FC2ブログ

次のことには時間をかけよう。

さて明日から新学期が始まる学校もあるようですが、

みなさん春休みを有効に使えたでしょうか。

我が軍の一部の人々は予定通りの進み具合で、

基礎的な単語帳も来月には1冊終わりそうです。

模試も近づいているので、高得点につながるといいなと思っております。


しかし、その一方で、ものすごく基礎を欠落している生徒も少なくありません。

今年のわが軍は、

去年とは一変して、基礎を重視する授業が多くなることを予測しています。

最近、次のような英語力の生徒さんをよく見ます。

「文法はわからないんだけど、長文はなんとなくわかり、問題も当たる。」

んー、この状況は非常に危険です。

厄介なのは、長文がなんとなく読めて設問の答えが当たってしまい、

自分ができた気でいて、そのまま生活してきてしまったことです。

順序が逆なんですよね。

ドラゴンボールで言えば、悟天が超サイヤ人になれるのに、

舞空術が使えないといった状況と同じでしょう(笑)


文法的な知識を知らずに読むことはできます。

単語の知識で意味を解釈できることはよくあるものですが、

それはどんな問題も解けたり、

どんな内容の英語も同じようにやれば読めることと一致しません。

難しい問題を解いたり、難しい英文を読んだりするためには単語の知識も必要ですが、

それを正確に理解する文法力も不可欠です。

というか、本来は英文をみて、単語を調べて、解答訳をみて、

「どうしてそんな訳になるのかな?」と疑いを持ったうえで

文法書を片手に調べるものなんですが、

そういったことを今までしてこなかった生徒さんは非常に多く見受けられます。

まあこういった作業はものすごく時間がかかるから、省いてしまうのでしょうね。

でも、英文をたまたま訳せたからOKみたいな安易な実力に満足していては、

いつまでたってもできるようになりません。

だから、私は生徒の自己評価がいつも高い場合、基本信用しません。

大半の生徒が言う「できた」、「わかった」のレベルは、

「一度は見ました」、「一度は読み終えました」のレベルに相違ありません。

実際に英文を書かせる小テストにすればわかります。

まあ、大半はうろ覚えで書けません。

英文が書ける人は、英文の最低限の構造がわかっており、

稚拙な文であったとして、土台が崩れる英文を書くことをまずしません。

そして、書ける人はそこまで到達するためにしっかり復習をして理解に努めます。

私は生徒に対してそういった学習意欲をむき出しにしてほしいと思っています。

そういった探求心は、勉強する上で最も必要な能力で、

それがなければ勉強しても面白くありません。

探求する実力をつけてください。

英文を読んで、訳を見比べて、解答訳と同じになるためにはどうすればいいのか

という作業をおろそかにせず、時間をかけてください。

それをしていると、「自分は文法ができないから、文法をやり直そう」

という気持ちになり、片っ端から文法問題をこなすでしょう。


そうなりきれなければ、英語は……んー、そのときは

英語を得意科目にするのはやめて、他の科目を頑張りましょうか(笑)

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply