FC2ブログ

【20169年3月改訂】指導料金・体験授業・テストについて

【料金】

90分×4回授業=42000円 (7000円/h)
120分×4回授業=56000円 (7000円/h)
(1:2でも同じ値段ですが、授業のクオリティは下げません)
(3~5名同時指導の場合は 6000円/h)

※名古屋市外は交通費1ヶ月2000円or実費(ものすごく遠いとです))
  でお願いしております。ご了承ください。
※テキスト代等はありません。すべてこの授業料から捻出したテキストをお渡しします。
  ただ市販の自習用テキストは1冊~2冊購入をお願いすると思います。ご了承ください。

【注意】
名古屋に来てからの実績、
過去10年ほどの医学部の推薦入試や英語の成績の向上具合をみていると
このぐらいにしてもいいかなと自負しております。
情報もそれなりに持っています。勉強法の手順等もそれなりに整理してあります。
入会金や相談料は基本いただきません。

最後にもう一言。
やる気がある学生がそこにいれば
何が何でも成績は必ず上げます。



◎180分以上を希望の方は応相談です。
◎春期講習、夏期講習、冬期講習、正月特訓、追い込み等は応相談です。


【体験授業】
忙殺しているために現在体験授業はしておりません……。

しかし、無料で差し上げるオリジナルテキストとプリント類をみれば、

実力をわかってくれると思います。

どちらにしても、生徒さんや親御さんがどういったことを希望しているのか、

今後どうやって進めていくか等をお話します。

その時点で納得いただけた場合にのみ、ご希望であれば授業やカウンセリングをします。


重要【受講基準・指導範囲に関して】

【指導地域】
名古屋市内30分以内が基本的な行動範囲です。
今のスケジュールではいっぱいいっぱいです。すみません。
たまに四日市ぐらいまで出講しますが、色々条件がございます。
現在は桜通線で10分ぐらいのところで自宅を開放して指導しています。
来ていただけるのでしたら、問題ありません。

複数名の指導ができるのであれば、遠方でも出講いたします。
過去に伊勢と岡山と京都まで、1クラス5~6名で授業を組んで指導したことがあります。


【受講基準について】(厳格化します。)
最近、受講基準を読まずにご依頼してこられる方が多すぎる。
ご依頼をいただけるのは本当にありがたいことなのですが、
例えば、全教科偏差値35以下から現役で国立医学部しか考えていないとか
親御様の言いなりのように勉強させて医学部受験・東大京大受験で完勝とか
無理難題を言われても対応しかねます。
自身の目標を高く設定するのは結構。
そうするのであれば、それなりに従ってもらいますし、それなりの努力値を求めます。
「なんとなく…」でやられると、正直結果は出ませんし、
値段設定も普通のご家庭では高額だと思っておりますので、
「なんでこんなに払っているのに…」って後悔の念が強くなるでしょう。
そんな風に思う方、依頼前に立ち止まってください!きっと話が合いません。

でも、「それでも」っていう熱意が先行しましたら、喜んでご相談の際に熱意を聞きます!



私の指導について少し挙げておきます。

・英語のスコアがビリに近い学生も優等生と呼ばれる学生に変貌させてきました。
・1年ちゃんと勉強をしてくれましたら、9割の確率で英語力0から最低英検3級は取らせます。
・偏差値75以上対応の授業もしております。(鉄緑・医進館の対応など)
・早稲田対策は結構自信あります。
愛知医科・藤田保健衛生大学対策の質と量で私を上回る指導者は多分いません。
・医学部受験の英語と勉強法にはかなり精通しております。
・中学生の底上げは結構上手だと自負しています。

「人生を変えたい人」、是非来てください。
多分、高学歴でコンスタントに学校や塾で勉強してきた先生と辿ってきた道が違うので、
「こういう生き方があるんだ」、「こんな風に考えたら人生楽かも?」
「人生って結構面白おかしくやっていけるんだな」って思うことも
実は少なくないと思っております。生きる力を得たい人はぜひ私のところへ話に来てください。


また、「実績があるからこいつに指導してもらえば大丈夫!」と思う親御さん、
やはり一度ご依頼を立ち止まってください。
私以上に学生が頑張った結果がこうなっていると信じております。
実績をみてここにたどり着いてくれたのは非常にうれしいのですが、
合格を追求する以上、学生にやる気と信念を問います。


「思考がひどくネガティブな人」と「適当な人」は私と絶対に合いません。
もっと口当たりも優しくて素敵な先生ってたくさんいます。
私はそんな人間ではありません。私はフレンドリーに話をしますが、多分偏屈者です。


