FC2ブログ

説明会にむやみに行くぐらいなら、勉強した方が良い!

昨日、生徒のためにと思い、

正誤問題のテキストをアマゾンで注文していたのですが、

面白いですね。

本一冊の総重量までちゃんと書いてあるんですよね。

その本は376gでした(笑)

そんな情報いるのかね(笑)って思うのですが、

宅配便屋さんや郵便局員からしたら重要なんですよね。

まあ今や何でもかんでも情報情報の社会ですね。

何でもあからさまにできる威力がある社会ですよね。


そんな社会はもはや当たり前なこととして浸透しています。

受験の世界でも、入試説明会や学校のオープンキャンパス等で

情報を与えなければならないイベントがあります。

そのイベントに参加したりして、

受験生やその親御さんは有益な情報が手に入るかどうか、吟味しているわけですね。

しかし、今やもう情報が有り余るほど浸透しているので、

定員や倍率や試験科目を羅列しているだけでは消費者も目が輝きません。

受験の親御さんはどうすれば子供を合格できるか、

どのように勉強すれば合格できるかという最短で

且つその子供さんに合った条件の情報を全力で探しに来ます。

だから、

塾や予備校で大学側の教務や偉い人を連れてきて、

たくさん人を集めるようなイベントは

ダメです。

説明会でしたら、どういった傾向で、どのくらいのボーダーで、

その程度の勉強を行い、塾や予備校ではその対策ができるシステムがある

ぐらいの情報と実行力がある情報が手に入るぐらいではなければ、

行く意味がないでしょう。

もちろん、それを行っていても中身が中途半端で抽象的になっているものでしたら、

結局その情報はあまり使えませんが……。

しっかりした入試情報を手に入れるためには、

事前に最低限のことを調べて(倍率や科目やどういう理念でやっているか)、

その説明会で裏情報を手に入れる

(実はこれぐらいのボーダーだというのは関係者に言えば聴けることもあります。)

ぐらいの準備はするべきですね。

「行っただけ無駄だった」とか「パンフレット」しかもらえなかったというような

説明会も少なくありません。また、話をする場があっても、

月並みなことやパンフレットに載っている話しかしてもらえなかったというのも

少なくありません。

よく吟味して、情報がもらえそうな説明会やオープンキャンパスに参加して、

特に今の高校2年生は準備をしてください!

目的が不十分のまま説明会に行くのであれば、

おうちでしっかり英単語や数学の計算練習を極めていた方がましです。

頑張っていきましょう!
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply