FC2ブログ

医学部の繰り上げ後は大変ですぞ+河合だろうと駿台だろうと、これがなければ実績にならないこともあるのですよ。

さて、今日は土曜日なので繰り上げの話はないかと思いますが、

私の指導生と知っている指導生(もう正規は持っている!)が、補欠待ちをしており、

2人ともあと10番ぐらいじゃないか??ってところにいます。

来週には繰り上がるんじゃないかなぁとは思っていますが、なかなか歯がゆい状況ですね。

でも、来週の金曜日まではまあ動くと思っていますので、そこまで期待をしながら待っております。

(しかし、部屋とかを決めなきゃだから、入学式とかはきついだろうなぁ…

私もストックホルム大学に到着した時は、到着1日目に授業のオリエンテーションがあり、

状況が全然わからず詰んだ…しかも部屋は掃除されてないし、トイレは詰まっているし、

インターネットコネクションは破壊されていたし、とにかく困った…当時WiFiないですからね!ww

ギリギリはその瞬間だけは最悪ですが、あとはいい思い出なので!)


さて、今週はいろいろな合格した学生たちとランチなり飲み会なり、地味にうろうろしていたのですが、

色々な状況が聞けました。で、名古屋での一大事件は、

駿台が大惨事、河合が名大・医学部受験で大勝!!という状況。

まあ駿台はやばかった話を聞いております。

まあ私の指導生にも駿台に通っている学生がいたのですが、

結構うるさかったり、ワーワーしていた話をしておりました。

一方河合はというと…いろんな人のTwitterを見ている限りでは結構うまくいっている風だったし、

浜松で頑張っていた学生も楽しくやっていたようだったので、いやぁ名大80%g合格というのは本当にすごかった。

こういう年もあるんだよなと。

しかし、これがじゃあ駿台が問題があるとか、

河合が優れていたと優劣をただつけるだけでいいのかというとそうではないのです。

もちろんどちらにも長年の実績があるし、ノウハウもあるし、どちらも申し分ないわけですが、

色々な学生の話を聞いて思ったのが、「雰囲気づくり」って大事だなと。

私の予備校の方も見事に合格を勝ち取った学生の集団となりましたが、

まあ私自身もですが、学生たちが意識していましたよね。

一人の学生が言っていたことは印象に残っています。

「(自分たちは多分国立クラスだからとみられるから)とりあえずちゃんとやろうと思ってたし、

ちゃんとやらないと怒る人間も周りにいたから、やらなきゃってなった!」

これは本当に良い集団で、賢い集団の条件みたいなものですよね。

そうなんですよ、優れた組織って仲良しこよしとか、じゃれあったり、慰めあったり、なあなあするのではなく、

自分がちゃんとしなくちゃって思って自分の信じたことができる場として

その所属している集団を利用しようなんですよね。

賢い人たちは嫌でも惹かれあうんです。だって、賢い人は普通の集団では満足できなければ、

つまはじきにされたり、揶揄されたりすることも可能性としてはあるわけで、

それをも当然恐れず、自分を貫く人たちが行き場としてその集団として行き着くことになるんですもん。

それが河合のベテラン勢の話を聞いていると「うまいわ」って思う節が多かったかな。

そういう貴重な話を聞けたので、来年はまた受かる集団を作るためにも、

雰囲気作りを大切にしようと思います。
cancan
Posted bycancan