私は連絡等が多いので授業中にメールはそれなりに打ちます(もちろん学生の演習中)し、
緊急の場合電話には出ます。(Twitterからも連絡があります)
最低限慎むようにしますが、日々あまりにも連絡事が多いのでご了承いただきたい。
これを節操がない・礼儀的に…と思う方は難しいと思います…。(これは文化の違いだと私は考えています。)

人生の不器用さがこのブログが物語っているのがわかってほしいですw
しかし、不器用ながらも人の気持ちを察することについては鋭い方です。
人生を変えたいって強く願っているがなかなかうまくいかない人、
私が全力でお手伝いいたします。
不器用ですが、英語の実力をあげることには多分長けています。


基準は私が作成したテストor外部模試のスコア等を設けております。
あくまでも目安です。テストで基準点を越えている場合は次の通りです。
(偏差値の数値は河合塾の全統記述模試を目安にしています。)


【医学部受験】
国立:全教科偏差値65以上、もしくはセンター本番で730点orそれ相応のスコアを持っている学生
私立:英語・理科2科目・数学4科目の偏差値がトータル55以上の学生
もしくは英語が苦手で基準を越えていないが、他科目3科目が偏差値60以上である
もしくは英語が突き抜けているが、1科目揃っていない等この辺は大目に見ます。
   

【高3~卒生】
河合等の模試でトータル(5科)で偏差値53以上、文系科目・理系科目(3科)で55以上、
英語の偏差値のみで55ある生徒さんは無条件で指導をお受けしています。


【高2~高1】
河合等の模試でトータル(5科)で偏差値50以上、文系科目・理系科目(3科)で50以上、
英語の偏差値のみで53ある生徒さんは無条件で指導をお受けしています。


【中学生】(ここを厳格化します)
・反復作業ができる人。覚える努力ができる人。
・中学生の時点でそれなりの目標を掲げている学生。
(ex: 公立中で学年トップを狙う!、医学部受験まで6年間頑張る!、英語を極める!など)
あまりにもできなかったときはご相談させてもらって、回数を増やします。


※中学生の場合、やる気が問題になるので、
 素行が悪かったり、勉強する意志が見られない場合は基本的に受け付けませんし、
 途中で受講中止もありますのでご注意ください。
また、お母様の中にごり押しする方がいますが今回色々あったので、
今後は生徒が本気でやる気があるかどうかを訊きます。

【小学生】
・英検対策+小6からの中学英語指導のみ受け付けます。

【社会人等】
現在受け付けておりません。
資格試験専門の予備校等にいって、短期集中でやった方が安上がりだし、
成績上がります。今の私では受験対策のみでいっぱいいっぱいです。


なお、相談してどうしても指導を受けたいという場合は、
いくつかの条件(例えば、指導回数を増やすなど)を課してお受けすることがあります。


【基準を設ける理由】
基準を設ける理由は、
生徒さんの志望と私の指導能力の齟齬を極力少なくするためです。
あくまでも私の指導スタンスは、
「自分で勉強をするようになる」+「勉強を進んで取り組む」ということなので、
生徒との会話を無視して親御さんの独断で決めたという契約に関しては、
こちらから容赦なくお断りしています。
それは互いに利益がなく、特に生徒さんに利益がないためです。
勉強での成就や学問の楽しみを享受する上で、
特に高校生への強制・無理強いは無意味です。
勉強は無理してするものではなく、ある程度目標を立てたうえでするものです。
従って、この類のご契約は結ばないようにしていますので、
一度お問い合わせする前に、ご考慮いただけたら幸いです。

ただし、生徒さんが何かの理由でやる気にならなくなった、
やる気はあるが生徒から言いだせなくて
息子さん・娘さんには内緒でこっそりお問い合わせをしたという方、大歓迎です。

ひねくれ者で恐縮ですが、今までの経験上、これぐらい話をしておかないと
お金でものを言う方もたくさんいますので言わせてもらいました。
お金である程度の教育状況は保証できます。
でも、真の学力はお金を積んでも買えません。
私は大学受験のときは英語の授業を週1でしか受けていません。
英語以外はすべて自力で勉強しました。
ストックホルム大学へ行った時も、名大に入学するまでに
一銭も予備校等に投資していません。仲が良い教授に助言をいただき、
問題集を中古で購入したり(1000円ぐらい投資したかなw)、
図書館にある本を読みまくったりして合格を勝ち取っています。
お金がなくても本気を出してある程度継続的な勉強をしながら
受験準備すれば、旧帝の受験を乗り切れます。
(東大理3と京大医学部と慶応医学部は才能がいると思う。)
その長年の努力を数年で作り上げるのが私の仕事で、
そのためにご家庭でご負担いただいていると思いながら指導しています。


ご理解いただけたら幸いです。長くなりました。読んでくれてありがとうございます。


よかったら、クリックお願いします。

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply