのですが、

それ以上に人間としての成長が垣間見れたときは、

言葉にならないほどの興奮がこみあげてきます。

0から(彼には失礼だけど…)大きく前進した姿はホント素敵ですね。

これからの彼の行動に期待です。


「こうやって人間変われるんだ」ということを再認識し、

私もいい勉強になりました。



今物凄くきつくて死にたいなーって思うほど思いつめていたとしても、

何か人間好きなことってあると思うんです。

苦しい時は短所を克服するということに重点を置くのではなく、

長所を極める方に比重を置くと、軌道ができあがり、

事がうまくいきやすいと思います。

短所を潰すことは長所が伸びた後でも遅くありません。

好きなことから始めてください。何でもいいです。

サッカーでも、絵を描くことでも、ゲームすることでも、

恋愛することでも……やりたいことがない人はいません。

ただやりたいことが制限されているケースが多いと思うのですが、

それはなぜかということを考えて、あまりにもその障害が大きければ、

それに代替できるものは何かを探すのでもいいですし、

それに代わるものがなければ、直談判する覚悟を持つなりするはずです。

とにかく、次に進むために必要なアクションを結果を考えずに起こすべきです。


そんなことを彼から学びました。講師はこういうことがあって初めて成長できるわけで、

一生懸命やっている生徒なしでは、講師は務まりません。

ありがとう、わが軍の生徒たちよ。

cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply