FC2ブログ

パートナーは選ばなければならない

何事のパートナー選びは大事だとみなさん考えると思います。

私もその一人です。

付き合う人間で、人生も変わります。

そりゃそうですよ、だって人間はみんな話すコンテンツも経験してきたものも違いますから、

話している内容によって人間の考え方も変わってきます。

もちろん雑多な中で様々な話ができることも必要です。

「社交」に重点を置くのであれば、どんな場面でも面白おかしく話せる

エンターテイナー性は必要不可欠になってきます。


しかし、勉強や仕事ではどうでしょうか。

勉強や仕事のように目標がものすごくはっきりしているものを共同で達成する場合、

雑多な人間関係ではなかなか成就しないでしょう。

だから、大学や高校にはランクがあり、

勉強しようと思う同士を極力容易に見つけられるようにする手段を

国はとっているわけですね。


仕事のパートナーもそうです。できない人と仕事をすると得るものもあるのですが、

やろうという意志がなかったり、口だけの人間と仕事をするのは

もう最悪です。

こういう人間が多くみられます。

「俺、数年以内に~するからみてろよ。」

「今年、私は~大学にいくから。ありえない結果を出してみせるから。」

こうやって安易に口に出す大半の人間はおそらくやろうともしないか、

自分を過大評価しすぎているか、

後で目標を下げて自分をどこかで納得させるような人間です。

言うのは構いません。でも、言ったなりにある程度結果もみせていかなければ

人にいう資格もありません。たとえいろいろな事情があるにしても。

こういう人と仕事をしようとしても、うまくいくはずがありません。

学生の間でもそうです。

例えば、学生の間で一人おちゃらけて勉強する気がないやつが、

英単語のクイズをしているグループの中にいたとしたら、

みんなおちゃらけて結局雑談になってしまうわけです。

それだったら自分で勉強した方が効率がいいじゃないかと思ってきてしまいます。

なので、勉強や仕事をする人だけは必ず選んでください。

幻想のレベルでいいです。

自分にとって、幸をもたらしてくれる人間かそうでないか。

自分と志が一緒で、共にがんばって切磋琢磨できる関係を将来つくれるだろうか。

そういうことを考えて、勉強の仲間を作ってほしいです。



先生や生徒の関係もそうです。

よく英語ができない人々に多いですが、こういいます。

「高校の先生が難しいことばかりやって、ついていけない私たちを見捨てた。」

「高校の先生たちは僕らに教えてくれなかった。高3の時に中3のことをやっていた」

というように、あたかも自分はわるくないように、正当化しようとする。

これは自己防衛反応として解釈しますが、そればかりしている人間は成就しません。

「自分ができなかっただけだ」と解釈しきれない人は、何度も繰り返し失敗するでしょう。

そういった先生にもし当たってしまったのならば、

学校の先生は変えられないので、

塾や家庭教師の先生にお願いする手段はあるように思います。

またお金に窮する人でも、

学校にいる他の英語の先生と仲良くする方法だってあります。

要は、自分で勉強できる環境をつくるということで、

先ほど言ったような状況はある程度打開できるわけです。

私の高校の先生なんて、

国立大学に現役で入ると宣言しただけでけらけら笑っていましたから、

私は入学1か月目から先生の言うことは無視していました。

「奴らのいうことは間違っていて、そうでない人が僕を助けてくれる人だ」

と言い聞かせ、その人に出会う日までひたすら一人で勉強していました。


常に勉強しようと心掛けていると、そういう先生とどこかで巡りあえます。

貪欲にパートナーを探してください。

私もパートナーとして選んでくれた人のために頑張らなければならないと

日々思います。

そして、そういった良い意味での緊張関係は師弟関係では必要ですよね。


cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply