FC2ブログ

大阪医科大1次3勝+「科目をそろえる」が医学部合格の秘訣

結構狙っていましたが、大阪医科1次3勝(うち特待候補2名)

さて、一方で文系も順調。

明治大学経営学部と上智大学経済学部の合格もいただきました。

本当におめでとうございます。

しかし、正直もう少し受かるかなと思っていたのですが、さすが大阪医科、厳しいですね…。


ここにきて、受験をすればするほど実力が上がる学生もいます。

そういう風に受験はもっていかないと駄目だなと、今年は勉強させてもらいました。

合格はたくさん出ているのですが、それでも受験数を考える等を考慮しつつ、

もっと最上位校・志望校に合わせてプランをしていかなければならないですね。

(しかし、文系私立の場合、MARCH合格でも本当に大変なので、難しいところですね)


さて、こういう合格をいろいろ耳にするわけですが、

受験生の多くは全勝するということは少ないです…。

今年は医学部受験組は全勝もいるのですが、それでも最難関は難しいとか、

私立文系に関しては、本来なら受かる学校でも、「過去問をやっていなかったところに落ちる」とかはザラです。

でも、その理由の1つは「科目がそろわない」なんですよね。

つまり、その日に受けた学校で「英語と数学ができたが、理科がダメだった」とか

「日本史と国語ができても、英語が…」というように、

ある水準を越えていてもその学校によってはできないときがあるってことです。


そう、この問題は医学部においては顕著。

文系の場合は英語が飛びぬけてできるとか、3科目中2科目が安定している場合は

大火事になることはないのですが、医学部受験においては4科目安定していない場合、

かなり厳しいです。(1次が通っても2次で落とされるっていうこともあるんですよね。)

でも、科目がそろわないという問題の根源は根深いものです。

そう、それはうわべの勉強しかしていない!って場合が大半。

申し訳ないのですが、下位層私立医学部を4つぐらい受けて、それなりに実力つけていたという自負があれば、

1次1勝は多分来るものなんです……さすがに。

(それなりの実力というのは記述模試の偏差値で65ぐらいorマークだと80%を安定してとるってこと)

でも、来ないってことは、どこかテストライクに処理しすぎて、本質的にわかっていないor

解けた風にみえても根本的なことがわかっていないでたまたまできただけというパターンだったりするわけですよね。

特に英語の場合は、単語を覚えて基礎文法を詰め込んでいればどこの学校も50%を切らないんですよ…。

むしろ50%を割るのであれば受験ができない学校だと思っていい。

英語で多いのは、単語を覚えていない、文法を覚えていない、長文読解を大量にやっていない、

英作文が不十分(これは避ける道があるのでまあいいかもだが…)というところができていない人は

英語が安定せず、問題によってはスコアが大きく影響してしまうでしょうね。

数学と英語で安定しない場合はかなり厄介なので、まずはそれを改善してください。


特化して実力を創るのもいいですが、英数無双できる実力(偏差値で70~75)を創れる人はなかなかいません。

全体をよく見てそろえることも忘れないでください。

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村
にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
cancan
Posted bycancan