FC2ブログ

一つでも完遂していないと自信もつかなきゃ、明日もない。

さて、面談も中盤戦。今のところ泣き出しているのは2人だけ(笑)

前半戦(第1週目)成績が良かった学生が多く、私もやんわりな発言が多いです。

しかし、おそらくやばいのは後半戦です。

叱責しなければならない学生が多いでしょう。気が重いです。


さて、今回の面談はマークの個票返却、

記述模試の暫定結果を伝えること、そしてそれを踏まえた上で

9月にどのように勉強をすべきかを考えるために行いました。

その中で私は全員に聴いているのは、

「Vintage(問題集の名前)を1冊1周でもやり終えましたか?」

ということです。

まあ最近お馴染みになっているのですが、

1500問ぐらい文法・語法問題が並んでいる問題集のことです。

これを5か月にちゃんとやっていれば、

苦手な学生でも1周はできるぞって4月の初めから話をしていたのですが、

まあ多くの学生はできていないんですよね。残念ですよ、本当に。

しかし、じゃあ他のことが終わっているよね?と思って聞いてみると、

「いや、途中です……単語も終わっていません……」

終始「終わっていない」というフレーズが連発させた面談が多かったです。


さて、夏を過ごし、一皮むけなければならない時期なわけですが、

この時期に問題集を2~3冊は終わらせて、

そのうち1冊を自分にとってのバイブルとして仕立て上げ、

これから難しい問題にとりくむぞーってなっていなければ、

それは失敗だと思った方がいいです。

そのぐらいしなければ、少なくとも英語を得意科目にはできません。

どんな模試でも偏差値をコンスタントに65を取ることはできないと思ってください。

我が軍の中で一番解いたなーって思わせてくれた学生は、

NextStageを2年で17周していました。しかも、それは理系です。

そして、ちゃんとその学生は一昨年国立の医学部に現役で入りました。

彼はそういう努力値が人を創り上げるのかという典型例でしたね。

そういう頑張りを見せる学生は確かにまれかもしれませんが、

稀だから難関と言われる大学にさらっと入るのだと思います。


こんなわけで、夏を思うように越えられなかった学生への最後のチャンス。

私はそんな学生に言うのは、

「1冊でもいいから完璧にしてみなさい!!」

これなら、結構できる学生が多いんですよ。

他の科目が出来上がっていて、英語が苦手な学生には

あえてこう言った方がうまくいくことがあるので、私は迷わずこう言ってします。

まあそれでも合格しようと思えばできるんですよ。

いろいろなエッセンスが吸える問題集を1冊選べば、それだけでよかったりするんですよ。

あとは過去問を死ぬほど解けばうまくいくわけです。

そして、何より、「1冊終えた」という実感があるのとないのでは、

本番での答えの書き方が違います。

「やっていなかった」となれば、

わからない問題に遭遇したときには「あ、やってないからできないのか」ってなりますし、

やってないがゆえに答えの根拠としてすがるところもなければ、

そうではないかと思った答えが複数あったときには判断しきれず、

結局消極的な答えしか出ないんだと思います。


まずは1冊だけでいいので、隅から隅までやりぬき1冊完遂してください。

1冊終われば明日が見えるのであれば、安いもんでしょう。

(それだけやったで理屈は通らんこともありますからね(笑))
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply