FC2ブログ

志は高く、思いはストレートに。

4月に新しい人と出会い、仲を深めていく過程へ移ろうとしています。

まあこういう出会いというのはうれしい限りです。

仕事を一緒にする人、勉強をする仲間、飲みに行く友達、

恋愛対象になりそうな人々……。まあさまざまな出会いがありますよ。

最近、私の間でも恋愛関係でひと悶着があったわけですが、

私は相手の気持ちに「気づかなかった」ことで相手の怒りを買ってしまったようで、

いやーなムードを作ってしまいました。

しかし、まあ私は気づかせてくれないのも良くないと思うわけで、

個人的にはこういう事態はしょうがないときっぱり割り切りました。

(私には最愛なる彼女がいるのに。そのことを知っていて相手が私に文句をいうのは、

私に対する八つ当たりにしか思えない(笑))

まあ4月はすべてが新しいのでいろいろ起こりますよね。


もちろん今年も新しい生徒さんとたくさん出会うわけですが、

実はこの問題の主旨が、生徒の目標設定においても一言いうことができると思っています。

最近新しい生徒さんやそのお母様とよくお話をするのですが、

いかんせん、「納得いかない」というか、「なんでそんなこというんですか」っていう

フレーズを耳にします。

それは「いやー、うちの子(自分)はできませんから」っていう発言。

んー個人的にこう言うのであれば、

医学部なり、早稲田・慶応といった高い目標を持つ必要はないと思っています。

自分の実力よりも高いと思われる学校へ行くのであれば、

こういった弱気と映る発言は控えるべきです。

目標校という相手に「自分は優秀です」と証明しなければ、合格通知はこないのですから。

自分が好きなんだと言わなければ、相手は振り向きません。

それは目標校への自分の愛を伝えることと同じで、あやふやなアピールでは何も届きません。

だから、日々その学校に行くために努力をするんです。

特に受験は人間関係と違いますから、

自分が引いて、相手が寄ってくることはありません。

「僕はすごくないんです」と言って、

「いやー君は優秀だよ。大丈夫」と言ってくれる試験官がいたら、それは問題です。

普通は「そうですか」と話が終わってしまいます。

何でも最後にはストレートに伝えなければ、志望校(相手)には伝わりません。

だから、せめて自分の心持だけは強気でいてください。

そうでなければ、私はどんなに優秀であっても自身を結局過小評価し、

潜在している実力を発揮できずに、人生が終わると思っています。

前にも言いましたが、過小評価なんてしないでください。

頑張れば、それなりに結果がついてきます。それまでまず頑張ってみましょう!

「できないですから」と言われてしまうと、悲しいです。

みなさん、僕なんかより実力がある人ばかりですから(笑)(→結構本当に思っている。)



今回は私の恋愛観(?)と相まった内容となってしまいましたが、あしからず。

本当にそう思っています。

ストレートに気持ち(実力)を伝えること大切さを知ってください。

そして、そのために必要な心を手に入れてください。
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply