FC2ブログ

引くときは引く

さて、国立の前期試験の結果がそろそろ出始めますが、

その結果が出たと同時に、国立に行こうと決める人もいれば、

私立に行こうと思う人もいれば、浪人しようと思う人もいるでしょう。

私としては自分が納得して、

経済力が続くのであれば浪人はしてもいいのではないかと思います。

ただし、基本は1~2回までですかね。

医学部や歯学部や薬学部などの場合はまた別の領域かもしれませんが、

基本は1浪ぐらいで止めておかないと、自分にも引け目を感じるようになったり、

大学生活が楽しくなくなってしまうかもしれません。

楽しむために行くのではなくて、絶対にこの学問を習得したいというのであれば、

まあ高みを目指すのも悪くありません。

でも、一言。それをほざくのであれば、東大か京大ぐらいにいく根気を持ってください。

私の中では東大と京大、あと国立の医学部は多浪する価値がある(かも)と思っていますが、

他はそれほど複数回浪人していく学校ではありません。

というわけで、1浪か2浪ぐらいしてこの程度しか行けないなとわかったら、

大学受験での戦いはそこまでにしてキャリアアップして、

4年後なり6年後なり勝負すれば結局同じだと思っております。


大学の名前は持っていると確かに有利です。

でも、それを第一に考える必要はありません。

特に大学受験で失敗しても、まだ奥の手である大学院があります。

旧帝国立の大学院に入るのは、

限られたところを除けば入れるところは多々あります。

東大だって、総合文化は外部を受け入れていますし、

京大も人間科学系のところは受け入れておりますよ。

まあ学歴ロンダリングと揶揄する人もいますが、

大学名を「社会の入口」や「一応のレッテル」ぐらいで考えて、

後は中身で勝負しようと心構えをしていればあまり気になりません。

高度な仕事をするためには、大学院の学位はこれから必要になってきますから

持っていて損はありません。(日本も修士ぐらい持ってて当たり前な日が来ますよ。)

ステージを変えて勝負する潔さも人生において必要な気もします。

はっきり言って全員が全員、希望する大学に入れないのが現実。

あまり勉強をせずに勝負して勝てないのであれば、

後々の勝負で勝てばいいのだと思いながら、機を熟してください。


と、少々余談になってしまいましたが、

こう言った人生プランも少々考えていてほしいなと思います。

それでもやはり浪人をして自分が納得するような結果が、

このステージでほしいと思う方はやってみるといいと思います。

しかし、次のことはしっかり見据えて受験を考えてくださいね。

まずは自分の実力がどの位置にいるのかをはっきりさせて、目標校を立てること。

よく偏差値30代の学生が浪人した途端に、

「早稲田」、「慶応」しか受けないと豪語するほどの

身の程知らずっぷりな学生をみることがあります。

無理とは言いませんが、そのスタート地点で考えてはいけません。


まずはステップを踏んで、

行けそうだなと実感できたら受験してみようかぐらいに

講師も指南していかなければならないと思います。

私もよく生徒を鼓舞するために「早稲田には頑張れば行けるでしょ」と

言いますが、そこには但し書きがあって、

(ただし、死ぬほどお勉強したら)という潜在している条件節を

言葉に含めています。

最初はまず身の丈に合った目標を見据えてください。

偏差値30後半でしたら、まずは日大ぐらい、

それを半年で日大に合格できるほどのレベルに到達したら、

今度はMARCHのどこか……といった具合で徐々に目標を上げるべきだと思います。

有名な登山家でさえもいきなりエベレストを登らないのと同じことです。


そして、浪人生が忘れがちなことですが、

浪人して万が一受験校がすべて落ちた時、不本意な学校にちゃんと行くか

という覚悟をもって臨めるのか。

私はこの覚悟が薄いために浪人を複数するのではないかと思っています。

つまり、「浪人して当たり前」な雰囲気が合格を阻んでいる場合があります。

(特に医学部受験の学生にはそれが少なからずあると思う。)

「とりあえずやってみなければわからない」と

何も準備をせずにやっても成就はしません。

それは今後仕事でも、勉強でも同じことで、

計画やある程度の青写真がない者に成功や達成は訪れません。

3月はそれを良く考える絶好の時期ですので、

今一度よく身の振り方を考えてほしいです。


私が浪人してうまくいくのではないかと思う例はこんな感じ。

その1.

現役で法政と明治に合格したが、

早稲田にあと少しで手がかかるぐらいの手ごたえがあったから

もう一度早稲田に挑戦したい。


その2.

センター試験で8割前後とったが、

名大を目指して二次対策に手が回らず結局合格できなかった。

だから、今度はもう一度名大に挑戦しつつ、

あわよくば東大とかに手がかからないかぐらいで勉強したいから

浪人してもいいのかなー?


って感じの時は、浪人してもその年よりも悪い結果になる場合は

非常に少ないと思います。

(センターの場合は水物なので何も言えない部分がありますが)


浪人をするにあたって、いろいろ考えてから浪人してほしいと思っております。

その熟慮が、後々の結果に繋がってくると思います。

そして、すでにその考えをし終えて勉強している学生や

今度受験を迎える現高2生は勉強していることを忘れないでください。

1年多くやっているから勝てるはずがないとなんて思わないでくださいね。

振り切るような勉強をしてください。


ここまでしっかり考え抜いた浪人なら、きっとうまくいくと思います。

万が一ダメでも、後悔はないでしょう。

ここまで考えても、あまりいいイメージが浮かばない場合は

こう考えてください。

「引くときは引こう、

次のステージでは負けないように今与えられた境遇の中で準備しよう。」


それはそれでうまくいくと思います。だって、チャンスは残ってますもん。

と、ずらずら書きましたが、とにかく、

私は全員を救うことができるほど大そうな力を持っているわけではないので、

とにかく自分が持った生徒さんがうまくいくこと、

そして、私とかかわった人が幸せになることしか願っていません。

自分の決めた道を突き進んでください!
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply