FC2ブログ

何度も何度も思うことでも

この時期になると、多くの生徒がやはり焦りが出てきます。

「どうしてできないの?」、

「かなりちゃんとやっているのに結果に結びつかない。」、

英語と国語は特にその話がよく出ます。

国語と英語の場合、本番で何が出るかが読めない以上(形式とかは読めますが。)、

かなり多めに実践をこなさなければならないし、

何度も言いますがすぐに結果が出にくい科目です。

成績の伸び方はあくまでも階段式で、ロケットのように垂直に伸びるためには

相当量を短期集中でこなすこと、

そして何よりも英単語を膨大に覚えなければならない以上、

高校生にはなかなか厳しい条件かもしれません。

私としては、他の科目も同じぐらいやらなければならない状況で

偏差値30も上げるのはもはや神話に近いと思っています。

それぐらい大変なものだということを、

現在受験生として英語を学習している人には

今一度知ってもらいたいです。

もう一度言います。夏までにボキャブラリーを増やす、

構文を覚え抜いて、練習もこなしまくってなければ、そう簡単に結果は出ません。

そして、やり抜いただけでなくて、空で言えるほどの定着力でなければ、

結果はすぐには出ません。


問題集をやり抜いたことに満足するよりも、

自分の記憶に残っていたことに満足してください。

結果が出なくても諦めない、

ダメでも文句を言わず石にしがみついても結果を出してやろうと

不安を掻き消してでも前に進もうとする学生は

最後の最後で勝つんだと思います。

人生修行としてもこの期間を生き抜いてください。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply