FC2ブログ

『英作文のトレーニング 入門編』

英作文をはじめるときは、この一冊で決まり♪


入門編 英作文のトレーニング入門編 英作文のトレーニング
(1995/02/25)
不明

商品詳細を見る




【特徴】
この参考書は長年たくさんの受験生が使用しているものの一つでとても有名である。この参考書の狙いは、「話すこと」と同様に、気軽に英作文を取り込めるように、基本語を用いた平易でわかりやすい英文をすることにあり、英作文を始めようと思っている受験生にとってこの本は必読書となるだろう。この狙いに則り、ある生徒の答案例を3人の対話形式で添削していきながら、英作文の書き方について解説していく。対話は生徒A、日本人教師B、ネイティブCの3人で、生徒の質問を生かしながら、先生方の一方的な説明は極力避けようとしているので、読んでいても「目から鱗」な知識もある。また各問題の解答例も2文ずつ用意されているので、受験生の英語表現の範囲を広げてくれるだろう。さらに、日本語を英語に移す上での「発想転換のポイント」も100個のルールとしてまとめてあるので、これも英語を書く上でも参考になるだろう。




【使い方】
 まずは一日2~3問を自力で解き、身近な英語の先生に添削してもらうのがよい。もちろん解説の他の解答を書くこともあるので、まずは自分の英作文が正しいかどうかを他者に判断してもらうことから始めるべきだ。そして、そのあとでこの参考書の解説をみると、さらなる見解を得ることができるだろう。解説を読む作業をしているときに、発想転換のポイントや解答例をしっかり書き留めて、自己流のノートを作るとなおよいだろう。
一日2~3問で進めていけば、1カ月~1カ月半で一通り終えることができるだろう。期間は高3の夏休み前に完成しているのが理想だが、夏休み中に完成していれば十分だ。ただし9月だと少々焦ってしまい、この時期には難易度の高い問題も取り組みたい時期なので、必ず9月になる前に終わらしておきたい。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply