FC2ブログ

お問い合わせの件で。

先月は依頼をたくさんいただいたのですが、

少々誤解を生じている方が多いというか、

私のプロフィールや指導方針を読んでいらっしゃらない方が多いので、

1つ言及しておきます。



えーと、親御さんたちが焦っていませんか。

生徒の声よりも親御さんの声ばかりはっており、

実際に体験授業をすると、生徒は親御さんに押し付けられたなり、

生徒さんの意向よりも親御さんの100%の意向だったりすることが多いです。

親御さんが焦るのは非常にわかるのですが、親御さんが焦っても

本人が勉強をしようと思わなければ、いくら勉強をしようと思ってもダメです。

特に今年になって中学生の指導依頼が多いですが、

生徒さんから頑張ろうという意志をみせられた方は2件だけです。

「勉強する意思がなくてもなんとかしてくれる!」

って思っていませんか。それは少々違います。

我が軍で頑張っている学生は、(私がよく苦言しているからでしょうか…)

人並み以上には勉強していますよ。学校の勉強は最低限行い、

週末での予習復習を欠かさないほどのことはちゃんとしています。



もちろん、家庭教師の仕事の最大目的は学生の勉強をできるようにすることですが、

私に依存しながら勉強ができることを目的にしていません。

ここが従来の家庭教師の先生とは違うところかもしれません。

本来家庭教師のいいところの1つは、面倒見がいいところかもしれませんね。



でも、勉強する意志がない学生を勉強させるのは、私にとって非常に心苦しいです。

勉強したい学生って、けっこういるんですよ。

したくてもできない学生ってたくさんいるんですよ。

ヨーロッパの学生は本当に心から学習しようと大学に来ている方が大半でしょう。

日本のように就職のために大学にいくとか、

親の稼業を継ぐためにしょーがないから行くという

ほわほわな目標設定でいく学生を私はあまり創りたくありません。

私は生徒にいつもいうのは、

「私がいなくなっても、私が万が一死んだとしても、

自分で最終的に勉強ができるようになることを目指してほしい。

高校受験時に自分で勉強する習慣をつけないから、家庭教師を無限に雇うんですよ。

高校のときに一人で勉強できるようにしないから、

大学で勉強してもちんぷんかんぷんなんですよ。」

ということです。つまり、私が言いたいのは、

「自発的な勉強姿勢を身につけるように自発的に勉強しなさい」ということです!



だから、勉強をさせる習慣をつけるところから始めるのでしたら、

私は向きません。主旨違いです。

私は容赦なく高い目標、

つまり「自分の身丈の2ランク上の志望校を目標にするなり、

実力を上げるように目標を設定する」ことを義務付けています。

それに慄いたり、「いやいやそんなの無理ですよ!」って思っているようでしたら、

おそらくいつか私の指導とは齟齬が生じるでしょう。

まずは親御さんと生徒さんがしっかり話したうえで、

生徒さんから「どうしても勉強をしてみたいから、こいつをとりあえず呼んでみよう!」

ってなったら、私にお問い合わせをください。


cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply