FC2ブログ

この時期に試験的なことはあまりしないように。

学生は私のところに絶え間なくやってきます(笑)

うれしいことですが、私に休む時間と本を読む時間をください。


そして、またある学生が模試を終えた後に言いました。

「今日の模試はやり方を変えてみました。でも、惨敗でした…。」

見事に半分を切ってきたスコアだったので、あーあって感じでした。

この時期の模試というのは、非常に大事なものでして、

あまり軽はずみな気持ちで試験を受けに行くべきではありません。

直前の模試ということもあり、それなりに周りも仕上げてきますので、

この時点で大方の自分の立ち位置がわかります。気を抜けませんよ。

厳しいことを言えば、できればB判定以上、最低でもC判定に入っていないと、

普通の頑張りでは挽回できません。

そんな大事な模試で、試験的な方法を取り組むのはよっぽどの愚か者か

よっぽど余裕があるか。秘策をしっかり練ってきたかのどれか。

一番最後の思念であってほしかったのですが、

模試でその新たなやり方を失敗したとわかって、

「今度頑張ります」と軽く言われたのにはがっかりでした。

模試を何度も受けられると思って甘んじています。


この時期に試験的なことをするのは、よっぽど流れを変えたいときだけにしてください。

普通、この時期で方法をガラッと変えるのは、うーむと思います。

それはできれば9月の模試までにしてほしいですね。

一度試した上で、最後らへんの模試で調整してみようとならないと、

不安要素を残して受験を迎えることになりますので、ご注意を。

やはり戦略まである程度立てられるほどの余裕をもった勉強をしてほしいです。

8月までに基礎事項を終えておくことの重要さは、忘れてはいけません。

そして、2017年からセンター試験に代わる共通試験は、

時期が一か月早まるかもしれないと新聞にありましたので、

もっと早くいろいろなものを完成させなければならないことになるわけですね。

マネージメントも大事になってくるわけです。

その上、英語がTOEFLを使用するとなった時には………

先を見れば見るほど、ぞっとします。


必殺技を作るためには、出すところをよく考えましょう。

敵がいない所で真空波動拳出しても、意味ないですよね(笑)(←古いかw)
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply