FC2ブログ

人は良くブログを読んでいる

私がこのブログを初めて早2年。

よく考えてみると、結構な数の記事を書いてきましたが、

私が思い入れがあるなと思う記事は、あまりありません。

しかし、現代における文章の公共性には恐ろしさというか、

内秘めている力がありますよね。

自分が記事の文章を書き終えた瞬間に、自分の下から離れて、

他人との共有物に一変するということで、

自分がいいと思わなくて、相手にはいい!って思われることも少なくともあるわけで、

ブログのように誰でも読める場合、

ある程度読者を見据えて記事を書かなければなりません。

(クリスティバがいう間テクスト性ってやつです。)


実はこのブログがこのように続いているのは、

ある2年前の一つのお問い合わせのおかげです。

はっきりいいます。私は2年前にはブログを閉鎖する気満々でした。

というのは、私が勝手に「どうせ大手行くよな。だって、全教科先生が揃うもんな(笑)」

自分が生徒でもそうするとまで思っていました(笑)

でも、ひょんなときに入ってきたある1通のメールが運命を変えます。

その問い合わせとは、

「今年3浪で、1月の追い込みをお願いしたい。どうしても医学部に合格したい!」

という親御さんからの連絡で、

実際に会ってから考えてみようと思い、生徒さんに会ってみると、

ものすごく勉強熱心にやっている生徒さんで、

1か月しかありませんでしたが、なんとかしてみせようじゃないか!

という気持ちになれたわけです。

結果は私の力が及ばず、ダメでしたが

その時に思ったことは、こんな見ず知らずの私に

助けを求めてくれる生徒がいるんだ…というか、

予備校の先生たちはいったい何をやっているんだ…塾行かせ損じゃないか!

と思って、私は自分で生徒を集めようと思い、このブログを再開しようと思ったわけです。

また、その生徒の他に私のブログを読んで真面目に勉強している人が

ひそかにいたことで、私のたわごとが社会のためになっている、

誰かのためになっていることを知り、

このブログの記事をもう少しまともに書こうと思うようになりました。


そしてこれは結果論ですが、

先の生徒について、そのあとも私なりにフォローするべきだと思い、河合の過去問や

テストのサンプルを解いてもらったりして、彼女の実力につながり、

且つ一瞬でもいいから勉強で疲れた精神を弛緩させるために

モチベーションをあげる話をして、次の日に臨んでくれたらいいなという気持ちで

自分のできることをしてみました。

それが彼女の支えに少しでもなったという内容のメールを本人からもらったときは、

本当に泣けました。ありがたいと思うしかありません。


こんな出会いがあってから、去年は100件を超える問い合わせをいただき、

多くの人と関われても、時間が合わない、要求にそぐえないといったこともあり、

何分体が一つしかないもので、

お問い合わせをした人全員をお引き受けすることができなかったのですが、

おもっている以上に読者が多いことを気付かされました。

そして、読者層がマダムという言葉に会う生徒のお母様や

教育関係の人も少なからず読んでいるようで、下手なことをかけません(笑)

良く読んでる。(もっと読んだ方がいい記事がありますよ(笑))

でも、思ったことをギリギリのラインで書こうとは思っています。

爽快感を与えられるようなものをもう少し練って書けたらいいなと思います。


でも、あまりここで依頼された記事よりも名文を書くといろんな人に怒られるので、

今のような思ったときに思索レベルでものを書こうと思います。

もう少しお付き合いいただければと思います。


そして、受験関連で悩み等ありましたら、お話ぐらいはお聞きできればと思います。

サポート役としても活躍できたらと思う次第です。

アンカー・高橋になりたくて。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply