FC2ブログ

やはり可視的な解法が問題に…

こんな質問がありました。次の英語を考えながら話を聞いてください。

Never ( ) to Okinawa, I didn't know Ryukyu language there.

1. had been 2.have been 3.having been 4.have I been

「先生、Never~と否定語が文頭で使われたら倒置が起こるんですよね?

じゃあこの正解は4じゃないのですか?」

いやいや、答えは3ですよ。だって( )を含む英文の後ろに主文があり、

接続詞がないと文と文はつながることができませんもんね。

だから、この正解のカギは

「どのようにして文を繋げないといけないのでしょうか」ってことですよね。

この正解のカギの正体は「分詞構文」というわけで3が正解。


まあここではかなり大雑把に説明しましたが、お分かりいただけたでしょうか。

さて、今回はこの分詞構文ができないですよねという話ではありません。


分詞構文がわかる・わからないではなくて、

今回の問題の焦点は、

どうして「Neverをみたら倒置」と連想するのかということです。

つまり、ある単語だけ見て、その用法というように何でもかんでも

覚えたものをぶち当てるだけしかしないのか

ということです。

今年の学生はただ覚えているだけの人が多く、

正直非常に困っております。

ただ単語や熟語を覚えているだけで、

単元の内容も「この単語や形が出たらこの正解だ」というように

惰性的に問題をといて経験的に覚えた感じになっている学生が多いですね。

そんなわけで、もちろん応用が一切効きません。


このように、ものを可視的にしかみれない学習はよくありません。

テキストを一通り終えて、知識事項を覚えたと思った後に

自分なりにテストをしてください。そしてテストしたら終わりにせずに

貪欲にもっと難易度の高い問題をやってください。

可視的に知識を見ながら問題を解いていないかどうかを確認するためには、

複数の単元が詰まった難しい問題をこなしていくこと、

そして、記述的な問題をこなして、

自発的に知識をアウトプットするしかありません。

本来は英作文が一番いいのですが、

英作文は初心者の場合自分でできないので、やはり穴埋め的なものや

英文整序問題をこなすのがいいでしょう。


どうか何事にも可視的にとらえず、もっと幅を持った解釈をしてください。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply