FC2ブログ

まとまった時間のなかで勉強した方がいいのか。

最近、しっかり読書をしております。1日1冊~2冊。

あまりにも読書をせずに1ヶ月を過ごした先月だったので、

さすがにヤバいと思い、以前に読んだ本を読み返してみました。

しかし、なかなか仕事をしていると本を読む時間を見つけるのが難しい。

朝早く起きて、ご飯を食べ、みそ汁をすすりながら、

書本台に本を置いて本に目を通すのが日課になったのはよくても、

一気に読めないせいで、本を読んでいる瞬間に燃え滾る興味の業火は

非常に燃費が悪いわけですよね。残り火みたいな感じで、情けない。

やはり読書はまとまった時間にがーーーって読むのが一番。

特に、小説などはその時読んだ感覚は一度しか持ち得ない以上、

どうしてもまとめて読んでしまいたくなります。

というわけで、私は金曜日だけは必ず1日休みを作り、読書に耽ります。


小説を読むように、時間をまとめて1つや2つの科目を勉強するのはいかがなものか。

実はこのことは面談の中で少々話題になった内容のひとつです。

私は個人的に大賛成ですが、4教科やらなければならないとした場合、

このやり方をやっていると3教科は9割取れます、でも1教科は3割ぐらいしか取れない

といった苦手科目が必ず出来上がります。

私個人の意見としては、

「そんな人間でもいいじゃん。素敵な存在だ」と賛美するところなのですが、

一つだけこれをやるためには言及しなければなりません。

もし仮に3科目できあがり、1科目苦手となった場合、

試験の時に得意な科目の1つが大幅にできなかったときは

すべて取り返しのつかないことになります。

その覚悟はありますか。要は得意科目をミスなしで仕上げるまで卓越できますか?

ということを問うているのが、まとまった時間のなかでやる勉強なんだと思います。

結構思いっきりの良さが問われるわけですよね。

ヨーロッパでは、1ヶ月まとめて同じ科目をやり続けるといったことをしたりします。

私の通っていたストックホルム大学では3月はスウェーデン政治学しかやらなーい

って状況で、短期間で徹底的にスウェーデン政治学の本を読まされました。

その短期集中は結構残っており、いまだにスウェーデンの国会の仕組みはお話しできます。

そう思うと、スウェーデン人は結構知に対して思い切ったことをしながら、

常に勉強していることになるのですかね。日々が知との闘い。なんかいいですね(笑)



でも、万遍なくやった方が科目が多い学校を受ける以上やった方が

無難なような気がしますよ。

まあ、自分の性格と相談して考えるのがいいでしょう!!
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply