FC2ブログ

仮面浪人と再受験が増えてきましたけど…

先日、後期受験で国立合格を勝ち取った学生から連絡がありました。

昨年合格したところへ入学したのですが、あきらめきれず受験をひそかに考えていたようで、

前期では残念ながら失敗したようですが、見事後期受験で合格を勝ち取ってきたと連絡をいただきました。

今年は指導していない学生からもたくさん連絡をくれて、本当にうれしい限りです。

情報がいっぱい手に入って、ありがたい限りです。来年の受験に生かします。


さて、ネット界隈でもそうですが、コロナ禍もあってから学校に行く意味がないのでは?と思って

もう一度納得のいく受験をしようかな?って思った学生も中にはいたのかなという感じで、

「仮面浪人」的なTweetを目にすることが多いです。

が、まあ仮面浪人は個人的にはお勧めしません。過去にも旧帝にいながら東大理3を目指した学生とか、

一応受かったところに所属してそこを休学して、受験勉強を死ぬほど頑張るパターンとか

私のところにもそういう学生が過去にちらほらいたのですが、

まあうまくいった学生はあまりいません。

実は私も日大の学部生の時に、早稲田の法学部に受験しているのですが、ダメでしたww

(他にいくつか受かったんですけどね…師匠に出会ってしまったのでもはやどうでもよくなってしまった)

どっちつかずになるので、「二兎追う者は一兎をも得ず」。まあ全部うまくいかないってパターンもありますからね。

でも、個人的にはやりたければやればいいんじゃないかなって思うんです。

衝動や学歴コンプレックスって大人になっても消えない人がたくさんいますもんね…。

緩くやってみて、目標を一点にしないで、「数校を考えて、この辺に受かったらどうしようかな?」ってぐらいで

納得がいけば編入すればいいんじゃないかなと。

もしくは、1校行きたいところのためだけに勉強して、ダメだったら諦める。ってぐらいでもいいのかなって。

今や学歴は、実力があって世界をまたにかけてうろうろする気なら、日本の高学歴はあまり必要ではないし、

(むしろその関わるであろう国の最高学府とか上位大学の学位が必要になるときはあるかも)

まあいつも言っていることですが、「所詮学歴なんてSuica」ですから。

というか、大学の勉強をしたり、英語の勉強をガチでやっていれば、文系のMARCHぐらいなら受かるんですよ。

片手間でも。大学で勉強する雰囲気が、特に日本はないですよね…。とりあえず飲み会、部活、バイト、そして恋愛…。

まあドラマの主演になったかのように、日常を送りたくなるのが大学生の1~2年生。

そんな中で仮面浪人するぐらいなら、ちゃんと予備校とかに行ってそこでちゃんとやった方がいいなと。


あとは、今年は再受験生の依頼がちらほらありますが、

一度大学出た後に受験するんでもいいのかなと。コロナ禍でまともな就職もできませんし、

ここ数年は就職氷河期で納得できない職種に…ってことも全然ありますしね。

だったら、よく東大生とかが1学部の学位をとった後にもう1学部の学位のために入りなおすとか、

医学部のために再受験を試みるとか、まあいろんな人生があります。

日本も30歳ぐらいまでに就職したらOKぐらいの緩さがあるといいんですけどね…。

まあ難しいですね、この世の中を生きるには。

よかったらココをクリックしてください。いつもありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
cancan
Posted bycancan