FC2ブログ

「浪人」

各地で高校の卒業式が行われ、国立の前期の結果もそろそろ発表されますね。

さて、3月は受験生にとって、とても微妙な時期です。

合格した人はいいのですが、

そうでない人は3月入試で蹴りをつけるか、後期にすべてを賭けるか、早速浪人の準備をするか、

とにかく微妙だが大きな選択をしなければなりません。


3月入試で滑り込む人。

有名大学は2月でほとんど受験が終わりますので、

正直言うと、3月入試にはどこかやけくそな受験生が多く見受けられるように思います。

しかし、これも人生。ありだと思います。(個人的には浪人する方がいいと思うけど…)


後期に賭ける人。いい心がけです。

満遍なく勉強した人のための最後のチャンスです。

本当に国立後期は何が起こるかわかりません。

数学ⅢCや理科科目がおろそかであった私が、センターで高得点をとってしまったために、

医学部に滑り込むことができたので、決して希望を捨ててはいけません。

倍率が30倍を超えていたら、祈りましょう。(笑)(←笑ってはいけないかもしれない)


そして、浪人の準備をする人。

あえていい意味で「潔い」ととりたいと思います。

個人的に「浪人」は社会的地位がないので、私はこれを人々におススメしたくはありません。

ある程度の所に滑り込めるものなら、滑り込んだ方がよいです。

(医学部や獣医のような特殊な学部はそこでしか知識を習得できないので、

残念ですがダメなときは浪人しましょう…。)

滑り込んだ人間の中には大学に入って遊ぶ人もたくさんいますが、

そこで何かを見つけるように生徒が指南され、

大学入学前にある程度の志を掲げていれば、

時間のロスが回避できるので、滑り込んで大学に入るほうが得策のような気もします。

それに、もし滑り込んで入った大学が気に入らなかったら、

仮面浪人をすればよいのです。

お金や環境などどうにでもなります。

お金は入った時に奨学金を借りたり、環境は自分が意識して自粛すれば問題ありません。

必要なのは、勉強しようと思う意志と、ハードな勉強をこなすための健康な体です。


浪人する人は、覚悟を持ってほしいです。

よく、「4月からでよい」という甘い戯言をいう浪人生がいますが、

そんな人はもうすでに戦線離脱を宣言し、勝負に負けています。

1年目で東大や京大や国立医学部に本気で入ろうと思って打ちひしがれた人は、

きっとこんなことを思っているのではないでしょうか。

「今年はここまでいったから、来年は~まで到達しなければならない。

よーし、勉強しなければならない。明日から365日、頑張るぞー」

この前向きさと勝利への執念が、大きな成功をもたらすのだと思います。

私が知っている生徒の中には、

「今年はダメだったから、また4月から始めて、3月は英気を養おう。」

と言っている生徒がいます(かつてもいた)。

しかし、そのようなことをいう浪人生は、

あまり成功した例を聞きません。

確かに、英気を養うのは結構です。

しかし、浪人生を含む受験生にとって「英気を養う」という意味は、

「来年の成功のために死ぬほど勉強する」ということなのではないでしょうか。

甘えを持った生徒の生活は杜撰なもので、

完全な夜型人間になり、

起床がお天道様が一番高い時というのが普通になってくるようです。

それが「英気を養う」ことになるのでしょうか。

むしろ、英気を「損ねている」でしょう。

そんな人には、有名大学や命に関わる医学部や薬学部にいってほしくありません。

勉強することをなめています。

ここまでで、「浪人」には2種類存在するのがわかったと思います。

しかし、真の意味では一種類の定義しか当てはまりません。

「英気を養っている」ふりをした浪人生は、

その名を名乗った「ニート」に他なりません。

「今、甘えているな」と思った受験生、

今ならまだ間に合います。3月もまだ始めです。

3月にスタートダッシュができなければ、

大して高3生の実力と変わらない人が、浪人の半数はいると思います。

「1年多くやっているから、楽勝だ」と思っている浪人生は、

1度痛い目をみてみることをあえておススメします。もう一度落ちてください。

私の見ている生徒さんにそんな余裕をもった人は一人もいません。

もし万が一いれば、私が一喝して、

今何を得なければならないかを諭さなければなりません。

少なくとも、私の生徒やこのブログを読んでくれた人は、

救ってあげられたらと思います。

そして、それを他人に言うことで、私の気持ちも引き締まり、

また勉強をしようと思えるのです。

このように人は人を支え、支えられて生きているのです。

残念ながら今年浪人してしまう人は、「浪人」の意味を良く考えて、

この1年を戦ってもらいたいと思います。


よかったら、ココをクリックしてください。いつもありがとうございます。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply