FC2ブログ

方法論は1つに絞れ!

さて、引き続き授業をしていると思いきや、

私は宇都宮まである学校まで行ってお仕事をこなしてきました。

そして、ついでに餃子を堪能。やはりみんみん餃子はうまいですね!


そんな感じで栃木の学生とも少しお話しする機会があったのですが、

うーん、まだまだですねーって感じです。慢心がすぎますよ。

今週は生徒やほかの講師のみなさんと話をする機会が多くていろいろ出てきます。

今回はある程度勉強をしている学生に共通して思うことを少々。

問題を一通り解いたりするのですが、やはりほかの友人が気になるのでしょうか、

問題集を完結せずにほかの問題集に浮気をしたり、

自分の都合がよさそうな、

自分の受ける学校でしか使わない形式の問題だけを解くとか、

かなり偏った使い方をしています。

そして、それを行いながら方法論のミスマッチを引き合いに出して、

いかにも方法論を探していることが勉強の醍醐味であるかのように

勉強をしています。

これは良くないですね。

勉強が進んでいるようで、ちっとも進んでいないのでただちにやめましょう。

方法論とは無限にあり、どれをやってもできるようになっています。

方法論を探す前に、まずは身近にいる信頼できる先生に相談しましょう。

そして、英語には何が必要で、何を優先するのかを

しっかりお聞きになって、何をするべきかを考えてから

問題集を選び、浮気をせずにとりあえず1冊終えましょう。

私がみている学生にもいます。

「先生、問題をやっても全然できません。何をすればいいですか。」

この発言をしたのは、なんと1年前から指導している学生です。

これには非常に驚きました。

私は「英語を勉強する時にはまず文法を完成させて、

同時に単語をしっかり覚えること。

慣れてきたらそこに構文を加えて知識を強固にして、

構文がよく見えてきたら、長文を読み進める。

最終的には長文を使ってしっかり読み取る訓練に徹するのだーー!」

といったことを、事例と時期の達成目標を加えながら説明したのですが、

彼女にはちっとも伝わっていなかった…

そして、その流れに合わせてやっていたことにさえ彼女は気づいていなかった。

やはり、こういう説明と、

やらなければいけないことを説得する時間は必要ですね。

そして、「これこそバイブル!」となる問題集は提示して、

暗示をかけるぐらい言及すればよかったと私も少々反省です。


方法論はあるベースが出来上がって、軌道に乗ってから考えても遅くありません。

例えば私のように先ほど述べた「語法・単語のスタート⇒構文⇒長文⇒極める」を

ベースにしたものがベストだ!と身近にいる先生に言われたら、

それにあえて乗って、基礎を作ればいいのです。

そのあと半年ほどやってみてダメだったら、変更すればいいじゃないですか!

1か月続けてだめですねーといっても、正確な成果はわかりません。

方法論は特効薬や市販の薬とは違います。

あくまでも勉強をするときの1例であり、

よほど自分の性格に合っているのではないかと思わない限り、

大幅にシフトチェンジするのはやめたほうが身のためです。

それでも今これを読んでいる人が迷う人であれば、私のところに来てください。

強制しますよ(笑)

あー、野心が出ちゃった(笑)

違います、信用できる先生を1人探してください。

その先生とお話をして、勉強すると心に決めて、

その先生にすべて任せてみることです。

方法論に逃げる人は、どこかで「楽して英語ができるようにならないかなー」と、

宝くじがあたらないかなーと一縷にさえ値しないような願望にすがっている

人生ギャンブル人間とそれほど変わりない存在です。

そんな徒労はやめて、机に向かい、まずは参考書なり単語帳を開いて、

一つでも単語や文法を覚えてください。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply