FC2ブログ

現実はみなければならない。

さて、この時期になると志望校を決めなければなりません。

大学ですと国立は大体のレベルでしか決められませんが、

(センター試験の出来不出来で決まるので……)

私立は大方決めることができますよね。高校受験も大方決まると思います。

さて、もちろん私は受験校において、

「君はここを受けなさい。あとはレベルに達していないからダメ。」

なんて言いません。基本的にどこを受けてもいいと指示します。

しかし、あまりにも実力とかけ離れたところばかり受けようとすると、

少々チャチャを入れたくなります。

「滑り止めとか考えてないの?」とか、「ちょっと全体的に難しいんじゃない?」

って具合にやんわりとですが。

まあでも、それでも来年もやる覚悟もあるぐらいで臨むのであれば、

私は「行け!!」と思っています。

ただ忘れないでほしいのは、受験に絶対がないことです。

去年指導していたある女子学生は模試で180点近辺を獲っていたにも関わらず、

センター試験本番では130点前半を叩き出し、見事にセンター利用を出せませんでした。

そして、残念なことにすべて思わぬ結果を引き出してしまいました。

万全な状況で臨んだとしてもこんなことはあり得ます。

そんなわけで、私は毎年、自分のためにも行く気がなくても

一つだけは2ランク下の大学を受験するように話します。

私立医学部でもそうです。あまりにも実力がかけ離れていれば、

薬学部なり歯学部を受けさせます。

私はこのことを毎年本人にちゃんと述べて、その上で彼らに判断をさせてきています。



残念ながら全員が受験でうまくいくことはありません。

それがこの勝負の世界なのですから。

頑張っていてもダメなときはあります。

だから、忘れないでください。万が一ダメなときにも

こんな道はあるんだ!あんな人生設計もあるんだ!

といろいろな道を行けるように、自分の実力を受け入れる覚悟をもってください。

意地でも、何浪してもその大学に行きたいというのであれば話は別ですが、

タイムリミットと財力の問題もありますので、実力とはしっかり向き合って

自分なりのその時最良な決断を下してください!



もう一度言います。みなさん、一度現実をみてくださいね。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply