FC2ブログ

勉強する体力は資本です。

勉強する人ってどんな人を想像しますか?

一般的なイメージは、メガネをかけて、髪は短いか、

ちょっと長めで真ん中分けまたは坊ちゃん刈り、運動はあまり得意ではなく、

どちらかというと家に籠っている方がいいというところでしょうか。

まあかなり誇張している部分もありますが、こんなところでしょう。

しかし、アメリカに行くとそうでもないそうです。

勉強している人は結構マッチョが多いというお話を先日聴き、びっくりしました。


さて、こんな話をするのはなぜか。

それは、今回の話や生徒の動向を見ていて、

勉強には確かに体力が資本な部分があるなと思ったためです。

生徒の動向とは、一部の生徒がすぐに風邪を引いたり、

疲れてしまって勉強に身が入らない姿をよく見ることです。

うーん、私の雑感ですが、学校に行って、缶詰的に勉強したとしても、

土日を使って休む努力をすればいいのにと思います。

平日疲れてお休みをしたり、勉強で疲れてしまうのは

プランニングがまずいからです。

また1年間の新しい生活が始まり、そろそろ流れがわかってくる頃ですが、

ここで修正をしていかないと、ずるずる行きますよ。

平日疲れる=オーバーワークなわけですから、

現時点ではワークする時間を、とりあえず1時間ぐらい減らすべきなのです。

とにかく「1週間をそこそこ無理なく終えることができる」状態を作るというのが、

学生にとって実は重要なのです。

歯車は隙間がないと回らないのと同じです。

しかし、それでも境遇を考えると

オーバーワークなくらいでやらなければならないと思うのであれば、

それは少々今までの自分に猛省してください。

指摘してくれる周りの人がいなかったのが不幸だったと言えますが、

それ以上に今まで気づかなかった自分が悪い!(笑)

オーバーワークに耐えるためにはここで体力が必要になるのです。

私が徹夜しても何とか持ちこたえられるのは、

若さ(笑)もありますが、

それ以上にテニスをなんだかんだ言ってもやってきたおかげだと思っています。

中学校から高校2年生の初めまでしっかりテニスをやっていました。

中学生の時は1日4キロ必ず走っていました。

それだけボロボロになっても、中学校の1年間だけは勉強を徹夜でやっていました。

情熱も必要ですが、それだけでは解決しません。

やはり現実的に体も作っておく必要はあるように思います。

筋トレなり、走るなり、

学校までいく道のりで階段を1つ飛ばして

息を切らすようなぐらいの運動的要素を入れるのもまた一興。

それともしっかり寝て、ご飯も食べる!これも体力増強の秘訣かも知れません。

まあ、こう効果的な解決策は何かと言われても、

私はトレーナーでもないし、体育の先生でもないのでなんとも言えないのですが、

体力をつける意識は勉強をしていても必要ですね。

(文武両道ってのはやはりあながち間違っていないのかもですね。)

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply