FC2ブログ

好きこそものの上手なれ。

先日、私の彼女さんが私とお友達たち全員の絵を描いてプレゼントしてくれました。

いやー、うれしかったですねー。

しかし、私は彼女がこんな特技を持っていることを知らなかったので、

その絵を見たときは驚きました。

ちなみに私は絵が「ど」が3つぐらいつくほど下手糞なので、

非常に彼女を尊敬して、羨望のまなざしを送っていました(笑)

そこで一つ。

彼女はもちろん画家ではないのですが、

なぜ私たちは同じような生活をしているのに

こんなにまでうまい・下手の差が出るのかねーって

私は疑問を抱きはじめて、彼女にいろいろ聞いてみました。

「あー、この絵はね、仕事中に描いたんだけど、

なんか急に描きたいなーっていう衝動に駆られて、勢いで描いちゃったんだ!

まあそれだけ絵を描くのが好きなんだよね(笑)」


えーーー、それだけっすか?それを繰り返しているとうまくなるんですか?(笑)

いやー、まったくもって絵心ってのは生まれ持ったもので決まるのかねーって

思わせてくれました(笑)

でもですね、そうじゃない部分ももちろん感じられたわけですよ。

これは受験生にも関わることです。

そう、「そのとき思い立ったらやり果たす!」という精神です。

彼女は「絵を描く」と決めたら、その時間内に絵を満足するレベルで書き上げ、

そうやって生きてきたわけです。

そして、その満足なレベルに行き着くためには、

無意識に「今どのぐらいの時間があって、どういった絵なら描けるかなー?」

描けない分は後に回して、いや描きたいものをとにかく描くんだー!!

って段取りと欲求を彼女の中で完璧に配列させて、時間内に絵を描き終えるわけです。

しかも、納得できるクオリティーで。

そして、これをやり遂げてしまうという行為の根本には、

「やりたいからやらなくてはいけない!」って義務と欲求が同化する心があるんですよね。


今の学生を見ていると、「勉強したいからやる」という学生がほとんどいません。

少なくとも今年の学生はもういやいややっているので、

おそらく去年や一昨年のような成果は出ないと思います。

(はっきり言って。これはすでに生徒にも言っている(笑))

でも、じゃあダメなのかって自己完結してはいけません。

自分が今何をしたいのかと、何をしなければならないのかをしっかり考えて、

その上でこの2つの問いに該当するような答えを見つけないといけません。

義務は避けられない状況であり、

欲求は何かをしたい精神状態。

避けられない状況でも、その中で何かしたいことに連結できることをするためには

どうすりゃいいのよ?

ってことを常に考えてください。

もちろん自分の実力が低くて、義務に追われる日々が続くこともあるでしょう。

でも、その状況でさえも遊び心は必要です。

学生にとって一番割合がよさそうなのは

7(義務を果たす):3(欲求を満たす)ぐらいでどうでしょう?

どうしても大学受験をするとなると、この割合を目指してほしいと思ってしまいます。

まああくまでもこれは目安ですが、欲求の3の割合が義務に直結するようになれば

先ほど絵を描いた例を挙げたように、義務と欲求は同化してくるわけです。

欲求ばかり満たしまくっていると、いつまでたっても進化しません。

負荷をかけていないので、いつもふわふわでそのように学生は育っていきます。

欲求を義務へ転換とはいかないまでも、きつい状況においても

関連付けられるようにしてください。

そして、それをやり抜くということを忘れないでください!

好きこそものの上手なれ。

この諺は欲求を義務と結び付けている状態を指しているのでしょう。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply