FC2ブログ

受験校の決め方(基礎だけですよ)

さて、今日河合塾のセンタープレテストが返ってきましたが、

みなさんいかがだったでしょうか。英語の平均点が高かったですね。

英語を得点源にしていた人は、トータルの偏差値は落ちてしまったかもしれませんが、

こういう平均点が高い時は、スコアで自分の出来を判断して、

一喜一憂しないようにしましょう。


センタープレの結果を基に、

国立の受験校やセンター利用の受験校を決めているかと思います。

わが軍も先週から受験校を最終決定させて、

的を絞った勉強に移行していきたいと思っています。

というわけで、今週は新規の生徒さんの面接と同時に、

受験校決定面談ラッシュです。


受験校を決める上で、私の中で次のように決めています。


1、滑り止めは一応2つ

受験は何が起こるかわからないので、

必ず2校は受験するように極力お願いしています。

そのうち、1校は1年間のトータル平均からワンランク下の学校を、

もう1校はツーランク下の学校を勧めています。

中には後者は絶対に行かないといって、受けない人もいますが、

一応このように提案しています。

今はセンター利用がうまく使えるので、

とりあえずセンターで確保というのも主流にしています。



2、実力相応校を2~3校

これは1年のトータル平均より2~3上の学校を受験させます。

受験数は体力のある生徒でしたら3校、体力に自信がない人は2校ぐらいで

勧めています。

しかし、ここは極力合格してほしいので、提案校は5~7校ほど提示します。

その中で、生徒が自分の条件に合った学校をチョイスして、

そこに決定します。(大抵ずいぶん前に決めていた学校を選びます)

私は現役の時、このレベルをほとんど受けませんでした。

正直ちょっと後悔しているので、

わが軍の生徒には私のようになってもらいたくないので、じっくり悩んでもらいます。



3、挑戦校は2校!!

そして、挑戦校の受験です。これも人によりますが、

あまり的は大きくせずに、絞って受験させます。

ただ早稲田の上位に肉薄している場合は、4校ほど受けてもらいます。

早稲田や明治や法政などの場合、受験すればするだけ受かる確率が上がるので

特定の大学にしか行きたくないという場合は、

実力相応校を減らして、挑戦校に命を懸ける感じで切り替えることもあります。

ただし、実力が肉薄していると思った場合と、学部が似ている場合のみですが…。



というように、基本セオリーがありまして、そのセオリーに沿いながら

生徒の都合、親御さんの都合を加味して受験校を決定しています。


本来、こういった作業は生徒本人がやらなければならないのですが、

最近は自発的な生徒が少なくなってきているように思います。

もっと自分のことなんだからと自覚を持ってもらいですが、

それを待っていると、直前に悩んで混乱することがあるので

私から提示するようになってしまいました。(良くないことですよね…)


国立大の決定は、

やはりセンターがものをいうので「ここ!」って決めるのは難しいですが、

やはり実力周辺の大学は見ておくべきだと思います。

例えば、

上下5%で言ってもいいかなという大学を3つほど見ておくべきだと思います。


まあ当たり前なことを書いてしまいましたが、

受験校で困っている人々が少しでも楽になればと思います。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply