FC2ブログ

中学生からタイムマネージメント。でも何から始めるか?

中学生のある学生が中間テストの結果を隠していました。

私は別にスコアが悪くても、「次頑張ろうね」ってなっていたのですが、

そのお母様は大激怒。まあ世の中の親御さんはそうであるのが普通ですよね。

確かにその学生の答案には激怒するほどのミスが多かったので、

仕方がなかったわけですが……。



さて、しかしながら、テストのスコア云々をずっと言っていてもしかたがないのです。

そこでその生徒が一体何をしていたのか、私は探求すべくいろいろ尋問をしていました。

とはいえ、私は生徒に質問を振るのですが、

自分のことなのに多くはお母様が答えている状況。

うーん、よくないですねー。その学生はまず自分の状況を

よく把握できていないのですよ。中学受験を越えてきた学生に多いのですが、

先生や親御さんにやらされている状況に近かった学生は、

中学生になると、高校生になると悩みます。

まずはどの生徒にもですが、

自分でできることはするように生徒に指示しています。


そして、今回重要なことは次のことです。

その生徒に「1週間どんな生活をしているの?」と質問をすると、

やはり基本的に塾の時間に追われ、

自身の時間がどれぐらいあるかわかっていませんでした。

そう、歯車は隙間がないと動かないのと同じで、

勉強にも隙間の時間が自分で取れていないとできるようになりません。


つまり、生徒に意識させたのはまず

「自分の時間はいったいどれだけ与えられているのか」

ということを意識させてみました。

その生徒について私が最初に思ったことは、

塾にいく時間が多すぎて、自分がすべき勉強がおろそかになっている

ということでした。

しかし、まあ後で「全然時間があるのに勉強できていなかった」

という結論に至り、私が叱責をするのですが……(笑)

それでも、自分がいかに時間を下手に使っていたかは理解できたようで、

早速その学生は様々な改革を始めています。

その仕方はまたいつかどこかで(笑)

でも、自分の時間を知ることは大人になっても重要なことです。

「時間がない、時間がない」と言っているのは、

そういう隙間の時間を自覚していないために発することが多いです。

「時間はない」ってことはないのです。

時間は作るものです。しっかり、タイムマネージメントして

勉強する時間を有意義なものにしましょう。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply