FC2ブログ

英語(勉強)のことを考えるようになった

以前に学生がこんなことを言っていました。

「僕ね、最近英語のことをよく考えるようになった。」

これは去年まで教えていた不登校学生だったにもかかわらず、

見事現役で法政大学に合格した学生がよく言っていた言葉です。

彼のこの言葉の真意は、

例えば、先日お話しした連語やイディオムや単語を同じ意味や反意語で

ソートしたものを覚える点で、

普段の生活の中にもそれらを考えるようになってきた

っていうことです。

恋愛で言う一種の片思いと同じです。

片思いをしたことがある人ならわかると思いますが、

ある人を好きになってしまうと、たとえその人に彼氏・彼女がいても

どこかで「チャンスはあるかもしれない!」とか勝手に思ってしまうんですね。

そのチャンスが訪れた時に備えて、その人の状況や好きなものとかを調べて、

それを熟知しようと努力するわけです(笑)

(←一歩間違えればストーカーじゃん(笑)でも、こういうものだと思います(笑))

それって、自分の生活にその人がものすごく影響している状態です。

もし「その人の秘密の内容早押しクイズ王座決定戦」なんてものがあったら、

片思いの人は間違いなくその玉座に威風堂々と座っているでしょうね(笑)


といった大げさな例を出してしまいましたが、

こうやって勉強生活においても、

またどの科目もそうですが、受験生である一定の時間は

生活のなかに受験勉強で培った知識がちりばめられながら

生きていていいのではないかと思います。

元々知識と言うものはそういう性質ですもんね。

常に出てくるまで、夢にまで出てくるレベルであってほしいというのが

私の本音です。でも、わが軍のこれまで素晴らしい功績を残した連中は

とにかくライバルと問題を出し合いながら

この技術を磨いていました。単語のリスポンスもどんどん上がっていきました。

反復は力ですね。そういう英語力を作ろうというのが、私の指導方針です。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply