FC2ブログ

嬉しい声をいただくと・・・

今日はうれしい声を聞かせてもらいました。

昨日、2年前に教えていた学生から連絡がありました。

東大に行った学生です。

私が勝手に常勝軍団と謳っていた学生の一人です。

彼女との授業は、まあ最後の方は英語の授業と言うよりも、

洋書を一緒に読み合わせていましたね(笑)

そんな一緒に学習することも好きな私です(笑)


さて、そんな学生が言っていたこととはこんなこと。

「先生と会って、大きな勇気をもらいました。

そして、私はあの構文の一連のやり取りがあったからこそ、

英語が飛躍的に伸びました。あそこまでギリギリの型ハメができるのは、

多分あのプリントしかないでしょうね。特殊すぎる。

覚えるのができる学生にとってはものすごい武器になりますね。

あの武器は今塾講師として働いている時にも使用しています。

著作権料取りますか?(笑)」

なんたるうざい女なんでしょう(笑)いやいや、うれしい限りですね。


とまあ手前味噌ですが、私のプリントは英語の勉強を意欲的にしようと思う人には

絶対に必要不可欠だと思ってくれると信じています。

私は万人受けをするテキストを作る気がありません。

私は英語を本気で覚えようとする人、英語を受験や社会で武器にしようと思う人、

そう言った人にヒト「推し」するためのツールを提供しようと決めて

テキストを作っています。

私は英検一級取得者であり、TOEICの高得点取得者(満点ではない(笑))ですが、

英語教育に一石を投じようとか、日本の英語教育に革命を起こそうなんて

ちっとも思っていない、

ただ学生が大学受験でいい人生を送るべく手助け、

いや「学生推し」をしようという1学生のファンでしょうかね。

(学生or生徒ヲタでしょうか(笑))

それでも先生はやれます。要は講師はものすごい資格を取れなくても、

手段等をしっかり授ける能力さえあればいいのです。

(もちろん最低限必要な能力ってのはありますよ!)


よく、資格を取得して「自分は偉い」、「誰よりも英語ができる」、

「東大・京大に高得点で合格した」と堂々と言いながら学生に教鞭を打っていますが、

それを豪語している割には、京大・東大に合格させている数が大したことない

と思うことはよくあります。

この打ち出し方は古い!

あたかも、「英語の先生はこの世に俺しかいない」としか聞こえませんね。

いやいや、自分にあった先生と言うものはいるんですよね。

そういう先生と生徒は二人三脚していくべきなんです。


東大や京大ってそんなに簡単に入れません。

講師もそれなりに実力がなければなりませんが、

東大や京大に入る学生は少々人と比べて異なった意欲をもっているので、

そういう意欲的な学生に出会う確率も申し訳ないのですが

勝手にあると思っています。

だから毎年東大や京大に出すというのは非常に難しく、

ある教科が東大や京大の英語に精通していたとしても、

それだけで合格へ導くことは難しい、

少なくとも一人で複数出せたらそれは受験の神ですよ、マジで。

手塩をかけて偏差値30ぐらいから1浪で東大・京大を出せたら、

それは1人でも勲章もの。人の人生を180度転換させているでしょう。


私も東大と京大の学生を3年連続で輩出していますが、

とてもとても一人の実力でとは言えません。

そういった意欲が高い学生が集まっていること、そして、

理数系の先生と手を組んでいるため、国語の先生と手を組んでいるために

できるわけなのです。


そんな一人では無力な私にこういった学生の一声をいただけるのは

本当にうれしいことですね。本当にありがとうございました。

また学生と飲みに行きたいものですね。

講師が慢心を持ってはいけない。

私はしゃべると高慢に聞こえるかもしれませんが、

内心は比較的謙虚、特に学問に対してはかなり謙虚な態度を示すと思います。

(できても、復習は欠かしません(笑))

こういった意志疎通が今でもできるという関係が合格を創りだしたようにも思います。

今年もそうなるように頑張ります!
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply