FC2ブログ

ここで弱音を吐いていると、あとで踏ん張りがきかない。

さて、お盆も終わり、夏も終わりを迎え始めています。

そろそろ小麦の香ばしい香りが漂ってくる時期ですね。

夕暮れも綺麗な黄金色なんですよね。8月下旬は結構好きです。


そんな中学生も9月にある記述模試に焦点を合わせて勉強しているわけですが、

テスト前、しかも夏の実績がどれだけ出たかという

今後の命運を分けると言ってもよい模試の前ですので、

いろんな気持ちが交錯してきています。

「うまくいくかな?」、「ダメだったらどうしよう?」、

「きっとうまくいっている!」

まあ思いは様々です。

でも、その結果が9月に出て、良くても悪くても受け入れなければなりません。

そんな中、そこで結果をどうしても出そうとするために

何か安易な方法がないか?ということを考えている学生が出てくるわけですよ、毎年。

「先生、Vintageのイディオムが全然終わらない!動詞だけでもいいですか?」

「構文の復習が終わりません。どうすればいいですか?」

「単語が全然終わっていません。どうしたら単語を最低限でなんとかできますか?」


えーと、こういうことを言う学生は、

反省してください。この時期にこんな類のことを言われても、どうにもなりません。

あと2週間でできることなんて、たかが知れています。

じゃあ、「諦めてください!」とは言えないので、

私はどうすればいいかを考えなければなりません。

まあ挙げるとすれば、

9月の目標を諦めて、10月の模試に焦点を合わせ直して、

勉強する姿勢と方法を今一度見直し、

日々の目標をしっかりこなす努力をすることですよね。

あとは、寝る時間を削って少し負担をかけるしかないですね。

時間は平等に与えられている以上、

自身の能力とその目標が少々乖離しているのであれば、

またどうしても時間が足りないのであれば、

睡眠時間を削るしかありません。


しかし、忘れないでほしいのは、

これはあくまでも目標を先延ばしにしただけであり、

ただやるだけでは結局人と一緒なわけですよ。

自分は「人よりも遅れた」と思って、死ぬ物狂いにやろうとしなければ

先延ばしにしても何も変化はありません。

まずは何をしなければならないか、

そして、それをいつまでにこなさなければならないか

ここで一度見直してくださいね。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply