FC2ブログ

嬉しい噂

さて、対策授業がすべて終わったのですが、

去年講習に来てくれた学生が、今年も(残念ながら)来てくれました。

ありがとうございます。

去年何とかしてあげられなかったのは悔しいのですが、

今年も私を頼ってきてくれたのはうれしかったです。

その学生は非常に力をつけており、先日行った模擬テストでも

高得点をたたき出して、なかなかの仕上がりでした。

この調子で頑張ってほしいと思っております。


さて、その学生と少々お話をしていたのですが、

「先生、○○くん知っていますか??」と訊かれ、

私はあーと思い出しながら、いろいろ受け答えしていました。

すると、その学生は、

「いやー、先生が接点になってみんな仲良くなったんですよ。

しかも、○○予備校(私が出向している予備校)にいけばよかったって

言ってましたよー。藤田対策には、先生に期待してますので来ました。」

と、私をものすごくよいしょしてくれました。

いやー、うれしいですね。ありがとうございます。

とはいえ、自分がネタになっていろいろ進展した、また

いい影響を与えることになったのはうれしかったですね。

私が出向している予備校での対策は、

英語・数学・小論文はもちろん、

藤田でものすごく重視されている面接対策もばっちりです!!

今年はその予備校で5人の合格者を出すことができました。

本当におめでとうございます!!

私が知っている中で、15人のうち8人の合格者を拝めたのは

なかなかうれしいものですね。やはり名古屋にある大学だけあって

その近辺に合格者が集まるのでしょうか……わかりませんが。


毎年学生がほかの予備校からも平気でやってきます。

数学の先生も気合入っていますし、何より面接の緻密な対策にはビビります。

(すごすぎるので、私もよく知りませんが、

受けた人々はいつも満足だったと言います…)

そんなわけで、他の予備校の対策よりも数段上だと思っています。

そこが窓口になって、万が一その年の受験で失敗しても、

4月から一緒に頑張っていくぞーってなり、テンションも上がり、

合格を勝ち取るパターンとなっており、

なかなか認知されてきているように思います。

実際にその対策をして、一般でもいまくいったぞーっていう学生もちらほら。

藤田に合格しただけでなく、いろいろな学生が集まってくるので、

刺激ももらえます。勉強をしていない学生も

あのテンションでやっていたらさすがにやばいって思うでしょう。

そういった場や環境づくりが大事なんですよね。


少しずつ良い噂が入ってくるのはいいことですが、

同時に悪い噂も入ってくるのが世の常(笑)

とりあえず、自分が正しい、そして学生に利益を与えられそうって思っていることを

一生懸命やっていようと思います。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply