FC2ブログ

想像力の必要性

先ほど静岡県でまた中学教師がわいせつな行為をしたという報道を耳にしました。

同じような立場なので、私もそうやって見られてしまう可能性があるので、

こういう行為について聞くと、私は非常に不愉快です。

そういう行為は、奥さんとかお金を払ってすればいいのにと思ってしまうわけですが、

それ以上に、私はこういう人々に対して、「文学が足りないなー」って言いたくなります。

まあ想像力に欠くということです。

普通(ではないかもしれませんが)、

人間って想像して欲求が満たされるはずなんですね。

わいせつが悪いことだとわかっていれば、その妄想で思いとどめて、

明日また頑張ろうって思うはずなんです。

映像をみたり、実感したりというのは、実はめちゃくちゃ科学的で、

それを女性の体を触るべく実践してみようなんて、野暮の極み。

それが教師と言うのが、もう人間としての末期を迎えているとしか思えません。


男性がセックスが好きだとか、女が好きなのは構わないのですが、

人が嫌がることはやめてほしいですね。

もっとそこも想像を働かしてどうなるかぐらいの予測をつけてほしいものですね。

と、説教でも垂れたくなるのですが、私は青二才なのでこの辺で。


さて、なんでこんな話題から話を切り出したかと言うと、

勉強をする連中はこのような想像性がたけているんですねということを言いたいんです。

テニスで自分の能力では無理だとコーチに思われていたことをしたときに

次のように言われたことがあります。

「お前の頭の中で想像できないことは、いくら練習したってできやしない。

そんな練習をするくらいなら、基礎体力をつけなさい」

その通りだと思うのですが、私はそのプレーをするべく基礎体力作りと

そのプレーのための練習法を考えてずっと試していました。

その成果は、試合で1回だけ決まり、圧倒することができましたが、

何をするにも、まず想像力が豊かであろうとしてほしいのです。

とりあえず、勉強してみようというのはわかるのですが、

それは「女性の体を触ったことがないから、とりあえず痴漢してみよう」

と思い立って実演するようなものです(笑)

何事も空想の領域でもいいですから、

「まずはこうではないかな」って疑問と希望を含めた思索をもって、

勉強を始めてほしいです。

そして、その思索をベースに先生や勉強ができる人から、

「いやー、それは非効率だから、違うやり方がいいよ」とかと指摘をいただき、

自分のスタイルを創り上げていくわけですね。


よく英語の学習について「何から始めればいいかわからない」という質問が来ますが、

英文をみてわからないのだから、

「単語を覚えてみよう」とか、「構文をやらなければならないかな」という

想像は短絡的とはいえできるはずです。

それぐらいの努力はしてください。

その意見から自分はどうするべきかを講師たちと考えると、

道も結構はやく見えてきます。


思索は人を豊かにします。そして、できる人間へかえていくわけです。

よかったら、ココをクリックしていただけるとありがたいです。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply