FC2ブログ

受験生が1月に考えなければならないこと

最近、日本の起業家たちがこぞって

アメリカや中国を始めとした国際舞台で活躍しています。

一見、起業した人たちはみな成功しているように我々の瞳には写りますが、

おそらく失敗している人のほうが多いでしょう。なぜでしょうか。

失敗した起業家の共通点のひとつは、

日本でのやり方の延長上で海外での市場を入念に考えずに

ビジネスをしようとしていることです。

日本で売れたものが海外でも売れるとは限りません。当たり前です。

そして、もうひとつは既存のものをそのまま利用して、

使いまわしているからです。

先日、成功している起業家たちはテレビでこんなことを言っていました。


「みんなアイディアはあるんですよ。

でも、誰かがやるだろうなって待っているんですよね。」


確かに、そうですねと納得してしまいました。

新しいことを始めるのはリスクを伴いますし、

失敗したときの落胆さは非常に大きなものだと思います。

しかし、そこで

「ないんだったら、自分がやってやろーじゃねーか」

ってならなければいけないんだと成功者たちは異口同音に言っており、

私は彼らが非常にりりしく見え、将来の理想の日本人たちにみえました。


受験も一緒です。

既存の勉強のやり方を踏襲するのは決して悪いことではありませんが、

これをやり続けているとやっている当事者は

どこかで違和感が生じてくるものです。

そこで自分の今ある能力と相談して、自分にあったやり方を開拓して、

効率を上げていかなければなりません。

自分が理想としている姿は、当たり前ですが、

自分よりも離れたところにあります。

それを手にするためには、自分を変えていかなければなりません。

特に、受験期真っ只中の今、こんな力が合格する上で求められてきます。

試験直前期はどうしても時間が足りなくなります。

いつもどおりのペースで勉強していたら、思っている量の課題は終わりません。

例えば、英語に関して、

自分は文法が得意だが長文を読むのがどうしても遅くなってしまうのであれば、

文法を極力早く解けるようにして、

長文はじっくり読んで完答できるように、

文法で稼いだ時間を長文にまわそうといったことができます。

これが効率アップのためにする初歩の初歩です。

自分はどこが人よりも秀でていて、どこに問題があるのかを考えれば、

皆さんも勉強の成功者になれるます。

人にはまねできないことをしてください!!


そして、いずれは起業家としての成功、

自分の責務の全うすることにつながることだと信じています。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
cancan
Posted bycancan

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply